DAPUNP「桜」の生涯「ファビュラス」「繚乱桜」意味と使い方

こんにちは。flowerです。
2018年「U.S.A」が大ヒットしたÐA PUNP。大ヒットの後だけに、新曲がどんな感じになるのかが注目ですが、新曲の「桜」間違いなく大ヒットしそうですね。
「桜」の歌詞は、「和」という感じで、気になるというか、耳に残る、そしてよくわからない言葉がありました。
今回は、

  • DA PUNP「桜」動画で見てみる
  • 気になる言葉を検証

してみました。最後までお付き合い頂けたら幸いです。

DA PUNP新曲「桜」動画

YouTubeに動画が上がっていましたので、お借りしました。

ISSAさんの声が、本当にきれいですね。2000年の12枚目シングル「if…」に似ているともいわれていますが、確かに似ていますね。というか、ISSAさんの伸び伸びとした素敵な声が、「if…」と重なります。

また、印象的な歌詞を見ていきたいと思います。

気になる歌詞の意味と使い方について

歌詞を見ていたら気になる言葉がたくさんありました。ここでは、1つずつ検証していきたいと思います。

  • 「ファビュラス」
  • 「雪月花」
  • 「繚乱桜」
  • 焔の様
  • 「三味が奏でる和」

について書いていきます。かなり「和」な言葉が多いですね。

「ファビュラス」とは?

「ファビュラス」とは(=Fabulous)は、「ものすごい!」「非常に素晴らしい!」ということです。
「桜」のなかでは、「生涯ファビュラス」「桜ファビュラス」と使われていますので、「生涯というものは素晴らしい!」「桜は素晴らしい!ものすごい!」ということになりますね。

「DA PUNPファビュラス!!」とか「ISSAファビュラス!!」とかいう使い方も出来るということですね。
ということは、これからすごい感動できるものを見たら「ファビュラス!!」という言葉がはやりそうな気がします。流行語大賞になるかも?

「雪月花(せつげつか)」とは?

「雪月花(せつげつか)」とは、せつげつかまたはせつげっかとも言います。
意味として、「冬の雪」「秋の月」「春の花」のように、「四季折々に楽しむ眺め」のことです。
少し難しいですが、現代では、「伝統的な日本の美の感覚を連想させる言葉」として、歌の歌詞、レストラン、お店の名前に使われることが多いようです。

「繚乱桜(りょうらんさくら)」とは?

「繚乱桜(りょうらんさくら)」とは、普通の桜とは違うのでしょうか?
調べてみたら、「桜が、舞って乱れながら咲く」ということなのですね。「百花繚乱(ひゃっかりょうらん)」という言葉は、「いろいろな花が咲きみだれている」ということです。

「桜」のなかでは、
「繚乱桜 それはだって今のオレ 桜」ということは、「ISSAさんが、今、たくさん花開きながら、応援してくれる人のところに行くよ」といってるのかな?と想います。

スポンサーリンク

「焔の様」「炎」でなく「焔(ほのお)」とは?

これ、気になりました。ほのおといえば「炎」という漢字が浮かびます。
「焔(ほのお)」の意味には2つあり、

  1. 「火災」「炎」など「火」の意味
  2. 妬み、怒りなど、激しい感情や欲望で心が燃え立つという意味

があります。「桜」の歌詞では、「焔の様 夜桜」という使い方をしていますね。
「夜桜」を例えて、心が激しく燃え立つような強い感情を表している気がします。

「三味が奏でる和」とは?

「三味」は三味線のことですね。「三味が奏でる和」というのは、ネットニュースで言っていましたが、沖縄のことを指しているそうです。
「平和であるメッセージ」があるようです。なので、沖縄出身のISSAさんが歌うと、心にしみる気がしますね。

まとめ

今回は、DA PUNPの新曲「桜」について書いてみました。今までに、聴いたことのない歌詞、なかなかない「和」の感じに思い切りが感じられました。
聞いたことのない言葉を調べてみましたが、1番ブレイクしそうな言葉は

  • 「ファビュラス」ですね。

これから、「ファビュラス」という言葉が、DA PUNPによってどんどん広まっていくのではないでしょうか?また、「桜」大ヒットですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です