「インプット」と「アウトプット」意味と使い方・どちらが大切?

こんにちは。flowerです。
「言葉」は、本当にたくさんあります。でも、横文字になるとどうしてもわかりづらく、今更聞けない…そんなことが多くないですか?
私は、「インプット」と「アウトプット」をよく聞くのですが、「意味は?」「使い方は?」といわれるとわかりません。この際きちんと調べて、スッキリしたいと思い調べてみました。今回は、

  • 「インプット」と「アウトプット」の意味
  • 使い方の例
  • どちらが大切なのか?
  • バランスについて

について書いていきます。最後までお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

「インプット」と「アウトプット」の意味は?使い方の具体的な例

最近では、特にビジネスの中で「これをインプットしてください。それをアウトプットしてください」という言葉が聞かれます。
そもそも、どのような意味なのか調べてみたいと思います。

「インプット」と「アウトプット」の意味は?

「インプット」は【入力】という意味があり、 「知識や経験を自分のなかに取り込むこと」です。

「アウトプット」は【出力】という意味があり、 「自分のなかの知識や経験を外に向けて表現すること」です。

使い方の具体的な例

「インプット」と「アウトプット」の使い方をまとめました。(あくまでも一例です)

「インプット」 「アウトプット」
・本を読む 本の感想を書く。内容を元に行動する。
・教科書を読む 問題集を解く。
・セミナーを受ける SNSで情報を発信する。
・研修を受ける 誰かに説明する。教える。

こうしてみると、「インプット」も「アウトプット」も大事ですが、両方が欠けてもバランスが悪くてもダメなのでしょうか?
次では、どちらが大切なのか?バランスについても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

「インプット」と「アウトプット」はどちらが大切?バランスは?

では、「インプット」と「アウトプット」は、どちらが欠けても成り立たないのでしょうか?バランスについても考えてみました。

どちらが大切?

どちらが欠けても成り立たないものですが、 「何かを変える」ためには、「アウトプット」をしなければ変わりません。例えば、

  • 本を100冊読んだだけ

では、何も変わりませんよね。「本を読んだ!」という満足感は得られたとしても、何か変わったでしょうか?
そこから、「自分を変えたい」「楽しく過ごしたい」と思ったら「行動」しないと変わりません。なので、 「アウトプット」は「何かを変える」ためには、重要です。

バランスについて

大抵は、「バランス」が取れていないことが多いです。例えば

  「インプット」はよくできるが「アウトプット」が苦手
人間は、結構「学ぶ」と充実感が得られ、満足してしまいます。「アウトプット」をするためには「インプット」しなくてはならないのですが、「インプット」でやった気分になるため、次から次へと「インプット」ばかりしてしまうと上手くいきません。

  「アウトプット」が好きで「インプット」が足りない
気になることや情報があると、すぐに「アウトプット」したくなるが、「インプット」がしっかりできていないので企画を発表しても、行き詰ったり情報がよくわかっていないので、説明も上手くいきません。

となると、「インプット」も「アウトプット」も「バランスが大事」ですね。ただ、割合に正解はなく、大抵どちらかに偏っていても成功する人は気が付き、「バランス」を修正していきます。

 どんな世界でも、結果を出す人は「人一倍の努力」を重ねているので「アウトプット」で成功する人は、「インプット」の量も質も多いということですね。

まとめ

自分自身がわからなかったので、「インプット」と「アウトプット」について調べてみました。

  • 「インプット」は自分のなかに取り込むこと
  • 「アウトプット」は取り込んだことを外に向けて表現する、行動すること
  • 「何かを変える」には「アウトプット」が重要
  • 「良い結果」を出す人は「インプット」の量が多く、質も高い

ということがわかりました。「ブログ」で発信することも「アウトプット」ですね。
でも、「インプット」をしっかりしなければ、「良いブログが書けない」ということになりますね。
最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です