駅の自販機定額制サービス(サブスク)はお得?メリットとデメリットを調査!

こんにちは!flowerです。

ツイッターを見ていたら「#980円」としきりに騒がれていたので、何のことかと思ったら、

 「月額980円でJR東日本ウォータービジネスのオリジナル商品ブランドであるアキュアメイドが受け取れる」

というサービスが始まるという内容でした。

一瞬、「お得なサービスだな~」と思ったのですが、よーく内容を読んでみるとメリットとデメリットがありそうです。

今回は、 駅の自動販売機定額サービスが「本当にお得なのか?」「メリットとデメリットは何か?」ということについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

駅の自動販売機定額制サービスを詳しく解説!サービスの2つの内容とは?

8月29日にJR東日本ウォータービジネスが、日本初となる自販機のサブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」を10月1日から開始すると発表しました。

専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信されるQRコードをかざすだけで1日1本、対象の商品(オリジナル商品ブランド)を受け取ることが出来るというものですが、全員が利用できるわけではないんですね。

 

 ★9月2日から9月16日の期間にサービス利用者の募集を行い抽選で500名が利用可能

ということは、応募して抽選に当選しなければ定額制サービスは使えないということですよね。

また、このサービスには、 月額980円で利用できる「アキュアメイドプラン」と、月額2480円で利用できる「プレミアムプラン」の2種類があるので、それぞれのプランについて詳しくみていきますね。

「アキュアメイドプラン」月額980円の内容

★アキュアメイドプランは、月額980円

★アキュアメイドのドリンクの中から、毎日1本受け取れる。

1人1か月限りの利用。1か月利用後は、自動的にプレミアムプランに移行となる。

「参考までに…」
1日1本受け取れるとして、毎日使うと1か月約30本(でも、30日も駅に行くかな…)飲み物が1本150円とすると、

 (30日駅を使い飲み物を買う人の場合)
30日×150円=4500円ということになるので、

4500円-月額980円=3520円 3520円のお得となります。

 (20日駅を使い飲み物を買う人の場合)
20日×150円=3000円ということになるので、

3000円-月額980円=2020円 2020円のお得になります。

こうしてみると、1か月の「アキュアメイドプラン」はお得になります。

★でも、ここで注意しなければならないのは、1か月利用後は、自動的にプレミアムプランに移行となることです。

「プレミアムプラン」月額2480円の内容

★プレミアムプランは、月額2480円

★JR東日本の駅構内に設置されているイノベーション自販機での商品全対象となる(アキュアメイドプランは、アキュアメイドブランドのみ)

★1か月ごとに自動更新になる。

「参考までに…」

1日1本受け取れるとして、毎日使うと1か月約30本(でも、30日も駅に行くかな…)飲み物が1本150円とすると、

 (30日駅を使い飲み物を買う人の場合)
4500円(30日×150円として)-月額2480円=2020円 2020円のお得

 (20日駅を使い飲み物を買う人の場合)
3000円(20日×150円として)-月額2480円=520円 520円のお得

 (17日駅を使い飲み物を買う人)+80円
 (16日駅を使い飲み物を買う人)-80円

20日位ならお得ですが、1か月16日しか使わない人には逆にマイナスとなってしまいます。

スポンサーリンク

JR東日本駅構内のイノベーション自販機とアキュアメイドブランドの飲みもの一覧

どこに設置されるのかも重要なポイントですし、「アキュアメイド」プランで選べる飲み物も気になる所ですね。

JR東日本駅構内のイノベーション自販機の設置場所

JR東日本圏内約400か所になります。

設置場所の駅はこちらです。

アキュアメイドブランドの飲みもの

「アキュアメイド」プランの時には、「アキュアメイドブランド」の飲み物しか選べないので、何か調べてみました。

  • 信州そば茶
  • ジョナゴールド
  • アールグレイルイボスティー
  • 朝の茶事
  • ぷるんとなめらか果汁30%の夏みかんゼリー
  • トキ
  • From AQUA シークヮーサー×ミント
  • 信州韃靼そば茶
  • FromAQUA
  • ふじ
  • 青森りんご

となっていますが変更や自販機にない場合もありますのでご了承ください。

駅の自動販売機定額制サービスのメリットとデメリット

ここまで調べてわかったことと、ツイッターからの声とでメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

ツイッターの声を集めました。

  • アイディアがいい
  • 夏場は活躍しそう
  • 最初の1か月の980円は安い
  • 飲みものを駅で毎日買う人はお得

デメリット

ツイッターからは、

  • 翌月2480円になることを大きく言わないと気が付かない
  • 1か月20日は使わないとお得ではない
  • 全員が使えるわけではなく抽選で当選しないと使えない
  • ペットボトルのゴミが話題となっているのに、ペットボトルを推奨するのはどうか

という結果となりました。

まとめ

今回は、「JR東日本ウォータービジネスが、日本初となる自販機のサブスクリプションサービスを10月1日から開始すると発表したことで、メリットやデメリット、本当に得なのか?を調べてみました。

  • 「アキュアメイドプラン」月額980円は1か月のみ、1か月利用後は自動的にプレミアムプラン月額2480円にに移行となる
  • 9月2日から9月16日の期間にサービス利用者の募集を行い抽選で500名が利用可能
  • 当選者が10月1日から利用可能

ということがわかりました。時期的にもう少し早かったら良かったのではないかと思います。

駅の利用頻度や、飲み物を買う頻度を考えて利用出来ればお得なサービスとなりますね。

抽選ではなくて、希望者が使えるならもっといいと思いますが、皆様はどう思われましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です