【時効警察・復活スペシャル】あらすじ・ネタバレ感想まとめ!美魔王藤原年齢詐称の訳は?

こんばんは!flowerです。

「時効警察」が12年ぶりに復活して、10月11日(金)の夜11時15分から始まりますが、初回は「時効警察復活スペシャル」として放送されます。

時効になった事件を「趣味」で捜査する男・霧山修一朗が、名(迷)助手・三日月と新人刑事・彩雲と共に未解決事件の謎に挑むというこのドラマ。

12年ぶりの「時効警察」はどうなっていくのか楽しみですね。

 今回は、「時効警察復活スペシャル」を「リアルタイム」で見た私が、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめていきますのでこれから見られる方の参考になれば幸いです。

 真加出さんも、出演しますので見逃さないで下さいね!(10月11日からは出演しないので貴重です!)
スペシャルドラマでは時効管理課を離れ県警総務部に所属しており、結婚間近という設定となっています!(実生活でもご結婚されたそうでおめでとうございます!)

 

 

スポンサーリンク

「時効警察復活スペシャル」のあらすじ

 

 時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)――あの伝説の男がFBIに派遣されてから12年が経ったある日、ふらっと総武警察署の時効管理課に帰ってきた。しかも舞い戻るや、霧山は24年前に発生した「浦島ガソリンスタンド火災事件」に興味を抱く。寂れた港町・浦島町のガソリンスタンドが全焼した上に大爆発を起こし、焼け跡から損傷の激しい焼死体が見つかった、この事件…。警察は当時、死体が握っていた制服のボタンや体格などから、犠牲者は元アルバイトの高校生・沢村浩司と断定し、事故・殺人・自殺の可能性も含めて捜査したが、真相は闇に覆われたまま。くしくも9年前、殺人の時効が廃止されるわずか1日前に時効を迎えていた――。
日本に戻ってきたところで特にやることもない霧山は、この事件を調べてみることに。霧山への恋心が再燃した交通課の三日月しずか(麻生久美子)も、下心をちらつかせながら、趣味の捜査のお手伝いを名乗り出る。さらに新人刑事の彩雲真空(吉岡里帆)も刑事課という自分の本業は二の次で、時効事件の捜査に首を突っ込んでくるのだった。そんなこんなで週末、霧山と三日月は事件の情報を集めるため浦島町の交番へ。焼死体が見つかった部屋が当時空き部屋だったこと、沢村の母・加奈子(余貴美子)や離婚した父・新一の現在の消息が不明であることなど、新情報を得る。しかも、判明したのはそれだけではなかった。先日、九品仏さやか(菊地凛子)というライターが交番に現れ、事件のことを聞いていったというのだ!
なぜ九品仏が自分たちと同時期に同じ事件を調べているのか気になった霧山は、すぐさま本人と接触。すると、九品仏が追っているのは沢村の事件ではないことが分かる。なんでも彼女は“71歳にして40代の肉体を持つ男”として大人気のタレント・美魔王藤原(武田真治)の年齢詐称を疑い、過去を追って浦島町に行ったというのだ。しかし、九品仏の何気ない言動からふと、沢村の事件と美魔王の関連性を疑った霧山はさらなる捜査を敢行。やがて“驚愕の真相”が浮かび上がる…!

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/story/special/

キャスト

 ★霧山修一朗(きりやま・しゅういちろう)  オダギリジョー

12年前、アメリカのFBIに出向したが帰国して再び、総武署の「時効管理課」に配属。時効管理課に集まった資料の中から、目に留まった事件を個人的に調べていくのが趣味。「ポツネン」というあだ名があるくらい地味。
好きな食べ物は、素うどんや白いご飯。独身でアパート住まい、部屋には驚くほど物がない。時効事件の捜査になると俄然、手腕を発揮。

 ★三日月しずか(みかづき・しずか)  麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。霧山の恋人の座を狙っていたが、霧山は渡米。唯一の幸せな時間だった霧山の時効事件の捜査に付き合わされることもなくなり、寂しい日々を過ごしていた。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したが性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせている。

 ★彩雲真空(あやくも・まそら)  吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。「ガンバリマス!」が口癖で、何でも頑張る熱血女子。十文字に日々課せられる「張り込みの練習」や意味不明な指示も、とりあえず全力でこなしている。

 ★又来康知(またらい・やすとも)  磯村勇斗

総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。霧山から頼まれる時効事件絡みの鑑識にも「無料」で協力。時効管理課に所属する又来の息子だが、あの母親から生まれたとは思えないほど聡明&優秀な理系男子。ついでに、クールでミステリアス。いろいろカッコいい感じで、署の女性陣からも熱い視線を注がれている。実は、元ツッパリ。

 ★十文字疾風(じゅうもんじ・はやて)  豊原功補

総武署・刑事課のエース。捜査に懸ける情熱、トレンチコートへのこだわりなど完璧かと思いきや、結構何も分かっていなかったりする。無邪気に手柄を自慢したり、ギャグのセンスや言動のピントがずれていたり…と、お茶目で憎めないキャラクター。

 ★又来(またらい) ふせえり

総武署・時効管理課に所属。かつては小学生の息子を持つバツイチだったが、この12年のうちにバツ3へと華麗なる転身。本気で仕事をしているときは、バンダナを巻く。

 ★サネイエ  江口のりこ

総武署・時効管理課に所属。手先・舌先が器用らしく、クレーンゲームがやたらと得意。
意外と観光スポット好きでもある。現在は妊娠中。

 ★ 蜂須賀(はちすか)  緋田康人

総武署・刑事課に所属。常に十文字とペアを組んでいるベテラン刑事。実は大事件を解決した過去を持つ。

 ★浜田山(はまだやま)  内藤理沙
総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。女らしい性格で、結婚を夢見ている。

 ★ 久我山(くがやま)  田中真琴
総武署・交通課の女性警官。三日月しずかの後輩。性格は浜田山と真逆で、クール。

 ★ 諸沢(もろさわ) 光石研
総武署・鑑識課に勤める鑑識官。お金には細かい性格。街で見かけたミョーなものを写真撮影することが趣味。

 ★ 熊本(くまもと) 岩松了
総武署・時効管理課の課長。主な仕事は時効事件のファイルに「時効」の判子を押すこと。
妻と子ども2人がいる一家の大黒柱。流行に影響されやすく、さまざまなものをコレクションするマニア体質。

【ゲスト】

 ★美魔王藤原(武田真治)
40代の肉体を持つ男”として大人気のタレント

★沢村の母・加奈子(余貴美子)

★九品仏さやか(菊地凛子)
ライター

★真加出(早織)

「時効警察復活スペシャル」の考察をしてみた!(ネタバレ注意)

霧山修一朗(オダギリジョー)12年が経ったある日、ふらっと総武警察署の時効管理課に帰ってきた。毛むくじゃらで髭はボーボー!

みんなビックリしているところ、三日月はうれしそう!!

三日月は結婚したが離婚、サネイエは妊娠中でびっくりしないように生きているという。12年間で変わった。

霧山の「白いご飯」好きだけは変わらないので三日月は落ち着く。

霧山は24年前に発生した「浦島ガソリンスタンド火災事件」に興味を抱く。
「家にいてもつまらないし」「趣味再開かな…」

刑事課の彩雲と霧山は初対面なのに「伝説の男」だと知っている。ひとしきり霧山の帰国を歓迎した後…。

さあ、今回の注目の「美魔王」藤原。なぞの男、71歳にして40代の肉体を持つ男の話題になるが…。霧山は興味がない。

三日月は12年ぶりに霧山の趣味に付き合うことに…。
「浦島ガソリンスタンド火災事件」元アルバイトの高校生・沢村浩司の事件を捜査しはじめると、九品仏さやか(菊地凛子)も同じ事件を聞いていたという、九品仏は美魔王藤原の過去を調べているが霧山は違うのではないかと確信する。

霧山の趣味が本格的に開始、三日月はライターとして美魔王藤原に近づくが…。

「沢村浩次さんを知ってますか?」美魔王藤原は、ビックリした模様。ハッタリをかけてみた霧山!

霧山は、九品仏に1人で会いに行く。沢村浩司とは絶対に知り合いだったのではと聞きにいく。沢村は知り合いだったのに、いつの日か見なくなった火事の日から…でも美魔王藤原に、面影を感じた九品仏。

では、ガソリンスタンド焼死事件で死んだのは一体誰?

火事で死んだ人が、いたなんて。焼死した沢村と美魔王藤原は同人物?

(一瞬、真加出さん登場!)

ガソリンスタンドが火事になったとき、沢村でなく他に誰かいたとしたら…。

美魔王の出身地浦島町の警察、針(笹野高史)に聞きにいくと当時の資料はすべて焼失。
そんな時急に美魔王藤原が登場。浦島町の土地を買い事業を始めるという。

そんなとき、美魔王藤原に呼び出された三日月。藤原のくしから髪の毛を持って行こうとするが…。三日月がライターでないのは藤原にはお見通し。

「姑息な手段を使わずに直に会いに来い」と霧山に伝えろと藤原はいう。

 

もう1人ガソリンスタンドで働いていた人間がわかる。千葉のずぶ濡れ人間。
火事の2年ほど前にオーナーと藤原安二郎(加奈子の旦那の弟)と金銭トラブルがあったと話す。

沢村浩次の母加奈子は自殺したと言われていたのに、生きていた。加奈子に美魔王藤原の写真を見せると、パニックになってしまう…。

又来(ふせえり)は、手にガムテープを仕込み、藤原に接近。「DNA鑑定」に必要な髪の毛を入手。

 

沢村浩次の最後に握られていた遺留品を美魔王藤原に届けに行く。
「霧山さん、あなたとはもう少し早く出会っていたかった」この言葉にどんな意味があるのか?

「沢村浩次さん!」との呼びかけに思わず振り返る藤原。

(いろんな小ネタがたくさん仕込まれてますね。)

再度霧山に会いたいと言ってきた美魔王藤原。

沢村浩次と沢村加奈子のDNAは一致した。「沢村加奈子はDNA鑑定に同意したんですか?」
加奈子は死んだことになっていたのに、藤原は加奈子は生きているとわかっていた。

動機がない。藤原安二郎を殺したのは誰なのか?

「それは私です!」というのは美魔王藤原。でも、それは違う。ライター九品仏は沢村浩次と同級生。予備校にその時間いたからだ。
誰かをかばっている美魔王藤原。

そこで出てきたのが、沢村加奈子。藤原安二郎を加奈子が殺してしまった。

お母さんをかばうために、沢村浩次は藤原安二郎となる。

美魔王藤原はガソリンスタンドから血相を変えて出てきた母を見た日から生まれた。母を守るために変わるしかなかった。
でも、母なら浩次だとわかってくれるだろう。

テレビのむこうで母が見てくれればいい…と思った美魔王藤原。

マスコミに全部話した美魔王藤原。

数年後、母とひっそりとくらしていた。例のカードを渡して…。

 

スポンサーリンク

「時効警察復活スペシャル」の感想

例の様々な小ネタが面白いですね。

今回も、小ネタについて行くのが大変でした!

まとめ

今回は、「時効警察復活スペシャル」についてあらすじ・ネタバレ・感想をまとめてみました。

真加出さん本当に少しの出番でした。もっと見たかった…。

連続ドラマはどうなるのか?楽しみになってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です