【帰れマンデー】埼玉県の「昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉」の場所とアクセス方法!

こんにちは!flowerです。

9月23日放送の「帰れマンデー見っけ隊!」で中井貴一さんとガンバレルーヤさん、サンドウィッチマンさんが行く「東秩父村」のバス旅のゴールでは、温泉に入りますね。

 地下1700mの秩父古生層から湧くぬるぬるの美肌温泉といえば、「昭和レトロな玉川温泉」です。

美肌になれるそんな「玉川温泉」と昭和レトロという所ももかなり気になりますので詳しく調べてみたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

昭和レトロな「玉川温泉」の場所とアクセス方法

夏には近くを蛍が舞うほどの山間の静かな環境で地下1700mの秩父古世層から湧出する良質な本格温泉です。

レトロな雰囲気漂う、1960年代にタイムスリップしたような館内なんです。

 

 「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」

住所:〒355-0342 埼玉県比企郡ときがわ町玉川3700

 「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉のアクセス方法」

★関越道東松山ICから車で
★JR八高線 明覚駅からタクシーで
★東武東上線小川町駅から車で
★東武東上線 武蔵嵐山駅からバスで(ときがわ町路線バス)
「十王堂前」バス停から徒歩で

営業時間:10時から22時(最終入館21時30分)

 

スポンサーリンク

昭和レトロ感と温泉について調べてみた!

昭和生まれの私から「昭和感」と聞くと調べない訳には行きません!

赤のポストは懐かしい…。

サイダーに駄菓子…懐かしくなりますね。行きたい!

美肌になるという温泉。温泉に入って休憩場所でゆっくり…。たまにはいいなぁ~!

もうカサカサバリバリなので、まだ私もツルツルになれる可能性があるでしょうか?

お風呂の詳しい写真や「玉川温泉」については玉川温泉ホームページからご覧下さいね。

 

まとめ

今回は、9月23日放送の「帰れマンデー見っけ隊!」でゴールで行く温泉の地下1700mの秩父古生層から湧くぬるぬるの美肌温泉ということで、 「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」について調べてみました。

調べてみたら「昭和レトロ感」が満載なのでものすごく懐かしくなり、行ってみたい!気分になりました。

日頃忙しくてリラックスできない方も「玉川温泉」に行ってみたら昔に戻った気持ちになってリフレッシュできそうな気がします!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です