【家事ヤロウ】ロバート馬場のじゃがいもレシピの作り方まとめ!ナムル・チヂミ・フライドポテト

こんにちは!flowerです。

 「家事ヤロウ」で放送された、ロバート馬場さんが披露した「キッチン飲み料理」

ロバート馬場さんといえば「お笑い芸人」さんなのに、料理人としても有名ですよね!!

今回、ロバート馬場さんは「じゃがいも」を使っての料理を披露してくださいましたが、じゃがいもをつかった料理って「肉じゃが」くらいしか思い浮かびません。

見ていたら、とても参考になりすぐにでも今夜のおかずの1品に加えられそうです。

お酒を飲む方はおつまみにいいと思います!!

今回は、家事ヤロウで放送された「ロバート馬場さんのじゃがいもレシピ」を詳しくまとめてみましたので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

じゃがいもの「キッチン飲み料理」5品

ロバート馬場さんが作ったじゃがいもレシピ5品を紹介します。

レシピ1.韓国風じゃがいものナムル

 用意するもの

  • じゃがいも 3個(がラムマサラ風のと合わせて)
  • 昆布茶
  • 塩コショウ
  • ごま油
  • いりごま

 作り方

  1. じゃがいもは皮をむきスライサーで丸く薄切りにする。(包丁でもいい)
  2. じゃがいもを千切りにする。
    (丸く切ったじゃがいもを重ねて千切りにすると簡単!)
  3. じゃがいもを30秒ほど茹でて、ざるに上げて水気を切る。
    じゃがいものシャキシャキ感がなくならないように、茹で過ぎに注意!ここで、半分のじゃがいもはガラムマサラ風ナムルに使うので分けておく)
  4. 昆布茶、塩コショウ、ごま油を混ぜる。
  5. いりごまを手でつぶすように入れて混ぜて完成。

レシピ2.ガラムマサラ風(カレー粉)じゃがいものナムル

 用意するもの

  • じゃがいも 韓国風じゃがいもの茹でたものの半分
  • 鶏がらスープの素
  • ガラムマサラ(なければカレー粉でOK!)

 がラムマサラとは?
「シナモン・クローブ・ナツメグ」をブレンドしたもの。

 作り方

  1. 韓国風じゃがいものナムルの、3のじゃがいもを半分使う。
  2. がラムマサラ(またはカレー粉)と塩を混ぜる。

 ポイント

  • じゃがいものシャキシャキ感がたまらない!!
  • ガラムマサラは少し辛いのでお酒がすすみます!
  • おつまみだけでなく、おかずの1品になるので「あと1品」のときに助かりますね。

レシピ3.小麦粉を使わないじゃがいものチヂミ

 用意するもの

  • じゃがいも 3個
  • むずく(少量)
  • 薄切り豚肉(3枚位)
  • 長ネギ 1/2本

チヂミのたれ

  • しょうゆ
  • はちみつ
  • ミックスナッツ

作り方

  1. じゃがいもの皮をむきすりおろす。
  2. すりおろしたものをザルでこす。
  3. こしたときに、下に「でんぷん」がたまるのででんぶんのみ使う。(うわずみは捨てる)この「でんぷん」は片栗粉と同じ成分。
  4. もずくを入れた混ぜる。(もずくを入れることでモッチリ感が増す
  5. 長ネギのスライスを1/2本入れた混ぜる。
  6. 油をひいたフライパンに流し込み、生の薄切りスライス豚肉をのせて塩コショウをして、焼き目を見てひっくり返す。両面焼けたら完成!

 たれの作り方

  1. しょうゆ、酢、はちみつを適量入れて混ぜる。
  2. ミックスナッツをすりつぶして入れてたれの完成!

 ポイント

  • チヂミはマッコリが合うそうですよ!!(馬場さん、中丸さん、カズレーサーさん絶賛!)
  • じゃがいもを使うレシピなので、じゃがいもをすりおろしていましたが大変なので、片栗粉で代用してもいいですね!
  • たれのミックスナッツがなくてもしょうゆ・酢・はちみつでも充分おいしいです!

スポンサーリンク

レシピ4.「いも床」で味付け「鶏のからあげ」

 「いも床」とは?

福島県会津地方の郷土料理で、漬物をつけたり調味料として使われる。

 用意するもの

「いも床」

  • じゃがいも 5個
  • 塩 120g
  • 砂糖 180g
  • ローズマリー 4本
  • タイム 4本
  • ヨーグルト 大さじ4

「唐揚げ」

  • 鶏むね肉
  • 米粉

「ソース」

  • バター 30g
  • まいたけ
  • 塩コショウ
  • 牛乳
  • 顆粒ブイヨン(適量)
  • パルメザンチーズ(適量)

 作り方

  1. 蒸したじゃがいもの皮をむき、つぶしてマッシュポテトにする。
  2. 塩120gと砂糖180gを入れて混ぜる。(砂糖がじゃがいもに水分と結びついて粘りが増す!)
  3. ローズマリー4本、タイム4本を手でちぎって入れて、ヨーグルト大さじ4を加えて混ぜる。(ハーブが食材の臭みをおさえて、ヨーグルトの乳酸菌で食材を柔らかくする)これでいも床は完成!!
  4. 「いも床」をバッドに広げ、鶏むね肉を漬け込む。鶏むね肉の上と下にまんべんなく「いも床」をつけて、ラップをかけて冷蔵庫に40分入れる。
  5. ソースを作っておく。フライパンにバターを30gとまいたけを細かくちぎって、塩コショウをして火にかける。
  6. 米粉をまぶした牛乳を入れて、とろみをつける。
  7. 顆粒ブイヨン、パルメザンチーズを入れてソースが完成!
  8. 4の「いも床」を取り出し、いも床を取り除き「米粉」を鶏肉にまぶす。(ビニール袋の米粉を入れてまぶすと簡単!)
  9. 鶏肉1枚そのまま油で揚げる「巨大唐揚げ、味付けはいも床のみ」(回しながら揚げると均一に火が通る)
  10. 火を止め4分間余熱で火を通す。(油が跳ねるので馬場さんは油はね防止ネットを使っていました)
  11. 一旦下揚げて高温でもう1度揚げる。(米粉をまぶしているのでカリっとした食感になる!おかきのようなイメージ)ここでも油はね防止ネットを使用。これで、「いも床」味付け鶏のから揚げ完成!

 ポイント

  • お酒は「ハイボール」が合うようです!マッコリも合うと中丸さん。
  • 米粉を使うことで唐揚げがカリカリする。
  • 2度揚げも美味しくなるポイントですね!

ロバート馬場さんが使っていた「アルミ製せいろ」はこちらです→中尾アルミ製作所

レシピ5.トスカーナ風フライドポテト

 「トスカーナ風フライドポテト」とは?
ここ数年で爆発的にヒットした、「ポテト好き」の間で「究極のフライドポテト」と呼ばれる調理法です。

 用意するもの

  • じゃがいも
  • 強力粉
  • ハーブ
  • にんにく
  • ピーナッツオイル(300g)
  • 塩コショウ

 作り方

  1. じゃがいもの皮をむき1.5㎝幅の棒状に切る。
    馬場さんポイント:ホクホク感を出すため、某ハンバーガーチェーンのポテトより太めに切る。
  2. じゃがいもを揚げる前に「強力粉」をまぶす。
    馬場さんポイント:強力粉がカリっとした食感を生み出す。
  3. フライパンに強力粉にまぶしたじゃがいも、ハーブ、にんにくを入れる。
    (先に入れるパターンって珍しいですね!「コールドスタート」という方法だそうです!)
    「コールドスタート」…油を注いでから加熱する調理法で、火加減が調整しやすく、油も跳ねにくい。
  4. 3に「ピーナッツオイル(300ml)」を注ぎ、強火にかける。
    「ピーナッツオイル」は香りが強く熱で劣化しにくいので揚げ物向きです!
    馬場さんポイント:フライドポテトは油を味わう料理なので、油にこだわりましょう!!
  5. 油の温度が上がったら、中火にして4分揚げる。
  6. 乾いた音になったら火を止めて油から引き揚げざるにあける。(色は、バカリズムさんいわく大学芋みたいな色)
  7. すぐに塩コショウを振る。
    馬場さんポイント:ざるを大きく振るとハーブが砕けて、全体に香りと風味がつく!

ポイント

  • 皆さん「おいしい!!」絶賛でした!!
  • 熱いうちが最高においしい!

まとめ

今回は、「家事ヤロウ」で放送されたロバート馬場さんの「じゃがいもレシピ」をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

  • じゃがいものナムル2種類(韓国風・ガラムマサラ風)
  • 小麦粉を使わないチヂミ
  • 「いも床」鶏のから揚げ
  • トスカーナ風フライドポテト

でしたが、 どれも美味しそうで、ロバート馬場さんの料理のセンスに驚くばかりでした。

じゃがいもは、私の中で「レシピ」が少ないので夕飯の1品に作ってみたいと思います!!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする