風邪が治らない!寒暖差アレルギーかも?症状と予防治し方は?

こんにちは。flowerです。
季節の変わり目になると、どうしても体調を崩しがちですよね。
くしゃみや、鼻つまり、頭痛など「風邪かな…」と思ったり、「花粉症かな…」と思うことがありませんか?
もしかしたら、「寒暖差アレルギー」かもしれません。
今回は、

  • 「寒暖差アレルギー」とは?
  • 予防法はある?
  • 治療は必要?

について調べてみました。最後までおお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

「寒暖差アレルギー」とは?

「寒暖差アレルギー」とはいったい何でしょうか?つらい症状だけにスッキリしたいですよね。ここで細かく

  • 「寒暖差アレルギー」症状
  • 「寒暖差アレルギー」どうして起こる?

について調べてみました。

「寒暖差アレルギー」の症状

寒暖差アレルギーの症状としては

  • 頭痛、頭がズキズキ痛い、頭が重い
  • 鼻づまり
  • せき
  • 倦怠感
  • 眠れない
  • 気分が落ち込む
  • 情緒不安定

など、身体的なこともありますが、精神的なこともあります。
確かに、「風邪」「花粉症」の症状と似ていますね。また、季節の変わり目はどうしても「体がついていかない」と思い「歳のせいかな…」と自分を納得させてしまいます。
では、なぜ「寒暖差アレルギー」が起こるのでしょうか?

「寒暖差アレルギー」はなぜ起こる?

「寒暖差アレルギー」は「血管運動性鼻炎」ともいうそうです。
寒暖差という言葉のように、『昨日は暖かかったのに、今日は寒い』という日がありますよね。原因は、

  • 寒暖差のために、体温調節をするための血管の収縮が追い付かない
  • 自律神経が異常をきたす
  • 自立神経が正常に機能する気温差は7度までといわれる
  • 鼻の血管は特に敏感なので、鼻づまりをおこしやすい
  • 自立神経は体全体の機能を守っているので、自立神経を崩すと精神的にも不安定になる

ということは、寒暖差によって「体温機能が調節できず、不調をおこす」ということなのですね。

スポンサーリンク

「寒暖差アレルギー」にならない方法はある?

季節の変わり目に不調が起こるのでは、つらいですよね。できるならなりたくないです。
ここでは、

  • 「寒暖差アレルギー」の予防法
  • 「寒暖差アレルギー」病院に行く必要は?

について調べてみました。

「寒暖差アレルギー」の予防法は?

「寒暖差」が原因ということは、わかりました。ということは、

  • 「寒暖差」を受けないようにすること

が予防となりますが、とはいえ難しいですよね。具体的にどうすればいいのか?それは、

  • 寒い日が来そうと思ったら、重ね着をする
  • カイロなどを利用する
  • 暑い日は、薄着にする
  • 季節の変わり目は、脱ぎ着しやすい服にする
  • 日ごろから適宜に運動をする
  • 入浴で体をあたためる
  • ストレスをためないようにする

などがあげられます。思ったより暑い日に、朝からコートを着てきたからといって、無理して1日着ていたら体調を崩しますよね。

病院へは行った方がいい?

「寒暖差アレルギー」であれば、気温が落ち着けば体調も落ち着いてきます。
ですが、不安であれば、病院で診てもらう方法もあります。
本当に風邪や、何かのアレルギーであれば医師の診断でわかります。もし、風邪でもなくアレルギーでもなく、「寒暖差」で体調を崩しているならば、自分で対策を取れるようになります。

「寒暖差」が激しいと、疲れますよね。なるべくいつもよりしっかり寝るなど、休養を取るといいのではないでしょうか?
わたしも、いつも季節の変わり目は体調が良くないので、とにかくよく寝るようにしています。

まとめ

今回は「寒暖差アレルギー」について調べてみました。本当に以前より「寒暖差」激しくなってきたように感じます。

  • 「寒暖差アレルギー」は気温の変化で風邪や花粉症のような症状を起こす
  • 寒暖差を感じないように、衣服などで工夫をし予防する
  • いつもより、休養を多くとる

ということがわかりました。天気予報をよく見て、「寒暖差」をうまく乗り切っていきたいものですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です