モラハラ男とは?あなたの夫・彼氏は大丈夫?見分け方と対処法

こんにちは。flowerです。
最近、DV(ドメスティック・バイオレンス)によって、芸能人が逮捕されたりしました。DVは殴ったり、蹴ったり目に見えるものですが、モラハラは目には見えません
「モラハラ」で、苦しんでいる女性いるかもしれない、自分の夫や彼氏やにもしかしたら、「モラハラ」を受けているのかもしれない。でも、「モラハラ」がよくわからない。
今回は、

  • 「モラハラ」とは?
  • 「モラハラ」かも?チェック方法
  • 「モラハラ」対処法

についてまとめてみましたので、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

「モラハラ」とは?

「モラハラ」とは、「モラルハラスメント」の略ですが、ここで

  • 「モラハラ」とは?詳しい意味
  • 「モラハラ夫、彼氏の特徴」
  • 「モラハラ」チェック方法

についてまとめてみました。

「モラハラ」とは?詳しい意味は?

「モラハラ」とは、「モラルハラスメント」の略で、
「言葉、態度によって、人の心を傷つける精神的な暴力」のことです。
細かくまとめると、

  • 「言葉の暴力」「無視」などの行為で、相手に危害は加えていない
  • 相手の心身にストレスや苦痛をあたえる
  • 「目には見えない暴力」
  • 家庭や職場で日常的に行われる
  • 目に見えないので、加害者も被害者も気が付きにくい

「見えない暴力」これは、本当にやっかいですね。心の苦痛や傷は目には見えません。
それだけに、気が付くということが大切になってきます。
次に「モラハラの特徴」についてまとめてみます。

「モラハラ夫、彼氏」の特徴は?

「モラハラ夫、彼氏」は妻や彼女を支配したがります。厄介なのが、「モラハラ」をする男の人は、外では

  • いい人
  • 優しい人

なんです。なので、周りのひとに相談しても、
「あんなにいい人なのに~」「勘違いじゃないの?」「愛されている証拠」などと言われてしまい、認めてもらえないので、女性はかえって苦しんでしまうんです。
では、あなたの夫や彼氏にこんなことはありませんか?

「モラハラ」かも?チェック方法

こんな言葉、行動をとられたことはありませんか?

  1. 「無視をする」 会話、メール、ラインにわざと無視をしている。妻、彼女に無視することで圧力を与える。
  2. 「言葉の暴力」 何かと妻、彼女に対して学歴、仕事、親、友人、容姿について嫌味、難癖をつけてくる。「おまえは、何もできないやつだ」「おまえはどんな親に育てられたんだ」「大した仕事もしないくせに」など、聞くだけで不愉快な言葉を言ってくる。
  3. 「責任転嫁をする」 何をやっても自分が正しいので、何でも妻や彼女のせいにする。「こいつがのろいから遅れた」など。
  4. 「嘘をつく」 自分が1番。自分を強く見せたいので、事実よりも誇張していう。やってもいないのに、「俺は昔〇〇で1番だった」など。
  5. 「勝手なルールを決める」 話し合って決めるのではなく、妻や彼女を支配下におきたいので、食事の内容や妻、彼女のスケジュール、帰宅の時間などを細かく決めてしまう。夫彼氏は勝手にルールを変更するくせに、妻、彼女が変更するのは認めない。
  6. 「妻、彼女の持ち物チェック」 妻、彼女の交友関係、行動を知りたいので、勝手にスマホ、パソコン履歴、財布の中味のチェックをする。
  7. 「嫉妬する」 モラハラ夫、彼氏は妻、彼女が自分の知らないことを極端に嫌う。仕事仲間の話、親のこと、友達と仲良くするなどをすると、暴言を吐いたり、八つ当たりする。
  8. 「同情を誘う」 妻や彼女の心を傷つけているのに、「俺にはおまえだけしかいない」や「俺はこんなつらい思いをしたんだ」と同情を誘う。
  9. 「外面がいい」 職場などでは、ある程度の地位にいたり、周りからも信頼されていることが多い。
  10. 「上から目線」 何かにつけて上から目線。「俺がいるから生活できるんだ」「誰が面倒見てやってるんだ」など。
  11. 「突然態度が変わる」 機嫌がいいと思ったら、急に不機嫌になったり、嫌味を言ったり、なんで不機嫌になるのかはわからない。

こんな行動をしてくると言われています。何個当てはまったらという訳ではありませんが、心当たりが1つでもあれば、その他もよく観察してみましょう。
本人は気が付いていないので、「もしかしたら自分の夫や彼氏はモラハラかも」と女性が気が付かないと解決しません。

スポンサーリンク

「モラハラ夫、彼氏」とわかってしまったら?

自分の夫や彼氏が、「モラハラ」そうなってしまったら、どうすればいいのでしょうか?対処法はあるのでしょうか。ここでは

  • 「モラハラ」に対して夫、彼氏に告げるか
  • 証拠を残しておくことも大切
  • 相談するところは?
  • 「モラハラ」は治るのか?
  • 離婚・別居・わかれることも考えて

について書いていきます。

「モラハラ」の事実を告げるか?

自分の夫や彼氏が「モラハラ」だった。認めたくはありませんよね。違うと思いたい気持ちもわかりますが、辛いのは自分です。また、「モラハラ」であることも本人にわかってほしいです。事実を告げるには、どうしたらいいのでしょうか?

  • 今回のような「チェック方法」を見せてみる

自分の行動が「モラハラ」であると自覚させたいところですが、あまりいい結果は期待しないがいいと思います。でも、「モラハラなんだよ」という事実は伝えるべきだと思います。本人は、全く自覚がないですが、「モラハラ」という言葉が頭に残るでしょう。もしかしたら、自分でもっと調べるかもしれません。

証拠を残しておくことも大切

いざというときに、言葉だけでは「モラハラ」の証拠にはなりません。おかしいと思ったときから、書き留めておくといいです。

  • いつ、どこで、誰と、きっかけ、どんな状況などを細かく書き、また自分がどう思ったかなども書いておく。証拠があれば残しておく。
  • 可能なら、夫、彼氏の言動を録音する。

など、とにかく証拠になるものを残しておきましょう。

相談するところは?

これからのことはやはり、専門家に相談するのが望ましいです。どんな所に相談できるかは

  • 女性センター
  • 人権110番
  • 女性人権ホットライン
  • カウンセラー
  • 弁護士

などがあげられます。

「モラハラ」は治るのか?

モラハラは、何かその人の育った背景や環境にあるといいます。なので、すぐ治るわけではありません。
本人が自覚をすることから始まり、医師に相談したりカウンセリングを受けないと、なかなか治らないと言われます。また、同じことを繰り返してしまうのです。
ご本人が自覚し、「治す」と思わなければ治らないのです。

離婚・別居・別れることも考えて

夫、彼氏の「モラハラ」に妻や彼女が耐えなければいけないことはありません。
離婚・別居・別れを切り出すのは当然です。ところが、夫や彼氏が簡単に受け入れるなんてことはまずありませんよね。
また、別れを切り出したことで、「モラハラ」がエスカレートするかもしれません。
ですので、証拠を残して、別れを切り出す前に専門家に相談しておくことが大事です。

まとめ

今回は「モラハラ」について書いてみました。書いてみると、もしかしたら「モラハラ」で悩んでいる女性がたくさんいるのではないかと思いました。
モラハラは、

  • 「言葉、態度によって、人の心を傷つける精神的な暴力」のこと
  • 目には見えない
  • 思い当たったら証拠を残す
  • 専門家に相談する
  • 我慢する必要はない

ことが大切ですね。「モラハラ」に苦しむ人が1人でも減ることを願います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です