あるある探検隊で一世風靡したお笑いコンビ レギュラーの今

こんにちは。flowerです。
「ハイ×5あるある探検隊!ある探検隊!」と一世風靡したお笑いコンビの「レギュラー」

2005年には、流行語大賞にもノミネートされたくらい大人気でしたね。

小学生が「あるある探検隊!」と真似をしていたくらい人気で、面白い「レギュラー」のお二人の現在について調べてみたら、意外なところで活躍されていることを知りました。

今回は、レギュラーの今を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

レギュラーは今、こんな所で活躍 そしてネタはやっているの?

「レギュラー」のお二人は今、お二人一緒にご活躍されています。
あるある探検隊のネタも健在です。

でも、ある業界での活躍をされています。
それは、「介護の現場」です。老人ホームなどの介護施設、また、学生さんにむけて介護について講演したり、
「介護×お笑い」ということで、介護の業界を大きく盛り上げているそうです。

「介護」というと、「大変」と暗いイメージを持ってしまいがちですが、明るいお二人がどのように介護の業界で活躍されているのか気になります。

きっかけは?

お笑いから介護、なかなか接点がないのになぜ介護にお笑いを持って行ったのでしょうか?

それが、同じお笑い芸人の「次長課長の河本さん」がきっかけだそうです。
次長課長の河本さんは、不正受給問題で地元の人に迷惑をかけたと月に1回ボランティアとして、岡山で介護施設を周っているところに、レギュラーが誘ってもらい披露したら、
ものすごくうけたそうです。
河本さんにも「向いてんちゃう?」と背中を押されたといいます。
ところが、それだけではなく、介護の世界でお笑いをやるなら…と勉強され資格を取ったといいます。

すごい!と私は思いました。ウケたからやるだけでなくきちんと勉強してから取り組む姿に偉大さを感じました。

とった資格は?

とった資格は「介護職員初任者研修」だそうです。
それだけでもすごいのに、資格を生かせる場がないことに悩み、今度は「レクリエーション介護士」という資格を取ったといいます。

「レクリエーション介護士」とは

介護施設などで利用者さんの前で、みんなが楽しめることをする
という資格で、手品でも、歌でもいいそうです。

私も介護施設のボランティアをしたことがありますが、利用者さんの時間が空いて何をしてもらったらいいのかわからない時間があるんですよね。
そういうときに、「レクリエーション介護士」さんが「余暇の時間を作り直して、生きがいを作り出す」のだそうです。
そこで、レギュラーはお笑い×介護ができると思い、始めたそうです。
挑戦もすごいし、資格も取る、並大抵では出来ないと思います。

スポンサーリンク

介護の世界でお笑いは?

認知症であったり、体が不自由だと何となく、「お笑い」の空気というか「笑ってはいけない」ような気がしてしまいます。
私も「笑っていいのかな」と思ったことがあります。

 

技術で「笑いに変える」

認知症の方が、状況が理解できずにネタ中に騒ぐことがあったそうです。
その方にレギュラーは、無視せずに話しかけて行ったと…でも、怒鳴られたり、泣かれたりしてしまったそうです。

それでも、

  • 笑いにするのが愛!
  • 失敗を面白く変える
  • お互いに失敗はある。それでいい、一緒に笑いを作っていく

という信念でやっているそうです。

「笑いものにされている」「馬鹿にされている」と感じる人もいるという。
そこを、成功させるのがプロの芸人の仕事だというレギュラー。素晴らしいです。

周りの人や家族にも笑ってほしい

施設でのネタは、通常とは違い体や頭をつかったり、みんなを交えて話を聞いたりするそうです。

ネタの一つが紹介されていました。

「気絶なんでやねん」
レギュラーが、利用者さんの間を歩いて、あるタイミングで気絶して、一番近くの人が「なんでやねん!」とつっこむゲームだそうです。楽しそうですよね!

施設でやるときは、必ず、施設のスタッフや家族にいてもらうのだそうです。介護の現場は本当に大変です。それを、
「みんなに楽しんでほしい」「みんなに笑顔になってほしい」という気持ちでやっているといいます。

お二人の人柄が伝わりますね。

まとめ

レギュラーのお二人が、こんなに素晴らしい活動をされていることを知り、感動しました。
売れていたころのレギュラーのお二人は、人を悪く言うネタはやっていなかったし、人柄の良さがすごく出ていたように思います。

介護の世界、これからがレギュラーのお二人の活躍でもっともっと知られていくことを願います。

お二人のご活躍に、今後も期待しています。頑張ってください!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です