【ラグビーワールドカップ】キャラクターレンジーの作者(デザイナー)は誰なのか調査してみた!

こんにちは!flowerです。

「ラグビーワールドカップ2019」公式マスコットの「レンジー」ってなんか憎めなくてかわいいですよね。

日本っぽく赤と白で構成されていて、獅子舞の要素も入っている和の雰囲気も出ているそんな 「レンジー」ですが、どなたがデザインしたのか知りたいですよね。

一般の人なのか、有名な人なのか?
そして、レンジー以外にも何か作品があるなら見てみたいと思います。

 今回は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会公式マスコット」の「レンジー」作者はどなたなのかということを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップの公式マスコット「レンジー」の作者(デザイナー)は誰?

「レンジー」にはきちんと肩書や名称・プロフィールまで細かく記載されています。

■肩書:ラグビーワールドカップ2019™日本大会公式マスコット
■名称:ユニット名 (日本語)レンジー (英語)Ren-G

引用先:https://www.rugbyworldcup.com/news/306389

白い方が「レン」で赤い方が「ジー」

白の方が親で、赤は子どもなんですね。

さて、どなたがデザインしたのかくまなく調べてみました。どこかにヒントがないか調べてみたんですが…。
それらしき情報がありませんでした。

★レンジーの出身は「生まれた場所は不明で日本のどこか」となっていますし、レンジーが発表された際のラグビー組織委員会の会見でも、

  • ほぼ2年にわたる作業を経て念願のマスコットができた
  • 実績のあるデザイナーなどの専門家に呼びかけて、10組50作品の中から選ばれた

(参考元:https://dentsu-ho.com/articles/5782より)

となっていて レンジーの作者(デザイナー)に関しては、発表になっていません。

でも、こんなにかわいいマスコットなのですから、ラグビーワールドカップが始まったらもしかして話題になって「レンジーの作者」が現れるのではないかと期待しています。
(もし、わかったらその時に追記しますね)

スポンサーリンク

レンジーの特技・友達・関心があることを紹介!

レンジーには「特技」があるとプロフィール内に書かれています。

 「特技は、うれしいことがあると髪をぐるぐる回したり、レンジーダンスを踊ります」

この動画ではレンジーダンスを見せてくれていますが、試合の時も盛り上げてくれそうですね。

レンジーの友達は、
 「ラグビー普及活動を行っているので、その中で出会った開催都市のマスコットとは大会を成功させたいという固い友情で結ばれている」そうですが、

レンジーならどこでも誰でも仲良くなれそうですね!

レンジーの今1番関心があること
 「ラグビーの精神を理解してもらい、大会にくる選手、関係者、ファンが2019年大会を心の底から楽しんでもらうために何をすべきか考えること」

すごいです!さすがレンジーしっかりしています。

こんなにみんなに愛されているのだから、ラグビーが終わっても活躍してほしいですね。

まとめ

今回は、「ラグビーワールドカップ2019」の公式マスコット「レンジー」の作者(デザイナー)は誰なのかを調べてみました。

 現在、デザイナーはどなたなのかということはわかりませんでした。

わかり次第更新したいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする