【最上の命医2019スペシャル】あらすじ・ネタバレ感想まとめ!病院テロの理由は?

こんにちは!flowerです。

斎藤工さん主演の「最上の命医」が2019年10月2日の「ドラマスペシャル」として放送されます。

「最上の命医」は2011年には連続ドラマとして、2016年と2017年はスペシャルドラマとして放送されました。

そして今回「最上の命医2019」として帰ってきます。

 今回の「最上の命医」は誘拐、脱獄、オペ室占拠等、事件の連続で大パニックに。そんな状況の中、命は変わらず生命と向き合い続けることができるのか…という所が見どころですね。

今回「最上の命医」を「リアルタイム」で見た私があらすじ・ネタバレ感想をまとめてみましたので、最後まで読んで頂けたら嬉しいです!

 

 

スポンサーリンク

「最上の命医2019」スペシャルのあらすじ

 

小児外科医の西條命(斎藤工)は、看護師の多岐川菜月(田中麗奈)と共に房総の田舎町の診療所で臨時医師として働いていた。
チョークをかじる異食行動の女児・中園柚をケアする一方、手術不可能と診断された男児をオペで救うため、東房総医療センターの中込隆三院長の協力要請を受けていた。そんな中、房総刑務所に服役していた佐久間耕作(岸谷五朗)が脱獄したというニュースが世間を騒がす。そして柚が突然姿を消してしまい…。

引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/meii2019/story/

 

【キャスト】

 西條命(さいじょうみこと)斎藤工 小児外科医
8年前にステージⅣの肝臓癌を発症し奇跡的に命は助かったが再発の可能性を抱えている。
「子供のいのちを救うことは、たくさんの未来を救うこと」という揺るがぬ信念を持ち、「無限の樹形図」への思いを胸に、小児医療に全身全霊を捧げ続けている。
優しく天真爛漫なところが魅力的である。

「無限の樹形図」…自分の関わる人、自分の家族に1番大事な子どもに変化を受け継がれていくこと。

 ★多岐川菜月(たがわなつき) 田中麗奈 命と働く看護師
房総の田舎町にある診療所で、命と共に働く。患者からの信頼も厚く、命を献身的にサポートしている。

 ★関光一郎(せきこういちろう) 永井大 東房総医療センターの医師
外科医だったが、現在はICU担当。命に対立し、嫉妬心を抱く。

 ★中込隆三(なかごみりゅうぞう)村田雄浩 東房総医療センター院長。
小児外科医としての命の実績を認め、その力を利用しようとする。

 ★神道 護(しんどうまもる) 泉谷しげる 神道医院の医師
神道医院の医師で、命の恩人。
かつては大学病院の小児外科医で、先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を、神業ともいえる手術で救った。

 ★佐久間耕作(さくまこうさく) 岸谷五朗 受刑者
殺人罪で房総刑務所に服役する受刑者。

本多かおり…生田智子
出口義男…村杉蝉之介
今野充…山本浩司
村岡次郎…春海四方

足立公彦…落合モトキ
石垣純…大地
増田浩史…ミスターちん
中園柚…横溝菜帆
佐久間健太…高橋琉晟
佐久間玲子…八木さおり
沢木哲平…宮崎翔太
有元幸雄…岩崎う大(かもめんたる)

 

「最上の命医2019」の考察をしてみた!(ネタバレ注意)

最初から、鉄砲に覆面の男が登場する「病院テロ」命に拳銃が向けられる。
「できない。出来ない」という命。何が出来ないのか…。

「3週間前」

看護師の多岐川菜月(田中麗奈)は往診から帰ってくる。命と菜月は田舎で診療をしていた。(八田診療所)

チョークをかじってしまう女の子柚(異食症)の相談を持ち掛けられた命。
命は柚と同じくチョークを食べてみると、柚はしゃべり始めた。子どもと一緒の立場になるのは命しかできないことだろう。

柚は鉄欠乏症。しかも手術をしないと治らない。

柚は「手術がしたくない」柚のお父さんは手術をしたら亡くなってしまったからであった。

東房総医療センターの中込隆三院長の協力要請で呼ばれた命のことを関(永井大)は気に入らない。

 

神藤(泉谷しげる)に家に命と柚、菜月。テレビで脱獄犯(岸谷五朗)のニュースが流れる。後にかかわる人間とは知らずに…。

柚がいなくなってしまった。母親にいっても知らん顔。
命のパソコンに「柚を誘拐した」というメールが届く。命のパソコンに届くなんて何者なのだろうか?
呼ばれた場所に命がいくと、例の脱獄犯がいた。
「俺が死ぬならあの女の子は死ぬぞ」
脱獄犯は血まみれで銃創があった。その場で銃の弾を取り出す命。

「東房総医療センターに連れてけ。12時までに」脱獄犯は言う。
柚はその場にいなかったが脱獄犯が電話をすると柚が出た。脱獄犯には、仲間がいるのだろう…。その仲間に驚きの人間が含まれている。

「東房総医療センターに連れてけ」脱獄犯はそればかり。命は脱獄犯を車にのせて向かう。

菜月と村の警察官の村岡が話していて、村岡が崖から落ちてしまい、肺に損傷が。命に電話をかけて支持を仰ぎ菜月が直に肺に手を入れ処置をする。(傷口から直接手をいれて処置をするという…。命の指示)

脱獄犯は息子からの手紙を大事に持っていた。それなのになぜ脱獄するのか?

東房総医療センターに到着。
拳銃を持った1人の男が院内で脅しまわり、手を縛るように命令。

その時先ほど菜月が処置をした村岡の手術が行われていた。そこにも拳銃で脅して進入。

やがて病院内は大パニックに…。

「手術室は俺たちが占拠した。」犯人は3人と脱獄犯の計4人か。

村岡を手術しなければ死んでしまう。
「30分で手術をおわらせろ」という犯人たち。

脱獄犯は自分の子ども健太のところに来たのだった。健太は「お父さん…」と脱獄犯佐久間に向かって言う。嬉しいのだが具合が悪いので弱弱しい。健太は手術が必要だったのだ。

「6時間以内に3億用意しろ。逃走用ヘリも」犯人の目的はお金?いや違う。

命は30分で手術を終わらせようと必死。村岡の手術は無事におわる。

 

脱獄犯の息子健太は、「なんでこの病院にいるの?」と聞くと、脱獄犯佐久間は「この病院には何でも治せる医者がいるから」と…。
健太と佐久間が話している途中健太は具合が悪くなるが、命と関に助けられる。

中込院長(村田雄浩)を殴った犯人。マスクを外し、帽子をとり顔を見せるが、中込は覚えていないようだ。ところが、

「お前に全部話してもらう。医療ミスのことを」病院には何か闇があるようだ。

 

「俺の肝臓を健太に移植してくれ」という佐久間。息子の健太を助けるために脱獄してきたのだという。

脱獄犯佐久間は、家族だけいればよかった…。それなのに、健太は最初の手術後に肝不全になった。病院側の医療ミス。

犯人の1人は患者の家族だった。手術は今く行ったのに心不全といわれ亡くなってしまった。製薬会社の新薬を投与し続けためだ。

犯人たちはみんな医療ミスの家族であった。

健太の母で佐久間の妻玲子は、ガンで亡くなってしまったのだった。亡くなる前に3人は
「健太を助けてください。」お願いしていたのだった。(性格にはもう1人にもお願いしていた)

医療ミスをなかったことにする院長に恨みをもっていた犯人集団。

健太の手術を始めようとする命だが、

「今、手術をしてしまうと佐久間さんが死んでしまう…」

まさかの菜月が、犯人とグルだった。
菜月にも恨む理由があった。医療ミスをなすりつけられ自殺をしてしまった医師の有本幸夫の婚約者は菜月だったのだ。
そうなれば、柚の誘拐も菜月が仕組んだと納得できる。

「私が提案したものです。私がどうにかする」
と菜月は院長に銃を向ける。

佐久間は無理やり歩いてきて、「みんな健太のために本当にありがとう…」

と佐久間は自分で自分を撃とうとするが…。

命が手術を引き受けた。健太と佐久間両方を助けるには可能性が少ない。
途中佐久間が心停止を起こすが、必死になって心臓マッサージをする命。関に何度も「西条先生!無理ですよ」と言われても、マッサージが止められない。

もうだめだと思ったその時、佐久間の心臓が動き始める。

無事に手術は成功した。

菜月のしたことは許されない。でも、菜月を必要としている人がいる。

 

柚の手術も成功。将来は看護師さんになると…。

 

 

スポンサーリンク

「最上の命医2019」スペシャルの感想

 

たくさんの感想がある「最上の命医2019」スペシャル。また逢えるときを待ってます。

 

まとめ

今回は「最上の命医2019」スぺシャルのあらすじ・考察(ネタバレ)感想についてまとめてみました。

どうだったでしょうか?

斎藤工さんの、優しい口調が他のドラマの時とは違い新鮮な感じでした。

また、スペシャルがあるといいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です