忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

新しい生活様式の中での「三者面談」

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今回は、

新しい生活様式の中での「三者面談」の話をしたいと思います。

 

先日、

次男の中学校での三者面談があったのでその時のお話をしたいと思います。

 

不思議な空間の三者面談

次男は今中学2年生なんですけど、

緊急事態宣言があって学校がお休みになったこともあったので、

 

今回担任の先生に会うのが、10月にして初めてでした。

 

お話では聞いていたのですが、ほとんど顔もわからず

初めて担任の先生との対面となったんですね。

 

でも先生もマスクを外さないし、

私もマスクは外せないので

最後まで顔もあんまりよくわからない感じでした。

 

先生との間にアクリル板があって

ちょっと離れて私と次男が座ってる感じで、

 

言葉で言うと

不思議な空間の中での三者面談だったような気がします。

 

新しい生活様式

そしてもちろん

学校に入るときはまず大きな入り口で、

検温

消毒

検温をしましたという証明書をもらう

これを行いました。

 

教室の前でも

もう一回検温をしたという証明書を見せて消毒をして入るという形でした。

 

新型コロナになってからこのような形式になったんですね。

 

 

周りの人を見てもみんなマスクをしているので、

スポンサーリンク

正直顔が分からなかったです。

 

マスクをしていても伝わる人柄もある

でもその中でも検温をしてくれていた先生が

声がすごく明るく、

マスクをしていても人柄が伝わってきました。

 

マスクの下の顔が目がにこやかに見えて

すごく感じの良い人だったと思います。

 

マスク一つで

人の表情も見えにくくなっていることもあるのですが、

 

その中でも

表情

目の表情

というもので人柄がわかる人もいるんだと感じました。

 

でもやはり感じるのは、

マスクしたままでは、ほとんど人の顔がわからないということです。

 

子どもたちの写真でもみんなマスクをしているので、

全然顔が分からないです。

 

いつまでこの状態が続くのか…。

 

これも分かりませんが、

やっぱり人間って顔が見えないというのは

すごく生活しづらいなと個人的にその日すごく思いました。

 

まとめ

いろんな人と会って声はかけるんですが、

どこの誰かも全然わからないし

 

相手の人も知ってる人かもしれないのに

全然わからなくて、

マスクをしているのが当たり前になっているのですごく寂しいように感じました。

 

個人的な話になってしまいましたが、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.