忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

大丈夫なの?いい子ばかりの子どもたち

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、おはようございます!たえです。

今日は

『いい子ばかりの子供たちが多いけど大丈夫?』

というお話をしたいと思います。

 

今と昔の違い

前に中二病になった長男の話を

したと思うのですが、

 

そのときの長男は先生に少し反抗しただけで目立ってしまい、

『問題児』として扱われていたんです。

 

今の学校は本当にいい子が多くて、

自分の時代のことを考えると

 

授業がつまらないときに

先生に反抗したりなどは当たり前でした。

 

授業をサボったり、例えば掲示板があったら

写真やポスターにいたずら書きするなど…

 

朝学校に行くと、

教室の全部の消化器がまかれて真っ白だったり

色んな事件があったと思うんですよね。

 

でもそれは、私なんかの時代だと

当たり前のように行われていて、

その時はその時で怒られたりしますが

そんなに大ごとにはならなかったと思います。

 

でも今子供に聞くと、

例えば掲示板の絵が破れていただけで

学級集会になり

学年集会になり

大ごとになってしまうそうなんですね。

 

授業参観での出来事

① 態度が良い!

私も授業参観に行ってみたことがあるのですが、

とても子ども達の態度がいいんですよ!

 

学校内では

「どこかの誰か知らない人でも学校に来た人には、挨拶をしよう」

という決まりがあるらしくて、

 

どのお母さんに会っても大きな声で

「こんにちは!」「おはようございます!」

など態度がとても良いんです。

 

パッと見た感じ、

制服なんて全然乱れてる子はいないんですよ!

 

私の時代はメチャクチャで、

制服をちゃんと着てる人が少なかったぐらい

だったと思います。

 

ですが、今の子どもたちは、みんな規則をきちんと守っていて

授業の態度も良いんですよね。

②手をあげて発言!

授業参観だったからということもあるかもしれないのですが、

「みんなとても発言するなー!」と思いました。

 

ちゃんと、みんな手をあげるんですよね。

手をあげていないのはうちの子ぐらいで…

 

「本当にみんなわかるのかなぁ?」

と思うと分かっているんですよね。

 

勉強もちゃんと出来ていますし

態度もとても良く、

お話しせずに授業を聞いていてホントに驚きました!

 

中学からの校則

①靴下の色

次男のことなんですが、今は中学2年生で

スポンサーリンク

中学1年生のときに(小学校から中学校に上がったばかりのとき)

 

小学校の時は

靴下の色は決められてなくて自由だったのですが、

 

中学に入ると白い靴下を履くことが校則で、

 

次男は悪気もなく小学校のクセで、

白い靴下を履くのを忘れて、柄の靴下を履いて行ってしまったんですね。

 

男の子なので自分のズボンで隠れて見えないはずなのですが、

制服チェックがあったそうなんです。

 

白い靴下を忘れてしまったことで

学校の決まりで

その場で先生がストックしてある

新品の靴下持ってきて、

すぐそこで履き替えて

「次の日300円持ってきてください」

という話になってしまいました。

 

次男はそこからとても心配性になってしまって、

忘れ物などをしないように

必ず持ちものの点検をして

靴下に関しては

朝も夜も確認して出るようになってしまいました。

 

このように見ていると、

「この子たちが失敗したときに、対応できるのかな?」

「自分たちで解決できるのかな?」

など少し不安に思いました。

 

失敗できないように、失敗させないように

 

学校自体がなってしまっているので、失敗もできないんですよね。

②他クラスへの出入り

また、「他のクラスに入ってはいけない」

という決まりがあるらしくて

 

「友だちと話すときは、廊下で話さなければいけない」

のだそうです。

 

私の時代の放課後は、自分のクラスに残って

しゃべったりして、楽しかった想い出があるので、

聞いたときにビックリしました!

 

今は、放課後に残ることすらできなくて、

「放課後になったら、教室から出されて入れない」

と聞きました。

 

これはなぜか先生に聞いてみると、

「例えば物がなくなっても何も対応できないから」

という答えだったんですね。

 

将来への不安

常に監視されていて、規則がありすぎると失敗できないというか…

失敗しないように学校が作られてしまっている気がします。

 

「この子たちが大きくなったら、失敗しないで育ってしまったら将来どうなるのかな?」

 

と思った話をさせていただきました。

もっともっと、伸び伸びとできたらいいのにな~

と感じています。

 

ありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.