忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

誰にでも落ち込むことはある

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

今回は、誰にでも落ち込むことはあるっていう話をしたいと思います。

 

見た目ではわからない悩み

本当に人って見かけでは分からなくて、

何を抱えているか

何に悩んでるか

本当にわからないと思います。

 

なので、誰にでも落ち込むことはあるんだなって思った

お話をしてみたいと思います。

 

成功者は心が強いという誤解

先日私のブログとか、ライターのノウハウを

教えてくださっている指導者が、体調を崩したんじゃなくて

心のバランスを崩したという話があって、すごくびっくりしました。

 

私の中で、指導者や上に立っている人とか、

成功している人って落ち込まないっていう存在だと思っていました。

 

体調を崩すことはあっても、

心のバランスを崩すっていうことはあまりない

っていうふうに勝手に思ってたんですよね。

 

どちらかっていうと指導者なので、弱みも見せずに

落ち込む姿も見せないと思っていました。

 

私も、そんなにたくさん指導者がいるわけではないんですけど、

以前教えてもらった指導者が他にいて、

落ち込んだ時とががあるのかどうか、

それもわからないぐらいに、弱みを見せない感じがしましたね。

 

落ち込むこともあるのかどうかも、ちょっと私にはわからないですけど

常に元気で、常に指導者っていう感じのオーラが漂っていたように思います。

 

人によって落ち込む要因は全然違う

今回の心のバランスを崩してしまった指導者は、

喜怒哀楽をとにかくはっきり出す方なんですね。

 

と言っても、全然怒らないんですけど、

喜ぶ時はものすごく喜ぶ方なので、

すごく親近感が湧いて、この人に色々教えてもらおうって私も思ったんですね。

スポンサーリンク

 

その心のバランスを崩してしまった原因っていうのは、

ちょっと言うことができないんですけど、

私にとっては、その原因を

なんでそんなことで落ち込むのって…いう内容なんですよね。

 

でもその指導者にとっては、ものすごく大きい要因であって

すごく落ち込んでるんです。

 

それを見て、本当に見た目では人間ってわからなくて、

人によって落ち込む要因も全然違うっていうことを、今回感じました。

 

もちろん私も落ち込むことはありますし、

私は喜怒哀楽をもっと出せたらいいなって、

いつも思っているんですね。

 

やはり人間ってどこか我慢したり、

落ち込んでいる事をなかなか言えなかったり

っていうことがすごく多いと思います。

 

なかなか相談もできずに、人にも言えずに悩むってことが

多いんじゃないかなって思っています。

 

なので、今回のその指導者の姿を見て、

落ち込んだことに対して、その指導者が私だけじゃなくて

何人かにちゃんと話すことができたそうなので、

 

落ち込んだ時に人を頼ることは大事であって、自分で抱えないことも本当に重要だな

 

っていうふうに思いました。

 

まとめ

なので、世の中の

すごく心が強そう

いつも明るい

て思っている人でも、

 

落ち込んだりとか悩んだりっていうのはあるんだろうな

と感じたので、

 

そういうのを

生きやすくできる

何でも言い合える

そんな仲間をつくっていって、

自分の心も軽くしていくことが、

重要なんじゃないかなっていうふうに感じました。

 

今日は、誰にでも落ち込むことはあるって言うお話をさせていただきました。

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.