「できる」と「ゴールにつくまでできる」は全然違う!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんおはようございます、たえです。

今回は「できる」と「ゴールにつくまでできる」は全然違う、というお話をしたいと思います。

 

以前、「わかる」と「できる」は全然違う、というお話をしました。

でも、「できる」と「ゴールにつくまでできる」はさらにまた違う

というお話をさせていただきたいと思います。

 

これを知っているのと知らないのだと、今後の結果なども全然違ってくると思うので

参考にしていただければいいなと思います。

 

「できる」と「ゴールにつくまでできる」はどう違う?

「できる」と「ゴールにつくまでできる」というのがなぜ違うかというと、

結果が出るかどうかというのは、すべてここに詰まっているとも言えます。

 

例えば、何か良さそうな情報をゲットして、

その手にした情報を元にしてアクションを一歩踏み出したとしますよね。

 

まあ、このアクション を一歩踏み出すまでが大変なんですけれども、

そのアクションを一歩踏み出すことができた、とします。

失敗しながらも前に進み続けたとしますよね。

 

どういう時に、最初に良さそうだと思った情報どおりの結果になるかというと、

行動を継続できたときに初めて、最初に自分が予想していたとおりの結果になるんです。

 

成功できる人とできない人の差

今は本当に色んな情報がネットで飛び交っていますよね。

例えば、いい情報だと思って手に入れた情報どおりの 現実が自分に起こらないとします。

 

それは何がいけないかというと、

やっていない行動があるということなんですね。

 

例えば、

知った内容をできるようにする行動を取っていない

行動を取ったけど現実に起こるまで継続ができなかった

シンプルなんですけどこれだけなんですね。

 

言うのは簡単なんですけど、継続するということは本当に難しいということなんですよね。

スポンサーリンク

 

だから結果も人によって差が出ちゃう、ということになります。

結果が出るまで継続できた人

途中でやめちゃった人

というのは全然変わってくるということなんですね。

 

例を挙げると、

ネットビジネスの一つとしてブログを作って収益化するという方法があったとします。

 

でもここでほとんどの人がブログを作るという行動すら取らないと言われています。

 

ブログを作らないと、ブログからの収益は得られないということですよね。

「ブログを作ってこういう方法で運営したら月10万稼げますよ」、

という方法どおりに、結果が出るまで継続できるという人はほぼいないということなんです。

 

継続が大事

なので、継続するということがなかなかできないということなんですね。

これを理解できると何でもできてしまうと思います。

「やれば」じゃなくて「やり続けられれば」ということなんですね。

 

「やれば」を「結果が出るまでやり続けることができれば」に変えると成功ができる

 

ということなんです。

 

口で言うと簡単なんですけれども、

中途半端にやって終わってしまったっていう人は

結果も中途半端になってしまうということなんですね。

 

「できる」と「目標を達成するまで継続できる」ということは全く別物という話で、

これが理解出来ていれば、

何か新しいスキルを身につけたりチャレンジするときでも成功することができます。

 

まとめ

この、「ゴールにつくまでできる」というのは、

目標を達成するまで継続し続けられるということなので、

「できる」と「ゴールにつくまでできる」というのは全く違うというお話でした。

 

今回は以上になります。

何か参考にしていただければと思います。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です