知っていると得をする!!デジタル終活が現代社会に必要な理由とは??

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!ライターのさゆりです。

小学生のときからインターネットにハマっているアラサーママです。

もう、パソコンやスマホが無い生活は考えられません・・・。

 

そんな私に語りかけるように、先日テレビで“デジタル終活”について放送していたのですが、

みなさんは、“デジタル終活”ってご存じですか?

デジタル終活って何?

今からした方が良いの?

具体的に何をするの?

って思われる方が多いのではないでしょうか。

私は初めて聞いたとき「パソコンやスマホで終活ができるの?」って思ったんですが、

全然違いました(汗)

終活って色々なものがあるのですね~!

 

デジタル終活をしている人はなんと4%ほどだそうです。

そのため、トラブルも多く起きているようです。

 

もし自分が居なくなったとき、パソコンやスマホって

家族であってもしばらくの間は何もできないんですね。

亡くなった方のIDやパスワードを無断で使うことは不正使用として、場合によっては犯罪になってしまうこともあります。

 

インターネットのある環境が当たり前となった今“デジタル終活”を知っていることが、

自分のためにも家族のためにも、トラブルを起こさないためにも、

すごく大切だなと感じましたので、是非是非みなさんにも知っていただきたいと思います。

 

デジタル終活とは

デジタルっていうのは、パソコンやスマートフォンのことなのですが、

まさにそのデジタル遺品の整理をしておくおことを「デジタル終活」といいます。

 

デジタル遺品というのは、パソコンやスマートフォンに遺されたデータや、

インターネット上の登録している情報のことです。例えば、

  • 動画、写真
  • 家族や友人の連絡先
  • 日記やスケジュール
  • SNSのアカウント
  • ネットショッピングを利用したときのクレジットカード情報
  • ネット銀行やネット証券の情報
  • ネットサービスのIDやパスワード

など、インターネットが普及しているからこそ、その種類はたくさんあります。

 

私はスマートフォンでキャッシュレス決済をすることが多いのですが、

財布を持たずに買い物に行けるしすごい便利ですよね~!

ですが、その分情報を登録しているのですよね・・・。

 

そんな情報が入っているとは知らず、家族がデジタル機器をそのまま処分してしまうと、

個人情報が流出してしまうかもしれません。

 

実際のトラブル例

旦那さんが、FXや株にパソコンを使って投資をしていたのですが、突然亡くなってしまいました。

数カ月経ったころ、突然投資会社から500万円を超える請求書が届きました

パソコンは処分してしまってどんな取引をしていたかなど分からないのに、

借りたお金も相続となってしまうため、お金を払わなければいけません。

 

遺された家族が、想像もしていなかったような被害に遭うかもしれないので、デジタル終活というのは本当に大切です。

 

デジタル終活は必要?

デジタル終活は、大切な家族や自分自身のためにも大変必要なことです!

 

まず、どんなデジタル遺品を使っているか把握することが大切です。

 

どんなSNSを使っていますか?どこにクレジット情報を登録していますか?

どんなインターネットサービスを使っていますか?そのIDやパスワードは直ぐに分かりますか?

 

これらが分からないまま持ち主が居なくなってしまうと、

スポンサーリンク

亡くなった方のSNSアカウントを削除したいけどどうしたらいいのだろう?

有料サービスの登録状況を確認したいけどどうしたらいいのだろう?

亡くなった方が大切にしていた写真を復旧して保存しておきたい。

など、遺された大切な家族が困ることってたくさんあるのですね。

 

しかも、自分自身が困る場合もありませんか・・・?

実は私、会社用のiPadで使用していたIDやパスワードを忘れてしまって、

育休に入る前に引き継ぎをするとき、初期化すらできずにアップルに問い合わせたりと、

かなり大変な思いをしました。もう2度とあんな思いはしたくありません。。

 

だからこそ今からデジタル終活をする必要がありますよね。

デジタル終活って終活のひとつですが、

デジタル機器やインターネットを使ったりしているすべての人に関わりのあることなのです。

 

デジタル終活のやり方

デジタル終活では、

  1. パソコンやスマートフォンを開くパスワードを教えておく
  2. データの保存場所の整理
  3. デジタル遺品をどうしたいかを決める

この3つから始めていくと良いと思います。

①パソコンやスマートフォンを開くパスワードを教えておく

これが無ければパソコンやスマートフォンを開くことすらできないので、

必ず家族だけには分かるようにしておきましょう!

パスワード解除の専門の業者さんなどもいるのですが、2万円以上するみたいです・・・。

パスワードを教えておくだけで時間もお金もかからないので、ご家族のためになることのひとつですよね♪

②データの保存場所の整理

そして、デジタル遺品のリスト化をしてみましょう!

きっと、たくさんの項目がでてくるかなと思います。

一気にリスト化しようと思うと大変なので、大切なものから思い出していくと良いですね。

特にお金のかかるものは大切です。

 

例えば、月額料金のかかるアプリやネット動画サービスなどがありますよね。

あとは、ネット口座やネット証券はお金が関わってくるので必ずリスト化しておきましょう!

 

これらには必ずIDやパスワードが必要なので、整理して家族だけが分かるように教えることも大切です。

メモなどで残すと、万が一泥棒に盗まれて個人情報が流出してしまうかもしれませんので、

誰でも見れる場所などに保管することは危険です。

③デジタル遺品をどうしたいかを決める

例えば、

  • ネットサービスは解約してほしい
  • このデータは削除してほしい
  • この証券は誰に相続する

などですね。

ネット銀行やネット証券は通帳や証券など紙の書類が無いので、

必ず残された家族に分かるようにしておかなければ、先ほどご紹介したトラブル事例のようになる可能性があります。

 

また、動画や写真を「必要なもの」と「不要なもの」にフォルダ分けするだけでも整理する家族は助かりますよね!

 

見られたくないデータや、もう不要なSNSのアカウントなどは、

不要になった時点で自分で処分しておく方がいいかもしれないですね。

 

まとめ

デジタル終活とは

デジタル遺品(パソコンやスマートフォンに遺されたデータや、インターネット上の登録している情報)を整理をしておくことを言います。

デジタル終活は必要?

デジタル機器やインターネットを使ったりしているすべての人に関わりのあることです。

大切な家族や自分自身のためにも、今から始めておくべきですよね。

デジタル終活のやり方

  1. パソコンやスマートフォンを開くパスワードを教えておく
  2. データの保存場所の整理
  3. データをどう処理するかの方法を決める

この3つから始めていくといいですね。

 

デジタル遺品、書き出してみるとたくさんあると思います。

最初から「すべて漏れなく書き出さなければ!」と思うと大変なので、

大切なところから、まずは始めてみてはいかがでしょうか?

 

大切な家族のためにやっておきたい「デジタル終活」は、

自分の覚え書きとしてもすごく便利なものになって、今からでもご活用いただけると思いますよ~!

 

そして定期的に見直したり、更新していくことも忘れないでくださいね♪

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です