忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

「エモい」ってどういう意味?使い方は?「やばい」と違うの?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちは。flowerです。

今日は、「エモい」という言葉をみつけました。
最近の新しい言葉だとは思うのですが、
40も半ばを過ぎた、昭和生まれのおばちゃんには何のことだかさっぱりわかりません。
ということで、「エモい」について調べてみました。
若い人は、「知ってるよ~」と言われてしまうかもしれませんが、私のようになんだか全然わからない人、ちょっとお付き合いくださいね。


「エモい」とはどんな意味がある?使い方は?

「エモい」そもそもどんな語源なのでしょうか?
何かの言葉を略した感じがしますね。また、使い方もどのようなときに、どのような場面で使うのでしょうか?

「エモい」語源は?

「エモい」の語源は英語でemotion(エモーション)という言葉がありますよね。
どうやら、そこから来ているようです。
エモーションには、感情、感動という意味があります。
エモーションを略して「い」をつけて、コギャル用語にしたものが、「エモい」だそうです。

  • 「寂しいような悲しいような気持ち」
  • 「じわじわくる」
  • 「なんかいい感じ」
  • 「感情に訴えかける」
    を表すのだそうです。
    何かの言葉を略して「い」をつけるのは、今どきの言葉の特徴かもしれませんね。何となく、意味はつかめて来ました。

「エモい」ってどうやって使う?

実際に使うとなると、難しいですよね。
ここでは、いくつか「エモい」をつかった例を見ていきましょう。

スポンサーリンク

  • このバンドエモい。→なんか訴えかけているみたいな感じ。
  • 〇〇君の写真エモい。→興奮したという気持ち。
  • 懐かしい写真をみたときに、うわ~エモい。→懐かしい、切ないような感じ。
  • この歌詞エモい~。言葉にできない感じ。

などのように、「音楽」「風景」などに多く使われているようですね。
「感情が動かされる」ことがポイントのようですね。

スポンサーリンク

やばいとは違うの?似たような言葉はある?

やばいは、エモいよりもよく聞くような気がしますが、やばいとエモいは違うのでしょうか?
また、他にはどんな言葉があるのか気になって調べてみました。

やばいとエモい

やばいの本来の意味は、「危険、不都合なことが予測される。危ない」
という意味です。

マイナスなときに使う言葉なのですが、実際にはプラスにもマイナスなときにも使われているような気がします。
「すごい!」ときにも「これやばくない?」などと使われていますよね。
そうすると、「やばい」も「エモい」も同じなのではないかと思うのですが…

 

やばいとエモいの違い

またまた、調べ続けてみた結果、違いに気が付きました。
「やばい」は、結構広範囲で使われています。どんな場面でもすぐに出てきます。

「エモい」は、「この歌詞エモい」のように、感情が入っているものに使われていますね。
あと風景などにも「エモい」が使われていますね。

 

「やばい」は広範囲で使用。

「エモい」は、感情、風景など限定。ではないでしょうか。

まとめ

「エモい」初めて聞いたので調べてみましたが、最近の言葉は難しいですね~。
おばさんには、全く分かりませんでしたが、これからまた、どんな新しい言葉が出るか楽しみです。

もし、新しい言葉が出てきたら教えてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2018 All Rights Reserved.