エンディングノートの書き方と必要性!あなたと大切な人の安心将来設計

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

ライターの「さち」です。

 

子育てもほぼ完了し、本業の傍らライターをしている40代の

シングルマザーです。

大切な身近な家族を亡くした経験から、終活というものに興味を持ち始めました。

 

最近は「終活」や「エンディングノート」という言葉を、

耳にする機会もだいぶ増えてきて名前だけは知ってる方も多いかと思います。

エンディングノートの書き方や、どんな場面で必要なのかなどは

まだまだ知られていないと思います。

 

人間には、必ず訪れる「死」というもがあります。

でもそれは「いつ? どこで? 誰に?」訪れるのかは、誰にも分からないですよね。

もし大切な家族が… もし自分が… 

その時あなたは、大切な人はどうしたいのでしょう…?

 

そこで今回は

「エンディングノートの必要性」

「エンディングノートの書き方」

なども併せてお話していきたいと思います。

 

そろそろ自分自身の終活をお考えの方や、ご両親の終活をとお考えの方は

 

ぜひここで一緒に学んで行きましょう。

 

 

「エンディングノートの必要性」

ソース画像を表示

ではどうしてエンディングノートが必要なのでしょう?

「なぜ?誰のために?」そんな疑問を解決して行きましょう。

 

現実では病気などで、ある日突然意識を失ったり、一言も言葉を発せられないままに

最期を迎える事もあります。いつ・どこで・なにがあるか」は誰にも分かりませんよね。

自分や大切な人のそんな姿を想像したら、淋しいし悔しいと思いませんか?

 

でもエンディングノートを作成しておく事で、自分自身や大切な人が

そのような状況になった場合でも、

家族や友人に思いを伝えたり、希望する生き方が叶えられる

 

という事です。

 

また、身近な家族であるはずなのに、いざその時が来た時に、

何が何処にあるのか分からないという事は本当に多いと思います。

 

何かあった時に困るのは、残された家族だったりします。

エンディングノートは、「家族への思いやり」でもあるんです。

 

なので「エンディングノート」は

残された家族に迷惑をかけない為

自分自身の思いを伝える為

にとても必要なノートだと感じます。

 

 

「エンディングノートの書き方」~内容編~

ソース画像を表示

さて、実際書き始めようとしてみると、なかなか何を書いていいのか

思い浮かばないのではないでしょうか?

ここでは、内容的に記載することを挙げてみます。

1.自分の基本情報について

  • 生年月日
  • 本籍地
  • 血液型
  • 家族
  • マイナンバー
  • 運転免許証番号、健康保険証番号
  • 性格
  • 仲の良い友人・連絡先
  • 趣味・特技
  • 好きな食べ物

2.財産・資産について

  • 預貯金の保管場所
  • 金庫などに保管している現金
  • 不動産情報
  • 有価証券
  • 貴金属の保管場所
  • 相続・遺言書について
  • 形見分けリスト

3.ペットについて

  • 残されたペットを引き取り、きちんと世話をしてくれる人
  • ペットの性格や好き嫌い、病歴

4.医療・介護について

  • 延命措置を希望するのか
  • 意思疎通ができなくなった場合介護の事や費用捻出方法、アレルギーや持病、常備薬

5.葬儀・お墓について

  • 信仰する宗教
  • 葬儀の方法(密葬・家族葬など)
  • 納骨の方法・場所
  • お墓について
  • 遺影に使う写真

6.メッセージ

  • 家族や親族との思い出や感謝の気持ち
  • 友人へ向けた思い出や感謝の気持ち

パスワードや通帳の保管場所など重要な情報が満載ですので厳重に保管しましょう。

エンディングノートは書いたら終わりという訳ではないので、

定期的に見直して、

心境の変化

身体的変化

資産状況

など、変化があった時には書き直す事をお勧めします。

 

じっくり時間をかけて書いて行くのがいいかも知れないですね!

スポンサーリンク

 

「エンディングノートの書き方」と「人気のエンディングノート」

書き方 画像 に対する画像結果

次に「エンディングノートの書き方」ですが、「エンディングノートの書き方」に

 

特に決まりはありませんので、自由に書く事ができます。

 

なので、シンプルなエンディングノートを作るもいいですし、

オリジナルのエンディングノート作りに挑戦してみるのもいいかも知れません。

日記のように書く

PCやスマホを使って書く

写真を添付して書く

でも全然OKなんです。

 

「自分が死んだ後または死の間際に当たって自分の思いを伝える」

 

という事が、一番重要だと思います。

 

書きやすい項目から書き始めて、一度にすべての項目を書かなくても大丈夫です。

今の時点であまり考えたくない内容は、気持ちが明確になった時に書けばいいのです。

 

自分が書きたい項目からと気負わずに、ご自身のペースでゆっくり書き進めていきましょう。

 

また、保管場所には注意が必要です

 

個人情報も書いてあるので、誰にでも見れるような場所はあまり良くないのですが、

分かりにくい場所に保管してしまい、見つけられないようでは意味が無いですよね!

 

エンディングノートを書いている事や、保管方法を家族に伝えておく事も

意識しておいた方が良いと思います。

「エンディングノート」人気ランキング

「エンディングノート」も様々なものが売られているので、人気のあるものを

何点か紹介しておきます。

1位 「もしもの時に役立つノート」コクヨ

2位「My Life これまでとこれから 自分史年表+エンディングノート 令和版」 K&Bパブリッシャーズ

3位「書いて安心 エンディングノート」主婦の友社

4位「もしものときのエンディングノート」 二見書房

5位「もしものとき、身近な人が困らないエンディングノート 令和版」宝島社

いろいろと種類があって迷ってしまうかも知れませんが、

目的に合わせて選ぶ

伝えたい内容で選ぶ

ボリュームと価格で選ぶ

解説の量と分かりやすさで選ぶ

使いやすさで選ぶ

ご自分の用途に合わせて選ぶと書きやすいと思います。

 

まとめ

「エンディングノートの必要性」

「エンディングノート」は、家族や友人に思いを伝えたり、希望する生き方が叶えられる

「エンディングノート」は、「家族への思いやり」の意味を持った必要なノート!!!

「エンディングノートの書き方」~内容編~

1.自分の基本情報

2.財産・資産

3.ペット

4.医療・介護

5.葬儀・お墓

6.メッセージ

などについて書いておくといい!!!

「エンディングノートの書き方」

「エンディングノートの書き方には、特に決まりはないので、自由に書く事ができる。

日記のように書く

PCやスマホを使って書く

写真を添付して書く

など、自分の書きたいように書いてOK!!!

 

ただし、個人情報などの大切な情報が書いてあるので保管場所には十分注意する!!!

 

「エンディングノート」は様々なものが売られているので、

自分の用途に合わせて選ぶと書きやすい!!!

大切な人に先立たれ、残された人の悲しみや喪失感は、到底言葉では表せず、

長く長く続くものです。

 

でも、故人の望みに寄り添った最後の送り出しが出来たら、

悲しみを乗り越えるきっかけになると思います。

自分の最後のメッセージを、大切な人へ届けてみてはいかがでしょうか?

 

今回も最後までご覧頂き有難うございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です