ごめんなさいやありがとうと言える人は人としてレベルが高い

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんおはようございます。 たえです。

今回は、ごめんなさいやありがとうと言える人は、

人としてレベルが高いというお話をしたいと思います。

 

ごめんなさいとかありがとうは、何気ない言葉だと思いますが、

なかなか素直に言えない人が多いと思います。

 

なので今回は、そのごめんなさいやありがとうという言葉について、

お話ししたいと思います。

 

ごめんなさいという言葉

まず、ごめんなさいという言葉は、

自分が悪いことをした時とか

自分が失敗した時とか

自分に非があるとき

に使う言葉です。

 

でも、この、ごめんなさいという言葉を、

なかなか言えない人は、多いのではないでしょうか。

 

それは、自分が悪いと認められないので、

自分が悪くないように、話をもっていって、謝らないという感じですね。

 

自分が悪いということを素直に認められない人や、 自分は悪くないので、絶対謝らないという人は、伸びないというふうに言われています。

 

なので、自分に非があったら、素直に謝ることが大事ではないかなと思います。

 

相手が不快に思った時に、ごめんなさいという言葉がすぐ出る人は、

相手よりも上の立場で物事が見えていると言われています。

 

というのは、感情的になったり、

自分は悪くない、相手が悪いという感じに、

相手のことを攻めているって言うことが多いです。

 

ちょっと言い方は悪いかもしれないのですが、

感情的になっている人のことを、残念な人だなと思って、

率先して、ごめんなさいと言った方がいいかもしれません。

 

それはなぜかというと、謝るか、謝らないかというのに、

悩むのには、すごくエネルギーがかかるのですね。

 

ごめんなさいと謝ったことで、

相手が納得してくれたり、その場が収まれば、

 

それでいいのではないかなというふうに、私は思います。

 

謝るか、謝らないかで悩むことは、

心のエネルギーをものすごく使うと思います。

 

心のエネルギーは繊細なので、謝るか、謝らないかということで、

無駄にエネルギーを消費している場合ではないと、思うのですね。

 

なので、エネルギーを使わない意味でも、

すぐにごめんなさいと言える人は、レベルが高い人だと思っています。

 

ありがとうという言葉

次に、ありがとうという言葉なのですが、

ありがとうという言葉は、漢字で書くと、有り難しと書いて、

スポンサーリンク

有るのが難しいと書きますよね。

 

有るのが難しいと思っていない人は、

ありがとうという言葉を言わないのです。

 

ありがとうの反対言葉は、実は当たり前なのですよね。

 

なので、やってもらって当たり前という心のある人は、

ありがとうという言葉を、使わないという人が多いです。

 

何でも当たり前というものではなくて、

少しの事でも、謙虚になって、ありがとうと言うべきだと思います。

 

当たり前という言葉があるのですが、

実は、当たり前ということは、ないのかもしれません。

 

なので、何かをしてもらった時とか、

本当に感謝をするべきなのではないかなというふうに、私は思います。

 

言葉はプレゼントとして、確実に返ってくるという話があるのですけど、

ありがとうという言葉を伝えていると、

ありがとうの言葉って、プレゼントとして、相手から返ってくるのですよね。

 

例えば、あまり、ありがとうって言わない人であっても、

毎日何かありがとうと、言い続けることによって、

だんだん、ありがとうと、言ってもらえるようになると思います。

 

なので、何事も当たり前には思わずに、

何かしてもらったら、ありがとうと、

自分が発するハードルを下げておくと、すごく良いのではないかと思います。

 

相手にちゃんと、ありがとうという言葉を伝えられるようにしておくと、

自分に良い循環が、回ってくるっていう、返報性の原理でもあります。

 

 

すみませんという言葉

少し話しがそれるのですが、すみませんという言葉がありますよね。

これは、もったいない言葉だなと思います。

 

便利な言葉で、ごめんなさいにもありがとうにも使えますが、

すみませんって言われて、あまり嬉しい人はいないと思うのですね。

 

なので、すみませんと言ってしまった時には、

すみませんの後にありがとうとか、

ありがとうという言葉を、ちゃんと伝えたほうが良いかなというふうに思いました。

 

まとめ

今回は、ありがとう、ごめんなさいと言える人は、

人としてレベルが高い、という話をさせて頂きました。

 

普段、何気ない言葉なのですが、

その言葉自身が、自分を作っているので、

心掛けて使うと良いのではないかな、というふうに感じました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です