忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

母と梅干しとトマト

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

今回は、

母と梅干しとトマトってお話をしたいと思います。

 

母が亡くなる前にやりきった梅干し作り

母のこだわりの中で、毎年、梅干しを漬けるっていう事がありました。

 

母が亡くなった年っていうのは、

体力も弱ってましたし、ほとんど横になっていることが多かったので、

まさか、あんな力のいる梅干し作りをするとは思わなかったです。

 

でも、梅干し作りをやったんですよね。

それがちょっとビックリしたのでお話ししたいと思います。

 

母は梅干しを買うのが好きじゃなくて、

買った味があんまり好きじゃないって言って、自分で毎年漬けてました。

 

癌で亡くなってしまう年も、

確か、亡くなるちょっと前が、梅干しを仕込み始める時期だったと思うんですね。

 

本当にもう癌の末期になっていたのですが、

今みたいに、「あなたは癌です」みたいなはっきりとした告知って、

その時は無くて、母自身、癌ということを伝えられていませんでした

分かってたか、

分かってないか

っていうのは、ちょっと母に聞いてみないとわからないんですけど、

まぁ、分かっていても、信じたくはなかったと思います。

 

なので、気力でやったのかもしれないんですけれども、

その年は、梅をちゃんと注文してて、

周りの、私とか父が驚いたぐらいでした。

 

「今年もやるの?」って、「そんな体で?」とは言えないですけど、

梅干しって力もいるし、

手間もかかるし、

結構大変なのに、

「あー、やるんだー!?」って二人でビックリしたのを覚えてます。

 

でも、やるとなると元気になって、その工程をやりきったんですよね。

スポンサーリンク

 

ちゃんと梅干として、たくさん残って、

みんなで分けて、何年か食べられた思い出があります。

 

トマトは母からのプレゼント

もう1つ、トマトの話なんですけど、

元々母は

農家の生まれなので、

野菜作りとかすごく好きで、

でも、自宅の方はそんなに敷地も無かったので、

狭い所でトマトを植えてました

 

と言っても、苗を買ってきて植えただけなんですけど、

母は、水やりとか、そういうのはすごく一生懸命やってたんですね。

 

そのトマトが不思議で、

母が亡くなってしまった後に、すんごい量の実をつけるようになったんですよね。

 

本当に、今でも思い出すとビックリするようなことで、

採っても採っても、また新しい実をつけてくれるんですよね。

 

そんなトマトって私見たことなくて、

採っても採ってもまた新しい実が出来て、

何か食べると、

母みたいで切なくて、

なんか悲しくなっちゃいました。

 

でも、また実がなってくれるっていうのは、

すごいなーって思って、不思議で、

「これは母からのプレゼントだったんじゃないかなー」っていうふうに、思っています。

 

 

まとめ

なんかすごく、

今になってこう思える出来事の2つでした。

 

本当、トマトに関しては、

実をつけてくれる間は、

まだ母が生きているような気がして、

今度は、枯れてしまうのがすごく悲しかったような気がします。

 

今日は、ちょっとその話を思い出したので、個人的な話ですがさせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.