比較するなら他人ではなくて過去の自分

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

皆さんおはようございます!たえです。

 

今日は、比較するなら他人ではなくて過去の自分にしよう!

っていう話をしたいと思います。

 

人は、どうしても他人と自分を比べる習慣や癖があると思います。

でも、他人と比べることっていいことではないですよね。

 

今回は、そのお話をしていきたいと思います。

 

「相対的評価」と「絶対的評価」

少し難しい言葉で言うと、

 

他人と比べることを相対的評価

過去の自分と比べることを絶対的評価

 

と言います。

相対的評価とは?

周りと自分を比べる相対的評価をやると、

大抵は自分よりすごい人を見つけてしまいませんか?

 

他人と自分を比べたときに

大体は自分よりすごいことをやっている人を見つけてしまって、

余計に「自分がダメだ…」って悲観してしまうため

相対的評価は良くないという風に思います。

絶対的評価

絶対的評価は、過去の自分と比べる事になります。

 

過去の自分といっても、

昔に賞をとったことや、成功したことなどと比べるのではありません。

 

例えば最近始めた勉強などが、

1週間だったり1ヶ月だったり、

更に2ヶ月だったり半年だったり継続できた

とします。

 

その1週間前を思い出してみてください。

 

1週間前にゼロから始まってるので、長期間継続できたということは、

とても前進できているということですよね。

 

 

これってすごく自信を持って良いことだと思いますし、

1週間だけではなくて、1ヶ月2ヶ月続いていけたら、

「想像しただけでもすごいんじゃないかな~」って思います。

 

ただ、このときに注意してほしいのが、

比べるときは必ず過去の自分と比べることです。

 

ここで他人と比べる相対的評価をしてしまうと、同じように勉強などを継続したとしても、

自分より上回っている人と比べて「自分ってダメなんだな…」って思ってしまうので、

絶対的評価で、過去の自分と比べるようにすると良いのです。

 

自分で自分を褒めなきゃいけない理由

絶対的評価を大切にするべき理由についてもお話します。

 

最近では、自分の周りに自分を褒めてくださる方っていうのは

あんまりいないですよね。

 

子供の頃は、褒めて褒めて伸ばすということがあると思いますが、

大人になると、どうしても褒めてくれる人にはなかなか出会えないと思います。

 

そのため、自分で気づいて自分自身を褒めてあげないと、

気分が盛り上がったり、次のチャレンジへのパワーが湧いてこないですよね。

 

だから、過去の自分と比べて今の自分はどうなのかっていうこと考えて、

過去の自分よりも少しでも続いていたら絶対成長しているので、

褒めてあげなきゃダメだということです。

 

でも、もし周りで自分をすごく褒めてくれる人がいたら、すごく貴重な人だと思います。

そういう人はなかなかいないと思うので、絶対に手放してはいけません。

 

逆に、自分が頑張っているのに、悪いところばっかり見つけて

重箱の隅をつつくように指摘してくる人がいるとしたら、

その人とは離れたほうがいいと思います。

 

まとめ

今回は、人はどうしても他人と比べる習慣や癖があるので、

比べるのは過去の自分にして、

絶対的評価をすることが大事

ということをお話しさせていただきました。

 

どうもありがとうございました!

*************************************************************************************************

私はWebライターで月収30万を稼ぐことが出来ました。

どこにでもいる平凡な主婦です。

現在は人間関係に悩まずに、ストレスもなく、時間にも縛られることがなく

働くことが出来ています。

 

でも、在宅で稼ぎたいと思って始めたブログを挫折しましたし、機械音痴で何も取り柄も強みもありません。

そこで出会った「Webライター」という仕事を始めても、

最初は案件を取ることすら出来ませんでした。

でも、「ブログに挫折したのだから今度は辞めるわけには行かない」

と継続をし続けたことによって、

月に10万→15万→20万→30万と稼げるようになりました。

 

そんな過程を下記の記事で公開しています。

月収30万を稼ぐ主婦ライターたえのプロフィール

 

「無料で学べるWebライター7日間集中講座」のメルマガはこちらから

 

「サポートに興味がある」という方は

下記のお問い合わせ欄から「お名前・メールアドレス・サポート興味あり」と入れて頂ければ、

詳細についてこちらからお伝えします。

お問い合わせ

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です