ドライフラワーの作り方とは? 〜失敗しない方法4選紹介します!〜

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

こんにちは、ライターのナナです。

 

私は関東で歌を歌う仕事や音楽の仕事をしていましたが、

今年父の介護が必要となり在宅が多くなってきたため

ライターとしても活動しています。

 

今日は、

ドライフラワーの作り方について書いていこうと思います!

 

 

私の実家は母がイギリスのアンティークが好きで、家具や小物がたくさんあり

庭にはバラが満開になるバラのアーチもあります。

 

なのでバラをひっくり返して吊るして 笑、

よくドライフラワーにする光景を実家で見てきました。でも…

自分が作ろうと思っても意外と難しいですよね。

そこで今日の記事は、

・ドライフラワーの作り方や色々な方法・手順

・どんなお花や葉や実が、ドライフラワーに向いているのか?

・どのくらいの期間楽しめることができるのか?

こういったドライフラワーについての基本的な知識をリサーチし、

書いていきたいと思います!

 

・「アンティークな雰囲気を出すお洒落なドライフラワーを、とりあえず作ってはいたけど、

いつもなんか失敗しちゃうな〜…」

・「うまく作ることができない〜」

そんな悩みを持った人、必見です!

 

ドライフラワーでも色々な下準備があったり…

ドライフラワーに向かないお花、向いているお花などもあったり…

 

これを知っておくと、

失敗をせず、理想的なドライフラワーを作ることができるかもしれませんね。

 

お花をまた違ったスタイルで楽しむことができる、ドライフラワー。

ただひっくり返して吊るせばいいのではありません!笑。(私はそう思っていました。笑)

 

少しでもこの記事でドライフラワーの作り方を知ってもらって、

皆さんに楽しんでもらえたらと思います。

 

ドライフラワーの作り方 〜主な方法4選〜

早速、ドライフラワーにするにはどういった方法があるのでしょうか?

調べていきたいと思います。

 

主に

・ハンギング法

・シリカゲル(乾燥材)法

・ドライインウォーター法

・グリセリン法

この4つが主流で、一番ドライフラワーといえば思い浮かぶのは

お花を麻紐などで縛って吊るす、ハンギング法ではないでしょうか。

 

一番手軽にできて、難しくないように感じます。

 

ハンギング法も、下準備もしっかり行えば綺麗にドライフラワーを作ることができます。

そしてお花によってそれぞれ適した方法がありますので

一つずつ解説しながらみていきましょう!

ハンギング法

まず吊るす前に、

風が通りやすくするため、重なっている花弁や葉、傷んでいるものもあれば一緒に取り除きます。

(水分を多く含んでいるのは葉の部分といえます。)

 

バラはハンギング法に向いていますが、

白や淡いピンクは乾燥させすぎることにより茶色っぽくなるので、

少し注意が必要です。

赤や濃い紫などは乾燥させると濃くなり、黒っぽくなります。

 

おすすめのバラの色は濃いピンクや黄色、紫色です。

 

長さを必要な長さ、お好みの長さにカットしておきます。

この時に麻紐で縛るところに葉や枝がある場合は一緒にカットしておきましょう。

 

そして麻紐などの紐で縛っていきます!

乾燥すると茎が細くなるので、落ちてこないようにきつく縛るのがポイントです!

 

風通しの良い日光が当たらない場所に吊るしましょう。

なるべく花と花の間隔を離すようにするとGOODです。

このまま約2週間ほど乾燥させます。

 

ちなみにドライフラワーの乾燥に良いとされる時期は

春と秋〜冬にかけてが良いとされます。

その時の気候や温度によって変わってきますので、

時々様子をみて

お花がカサカサと乾燥してきて、花や葉が少し縮んで色が濃くなってきたら乾燥終了です!

シリカゲル(乾燥材)法

鮮やかな花の色を保ちたい時にこのシリカゲル法がおすすめです!

 

ハンギング法ではいい感じの花弁の色落ち具合が、アンティーク感がでていいのですが

色も鮮やかなままドライフラワーにしたい時にできる方法があるんです!

 

まず花首の2cmくらい下でお花をカットします。

タッパや密閉容器にシリカゲル(乾燥材)を敷いて、その上にお花を置きます。

置いたお花の上から優しくシリカゲルをかけて完全に見えなくなるまで埋めます。

 

蓋をして1週間ほど置いておきます。

色鮮やかなままお花をドライフラワーにできちゃいます!

 

 

1週間も待てない!という方はなんと電子レンジでもできるそうです!

先程の工程をしたら蓋をせずに500wで1分ほど加熱するのを、

何度か様子をみながら繰り返し行うだけです。

温めすぎると花が焦げるので注意です!

 

 

ハンギング法では難しいビオラクリスマスローズクレチマスなどのお花も

ほとんど形を変えずに出来上がります

 

シリカゲル法は茎や葉を切り落として花弁だけをドライにするので、

花そのままをドライフラワーにしたいという時は向いていません。

 

そしてシリカゲル法で作成したドライフラワーはできたらすぐに

密閉容器やレジンやハーバリウムに入れて、乾燥状態を保つ必要があります。

そうしないと色がすぐに褪せてしまうんです。

 

空気に触れるとだめになるのでリースなどには向いていないですね。

ドライインウォーター法

ドライインウォーター法は少量の水にお花を挿し、少しずつ蒸発させて

水を抜いていく方法です。

1〜5cmほど水を入れた瓶にお花を挿しましょう。1〜2週間で蒸発します。

 

ハンギング法とは違い、丸い形やふんわりした感じも残せるので

かすみ草や紫陽花などの小さなお花がついているお花は

ドライインウォーター法にとっても向いています。

 

水がなくなっても花瓶に挿し続ければOKです!

簡単な方法なので始めやすいですが、ハンギング法と同様乾燥するまでに時間がかかるので

お花の色が悪くなってしまう可能性が高いので注意が必要です。

グリセリン法

薬局に売っているグリセリン1に対し、熱湯3の割合の溶液を作り、

葉や実などを浸します。

 

ホコリなどが入らないようにラップなどをして蓋をしましょう。

1週間ほどしたら液から取り出し拭き取ります。

 

またグリセリンを吸い上げる方法もあって、溶液を同様に作り冷めたら

溶液にお花を挿して冷暗所に保管します。

 

1週間〜10日ほどで溶液がお花の花弁や葉に染み出してきたら完成です。

 

他の方法に比べたらなかなか手間がかかる方法ですが、

お花のボリュームや生花の鮮やかな色もそのままキープしたまま、

ドライフラワーにできます。

 

吸い上げる方法でのポイントは、咲き始めの元気なお花を使うことがポイントです!

 

吸い上げをしやすくするために、茎に切り込みを入れてあげるのも一工夫です。

古いお花を使うと吸い上げがうまく行かずに失敗してしまう恐れがあります。

 

ドライフラワーに向いているお花と向かないお花とは??

代表的なのは上記でも登場したバラです。

バラは色の種類も豊富で、年中出回っているお花なので自分のお気に入りの品種や色を集めて

 

ドライフラワーのコレクションにしても楽しいかもしれませんね。

ハンギング法シリカゲル法が適しています。

 

バラの他に、

紫陽花スターチスミモザケイトウかすみ草コットンツリーラベンダーユーカリ

ビオラ千日紅などたくさんあります。

 

ドライフラワーにしたあと、どういうふうにアレンジするかをイメージして

どんなお花をドライフラワーにするのかを決めて作るのもとっても楽しいですよね。

 

さて逆にどんなお花がドライフラワーに向いていないのでしょうか?

チューリップ椿百合カラー多肉植物など水分を多く含む花は

乾燥にとても時間がかかり、完了するまでに花弁の色が悪くなるため向いていません。

 

さらに小さなお花がついているオオイヌノフグリ勿忘草は、

乾燥させるとさらにお花が小さくなってしまいます。

こういう時は花弁だけをドライフラワーにできるシリカゲル法がおすすめです。

 

どのくらいの期間楽しむことができるのか?

ドライフラワーはどのくらいの期間楽しむことができるのでしょうか?

お花によっては様々ですが、

空気に触れる状態でいれば半年から1年ほどです。

 

シリカゲル法で作り、密封している容器に入れたものだったら

数年以上楽しめるようです。

すごいですよね?

 

ドライフラワーってそんなに持たないのかな〜?

保存方法とか難しいのかな〜?

と思っていたのですが、意外と長期間楽しめるんだなと思いました。

 

まとめ

ドライフラワーの作り方 〜主な方法4選〜

ドライフラワーにする方法は主にどんな方法があるのかみていきました。

主に

・ハンギング法

・シリカゲル(乾燥材)法

・グリセリン法

・ドライインウォーター法

この4つが主流で、特に一番知られているのは

お花などを麻紐で縛って吊るす、ハンギング法でしたね。

 

鮮やかな花の色をそのまま保ちたい時はシリカゲル法がおすすめでした。

ただシリカゲル法は茎や葉を切り落として花弁だけをドライにするので、

花そのままをドライフラワーにしたいという時は、向いていないということでした。

 

ハンギング法では出せない、丸い形やふんわりした感じも残せるのは

ドライインウォーター法でした。

花瓶に少量のお水と挿したままで乾燥させるので、簡単に始められるのがメリットでしたね。

 

なかなか手間が他の方法に比べたらかかる方法ですが、

お花のボリュームや生花の鮮やかな色もそのままキープしたまま

ドライフラワーにでるのがグリセリン法でした。

 

お花の種類によって、適した方法でドライフラワーにするといいですね!

 

ドライフラワーに向いているお花と向かないお花とは?

向いているお花は

バラ、紫陽花、スターチス、ミモザやケイトウ、

かすみ草やコットンツリー、ラベンダー、ユーカリビオラやミモザ、千日紅…など

でした。

 

逆に向かないお花は、

チューリップ、椿

百合、カラー、多肉植物など

水分を多く含む花は乾燥にとても時間がかかり

完了するまでに花弁の色が悪くなるため、向いていないということでしたね。

どのくらいの期間楽しむことができるのか?

お花によっては様々ですが、

空気に触れる状態でいれば半年から1年ほどでした。

 

シリカゲル法で作り、密封している容器に入れたものだったら

数年以上楽しめるということでした。

 

いかがだったでしょうか?

ドライフラワーの作り方が、ハンギング法以外にもたくさんあることに

驚きでした。

 

プリザーブドフラワーとしてお花を楽しむのもいいですが、

ドライフラワーのまたいいところを知れて、私もまた挑戦してみようと思いました!

 

今日も長い文章お付き合いいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です