忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

意識には2種類ある

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんばんは。たえです。

今回は、

意識には2種類あるっていう話をしたいと思います。

 

動画でも見られます!

 

2種類の意識とは?

人間には、

見えている意識

見えていない意識

があります。

見えている意識のことを“顕在意識”と言って、

 

見えていない意識を“潜在意識”と言います。

 

この見えている意識、

顕在意識は、約1割しかないと言われています。

こちらは、自分で考えてコントロールができるんです。

 

この見えていない意識、

潜在意識は約9割で、

これは、自分で自覚やコントロールができないと言います。

 

約9割もあるのに、自分で自覚やコントロールができないのは、

やっかいかなぁと思ったので、ちょっと細かく見ていきますね。

 

顕在意識(見えている意識)

まず、顕在意識についてお話しします。

これは見えている意識のほうで、

例えば、

「今日は勉強するぞ!」

「今日はだるいなぁ」

っていう感情ってあると思います。

「今日はやるぞー!!」⇒「勉強してみるか!!」
「今日はだるいなぁ」⇒「もう勉強もしないし、教科書も開かなくていいや!」

っていう、この意識は顕在意識なんですよね。

 

こういう気持ちって、すごくいっぱい感じると思います。

見えている意識なのに、この割合は意識の全体の1割以下とも言われているんです。

 

潜在意識(見えていない意識)

もう一つの、見えていない意識の潜在意識っていうのは、

言い方を変えてみると無意識ということですよね。

トイレに行きたいと思わなくても行くこと

ご飯を食べたいと思わなくてもご飯を食べること

寝たくなくても勝手に眠くなって寝ること

こういうのは潜在意識で、無意識のうちにやっていると思います。

 

ここで気がついて欲しいことは、行動には繋がっているんですけど、

見えてない意識が、意識の割合の中では9割以上で、

気がついて見えている意識が、1割以下しかないと言われていることなんです。

 

なので、自分を動かすには、

実は、この潜在意識、見えてない意識の方を使いこなす

 

っていうことが大事になってきます。

 

現状維持の仕組みを利用する

でも、この顕在意識の、

自分にあった方法を取り入れる

やる気がある

やる気がない

こういう意識を重視しちゃうのは、普通の人間の原理なんですね。

スポンサーリンク

 

前にも話したかもしれないんですけど、人間は現状維持する生き物なので、

 

どうしても見えている意識を重視して、今までの自分をキープしてしまうという現状があります。

 

見えてる意識の顕在意識は、割合的には1割以下しかないので、

こういう気持ちになったとしても、自分を過大評価しないようにしましょう。

 

逆に考えると、自分が本当は気付いてない、潜在意識を使いこなすことによって、

自分というものを、思い通りに動かせるようになるということなんですね。

 

なので、

自分に合うかどうか

自分にやる気があるかないか

という、顕在意識の方の見えている感情は置いといて

現状を変えるか

現状を維持するか

人間は現状維持を選ぶ生き物なので、この意識は必ず出てくるので、

まずは、この感情を無視して、素直に成功している人のことを真似する

 

っていうのが大事だということなんですね。

 

逆に、人間は現状維持をする生き物だっていう仕組みを利用して、

自分には合わない

自分にはできない

という感情が生まれたら、成長のチャンスだと思うようにするといいと思います。

 

というのは、この2つをやったら、

自分が変わる、成長できるってことが分かっているからなんですよね。

 

もちろん最初からできる人なんていないので、

失敗し続けて、何回も何回も失敗を繰り返してチャレンジをしていくと、

実は1割の顕在意識と、9割の潜在意識が、入れ替わる時期が来るということなんです。

 

まとめ

自分の力で無意識は変えられて、

いつのまにか、

やる気がない

だるいなぁ

というのが、「でも、やろう!」っていう自分になります。

 

それは、習慣化っていうもので、

 

習慣化さえできれば、

サボろうとする自分の意識の90%

見えてない意識、潜在意識の9割の方の無意識

をストップをかけてくれるようになります。

 

なので、上手にゴールにたどり着けたっていう人は、

こういう考え方をうまく利用して、全てを手に入れていっているということなんですね。

 

つまり、

見えている意識

見えてない意識

があるっていうのをまず理解して、

この見えてない意識を使いこなすということと、

現状維持の仕組みを利用して、習慣化して成功していくということですね。

 

とにかく、失敗しても繰り返し、継続するっていうことが大事だと思います。

 

今回は、

意識には2種類あるというお話をさせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.