忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

自己肯定感っていったい何??

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、たえです。

今回は

自己肯定感っていったい何??

 

というお話をしたいと思います。

 

 

自己肯定感ってなに?

自己肯定感ってよく出てくる言葉だと思うんですけれども、

私もはっきり言って自己肯定感とはどんなことなのか、

細かいことまでは分からなかったので、今回調べてみたいと思います。

 

自己肯定感っていうのは、

 

自分で自分を認めることによって決まる自分の価値のことと言われています。

 

言葉の通り、自分で自分のことを肯定できているかどうかっていうことで、

他人が「お前てダメだなー」と言おうが関係なくて

自分で「私っていい」と思えればいい、ということがわかります。

 

他の人からの評価とか誰かと比べて自分はどうかっていう評価じゃなくて、

ありのままの自分を大切な存在だ、かけがいのない存在だと思える心の状態

ということなんですね。

 

例えば他の人と比べて、自分はスタイルが悪いとか、顔がかわいくないと考える

のではなくて、これがありのままの自分で、存在していること自体に価値がある

と思えることが自己肯定感ということなんですよね。

 

 

ちょっとしたテスト

自己肯定感が高いか低いか、ちょっとしたテストがあったのでご紹介したいと思います。

1、消極的に生きていると思うことがある

2、強く自分を責めてしまうときがある

3、他人に八つ当たりをしたり責任転嫁することがある

4、いろいろなことにチャレンジできていると思う

スポンサーリンク

5、人間関係はおおむねうまくいっている

6、結果だけじゃなくプロセスも大事だと思う

 

4から6の3つにイエスと答えた人が自己肯定感の高い人という結果ですね。

1から3の3つにイエスと答えた人は自己肯定感の低い人という結果になります。

 

 

自己肯定感の高い人っていうのは、いろんなことにチャレンジできて

失敗してもその原因を見つけることができます

 

ここはうまくいったからいいや、とプラスの面を見つけられたり、

うまくいかないこともあるよね、ってマイナス面も受け入れて立ち直ることができます

 

まとめ

自己肯定感は低すぎても、高すぎても良くないと言われています。

 

高すぎると、自尊心が高くなってしまっているのでそれを維持しようと思って

自分の無能さとか弱さが明らかにならないように

難しい課題に対してはわざと努力しないとか自分で自分を守ってしまうようになります。

 

本気を出せばできたんだけど今日できなかったとか、言い訳を残すようになってしまうんだそうです。

こういう自分じゃなくちゃ、と自分の理想像にとりつかれて

自己肯定感が高すぎる自分を維持することに一生懸命ということになってしまいます。

 

なんだかんだ周りから言われても、私は私でいいじゃんっていうような

程よい自己肯定感を持つことがいい状態なのではないかなと、調べてみて思いました。

 

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.