忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

自己肯定感の低い人、高い人の特徴

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今回は、自己肯定感の低い人、高い人の特徴を調べてみました。

 

自己肯定感って?

自己肯定感って、以前にちょっと話したと思うんですけれども、

自分で自分を認めることによって決まる自分の価値ということなんですね。

他人の評価じゃなくて、

自分を

大切な存在

かけがえのない存在

と思える心の状態というのが自己肯定感と言われています。

 

自己肯定感の低い人の特徴

自己肯定感の低い人というのはどういう特徴があるのかな~

と疑問に思ったのでちょっと見てみたいと思います。

 

自己肯定感の低い人に見られる特徴としては、

まず、周囲の目を気にしてしまうということがあります。

 

自己肯定感が低いと、

何をするにも、自分がどう思われているのかが気になってしまう

と言われています。

 

人付き合いの中でも、

相手の顔色をうかがいながら行動してしまうことが多いです。

 

二つ目の特徴としては、断ることができないということが挙げられます

 

周りの目を気にするということもあって、

断ったら嫌われるかもしれないという想像から、

どうしても断ることができないという傾向があります。

 

自分が嫌なことでもなかなか断れず、

自分で抱え込んでしまうということもあるようです。

 

三つ目の特徴は、人やモノに依存しやすいということです。

誰かの指示がないと動けない

誰かと繋がってないと不安になる

という傾向があります。

 

人に合わせてしまうということは、

自分で主体的に決めたり参加することが苦手、ということになります。

 

四つ目の特徴として、成功体験が少ない、何事も諦めやすいということが挙げられます。

誰にでも失敗することはありますし、落ち込むこともあると思います。

 

でも、そこから前向きになれるかどうかということは、

成功体験が大きく関係すると言われてるんですよね。

 

小さい体験でもいいので、たくさん経験している人というのは

自己肯定感が高くて、ちょっとの失敗では諦めないということがあります。

 

でも、自己肯定感が低い人は成功体験が少ないので、

挑戦するとどうしても諦めやすく、

成功しているイメージが湧きにくい

ので、挑戦することなく諦めてしまうことが多いと言われています。

スポンサーリンク

 

自己肯定感の高い人の特徴

逆に、自己肯定感が高い人というのはどういう人なのかというと、

何でも素直に受け入れられるということなんですね。

 

自分が抱いた感情を、

楽しい時は素直に楽しむ

悲しい時は素直に悲しむ

悔しい時は素直に悔しがる

というふうに、素直になんでも受け入れられるという傾向があります。

 

二つ目の特徴として、自己肯定感の高い人は、物事を肯定的に考えられるようです。

たとえば、

他人の長所をすごく見つけやすい

アイディアが浮かんだら成功の可能性に注目できる

のだそうです。

 

何かにチャレンジして失敗したとしても、「これが成功への道だ」と感じることができて、

問題が起きても、即座に解決策を取ることができる、

というのが自己肯定感が高い人の特徴ですね。

 

三つ目の特徴として、精神的に安定しているということがあります。

どんな自分でも価値があるということが認識できているので

自分への信頼度が高いんですよね。

 

そして、精神的に安定しているので

辛いことがあっても必要以上に落ち込まないということが

自己肯定感の高い人の特徴として挙げられます。

 

四つ目の特徴は、やはり積極的である、ということですね。

失敗や不安を恐れずに積極的に行動できるという特徴があるので、

どんどん積極的に自分で決めて行動していくということが挙げられますね。

 

他人の意見に流されることがないので、主体的に進めていくことができるのが特徴です。

 

五つ目に、自分にも他人にもやさしいという特徴があります。

自己肯定感の高い人というのは、自分は大切な存在なんだという認識ができているので、

ほかの人のこともまた大切な存在として認識ができるんですよね。

 

なので相手と意見がぶつかり合っても、相手の意見を尊重することができます。

コミュニケーションを取るのがうまく、人間関係が良好である

他の人が成功した時には、自分が成功したときと同じように喜ぶことができる

という人が自己肯定感の高い人の特徴として挙げられます。

 

 

まとめ

こう見ると、正直、私は自己肯定感低いな~ってすごく今、感じました・・(苦笑)。

なかなか素直に物事を受け入れられなかったり、

精神が安定してないこともあるな~と思います。

 

「自己肯定感」って簡単にこの言葉を使っていたんですけど、

奥が深いな~って今、感じています。

 

また別の機会に、自己肯定感を高めていくにはどうしたらいいか

ということをお話しできればいいなと思っています。

 

今回は自己肯定感の低い人、高い人の特徴についてお話しさせていただきました。

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.