忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

家事代行業においてお客様から信頼を得られた経験

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今日は、私が過去にやっていた仕事の中の家事代行業で、

 

お客様から信頼を得られた

 

という、経験についてお話ししたいと思います。

 

私はプロフィールにもあるように

家事代行だけじゃなく、いろんな仕事をやっていきました。

 

家事代行とは

家事代行っていうのは、名の通り、

掃除洗濯

買い物

食事作り

など、やっていくっていう仕事です。

 

在宅って言ってお客様が家にいらっしゃる場合もあれば、

鍵を任されて留守宅に入って、また鍵をかけて出ていく場合もあります。

 

でも、すごく

1.信頼

2.感謝

されて、やりがいのある仕事だったと思います。

 

私が任されたお客様

最初、私が任されたのはクレーマーのお客様でした。

 

会社から、最初はクレーマっていうのは、聞かされていなくて

「ちょっとうるさい人だけどいい?」

と言われてました。

 

しかし、その時私は、なんでも仕事をその代行でやりたかったので、

「お願いします!」という形で、やらせていただきました。

 

3時間の間で、髪の毛一つを落とさず、ホコリひとつ残さず

風呂掃除

トイレ掃除

床掃除

流し掃除

シーツ替え

など、ご不在の家で、鍵を預かり家に入り、

作業をしてまた出ていくという形の家でした。

 

また、どこがクレーマーだったかっていうと

前のスタッフさんからは、

「ちょっと汚れがある」

細かいことを「こうだ」「こうだ」だと、色々言ってくる方

という、ことだけ聞いてました。

 

私が気をつけたこと

それでもやらなきゃいけないので、

私がやったことっていうのは、

とにかく、

1.キレイにすること

2.決められた時間の中で決められた仕事をこなす

ということを、最初はやりました。

 

それは、3時間という決められた時間の中で、

限られた時間の中で、仕事をする

 

っていうのはすごく大事なことです。

 

また、その中で

いかにうまくキレイにしていくかっということでした。

 

お客様の要望は、1回目じゃわからないこともありますが、

スポンサーリンク

週1回通う中で、どんどんどんどん積み重ねていきました。

 

お客様からの信頼

家事代行の仕事をする中で、ひとつ自分が工夫したことがあります。

連絡ノート

ご不在のお宅なので「連絡ノート」みたいのがありました。

 

それに丁寧に、

「今日もありがとうございました」

「ちょっと今日は暑かったですねぇ」

「体調いかがですか」などの気遣い

暑い時には、「熱中症をお気をくださいね」

などを書きました。

 

相手からの返答がなくても、書き続けました。

 

それを、継続していくと、だんだん連絡ノートにも

「暑いから気にせずクーラー使ってくださいねー」とか

ちょっとずつ、打ちとけてくださる感じがありました。

ちょっとした、気遣い

私も、その仕事に慣れてきたので

ちょっと気がついたところをきれいにしてあげたり、とかしました。

 

それは、あえてそこをやりましたとかは言わずに、

さりげなくやっておいたり

カバンをそろえて置いたり

とか、そういうことをしました。

 

しかし、お客様によって捉え方っていうのは違くて

あんまり必要以上なことをやって嫌がる方もいらっしゃるので

それは全員に当てはまるわけではないですが、

 

たまたま、そのお客様には、ちょっとした気遣いが響いてくださって、

だんだん信頼をしてもらえるようになりました。

お客様の引っ越し

それで嬉しかったのが、その方引っ越されたんですけど、

引越し先でも指名されて

「私がいい」

っていう風に言っていただけたのが、すごく嬉しかったです。

 

まとめ

私は、そのお宅に、結局1年ぐらいは続けましたが、

信頼を得てもらえるまでは、3ヶ月がかかりました。

 

3カ月間とにかく、

継続して

綺麗にして

言われたことをやって

連絡ノートにちゃんと気遣いの言葉を書いて

ちょっと慣れてきたら目の届かないようなところもさりげなくきれいにしてあげて

それを

 

つみ重ねていったら、ようやく信頼を得られた

 

っていう話です。

これは、私の今までの人生の中ですごくうれしかったことです。

 

今日はこの家事代行についてお話しさせていただきました。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.