忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

家事代行~ウェルカムベビーというプランの話~

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんおはようございます、たえです。

 

今回は、以前私が

仕事をしたことのある家事代行サービスの中で、

『ウェルカムベビープラン』というものがあったというお話をしたいと思います。

 

産後のママさんのサポートをする嬉しいプラン

私の勤めていた家事代行サービスの中には、ウェルカムベビーというプランがあり、

産後2週間のママさんの身の回りのお世話をするというプランがありました。

 

内容は、

洗濯

食事

掃除

買い物

赤ちゃんには触れていけないので赤ちゃんの世話はできないのですが、

こういった家事の身の回りをやってあげるという2週間のプランでした。

 

申し込みがすごく多くて、

結構いろんな家庭に行かせていただくことができました。

 

産後周りに頼れる人が意外といない…

その中で思ったのが、

自分やご主人のお父さんやお母さんに頼れる人というのは、意外に少ないなと感じました。

 

頼れないからそのプランを利用したのでしょうがお話を聞くと、

ご実家が遠い

どちらかが亡くなってる

ご両親が病気で預けられない、来てもらえない

という事情でした。

 

なので産後って意外に、

身近に見てもらえる人というのは少ないのではないかなと感じました。

 

家事代行サービスの仕事で出会ったあるお宅の話

あるお宅のお話です。

 

奥さん自体は賛成してなかったらしいのですが、

ご主人が勝手に家事代行サービスを頼んだというお宅でした。

スポンサーリンク

 

そんな事情も聞いていたので、

すごくやりにくいかなー…」と思っていました。

 

最初はなかなか打ち解けられなかったんですが、

そのお母さんが完全に育児に参っているというのがわかりました。

 

少しずつ話してくれるようになって、

眠れない

ご自身のお父さんお母さんは遠くに住んでいて呼べない

ご主人のご両親にも頼ることができない

そんななか、ご主人が家事代行サービスを探して頼んだそうです。

 

そこのお宅には1週間に1回行っていました。

すごくお母さんは疲れきっていて…

 

本当は赤ちゃんに触れてはいけないんですけど、私は赤ちゃんを2時間だけ抱っこしてあげたことがあります。

 

その時はお母さんを寝かせてあげていたら、

だんだんみるみるうちにお母さんが元気になったのを覚えています。

 

まとめ 〜自分一人で抱え込まないで〜

私自身が子育てをやっていた時は、周りのママさんも自分のご両親なんかに頼れる人が多かったように思います。

 

最近ではそのような家事代行サービスのプランがあるくらいなので、

意外に身近な人に頼れる人が少ないんだなと思いました。

 

でも家事代行サービスでもそういった産後のプランなどもあるので、

利用するのも本当にいいかなと 私は思います。

 

やっぱり何においても、

自分ひとりで抱えないで身近な人に頼るということが本当に大切だなと感じました。

 

今回は家事代行の『ウエルカムベビープラン』というのがあったというお話でした。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.