忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

超完璧主義な私はダメだったこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさんこんばんは、たえです。

今日は

「超完璧主義な私はダメだったこと」

 

を、お話したいと思います。

 

失敗を恐れて完璧主義に

私は小さい頃からどちらかというと、失敗ができない子どもでした。

失敗するのが怖くて、チャレンジすらできない子どもだったんですね。

 

それなのに負けず嫌いなので、余計に完璧を求めてしまっていて、

負けず嫌いだから、失敗した時の落ち込みようっていうのは激しかったです。

 

失敗するのが怖い、だから完璧にやらなきゃ

っていうふうに小さい頃から常に思っていました。

 

それは大人になっても全然変わらなくて、

事前準備っていうのを完璧にしておかないとダメだった

 

のです。

 

保育士をやっていたとき、いろいろな行事(誕生日会・七夕・運動会etc..)

のときには順番にリーダーになって、前で何かやらなきゃいけなかったんですね。

 

その時も

何回も何回も家で同じことを繰り返し練習

喋る言葉もちゃんと書き出す

一言一句間違いがいないように何度も何度も練習

を、しないとダメな私でした。

 

でも当日は、

もちろん子どももたくさんいる中でやらなきゃいけないので、

何が起こるかなんて分からないんですよね。

 

うまくいかないことも本当にたくさんあるのに、失敗すると

対応ができなくて、対処法が見つからなくなって、慌ててしまう

ような感じでした。

順応に対応したいのに完璧主義が捨てられない

でも同じ保育士さんの中には、対応できる人っていうのがいました。

 

何かの行事リーダーをやると、

突発的に子どもが泣いてしまったりとか

自分が間違っちゃったりとか

そんな時に笑いにかえていけるような、順応性を持っている先輩がいた

 

のですね。

 

それすごく羨ましく思ってて。でも羨ましく思っているのに、

自分には完璧主義っていうのがずっと捨てられなくて

何度も何度も練習した覚えがまだあります。

 

そうすると今度は

何をするにも怖くなってしまう

怖いからやらないで失敗したら怒られる

だからやらない

スポンサーリンク

という風になってしまうんですよね。

 

完璧主義は失敗マインド

でも本当にずっと最近までそうで、何が私を変えたかっていうと、

みなさんと同じようにライター案件を探していて、

ある案件に出会ったんです。

 

同じように文字起こしをして、ライティングをして、

その時に

完璧主義は逆に失敗マインドだ

 

っていう話を聞いたんですね。

 

だけどなかなか納得できなくて。

でも、その話を聞いているうちに、だいたいの人は何かやろうとするときに、

必ずすべてしっかりと準備をしてから始めるそうなんですね。

 

まぁ私もそうだったんですけど。

そうすると

準備の期間が長すぎてやめてしまったり

そこでつまずいてやめてしまったり

あるときはその準備期間が長すぎてチャンスを逃してしまう

ということがあるのだそうです。

 

なので

全て用意をして完璧にしてから始めるのではなくて、ある程度準備ができたら即行動しろ

 

っていう風に教わりました。

失敗を恐れちゃいけない、

失敗してもいいから絶対に一歩踏み出さなきゃいけない

って言われて、そのように自分でも行動するように努力をしてみました。

失敗は大切

そうしたら失敗して落ち込むのではなくて、

失敗に対して「失敗できてよかった」と思うようにしました。

 

失敗できてよかったっていうのは、

行動したことによって、一歩進んだっていう風に思えるようになった。

 

そう思うように、教わったんですよね。

 

そうすると、もう失敗をするってことが、

決して恥ずかしいということではなくて、

逆に大切なことなんだと思いました。

 

まとめ

『全然失敗を恐れなくていい。

失敗したからといってその人達にすごく怒られるわけでもないし、

どんどんどんどん失敗して、その失敗した内容を今度改善していけばいいんだから。』

っていう風に教わったら、気持ちもすごく楽になって行動できるようになったと思います。

 

なので、準備をきちんとしてからじゃなくて

失敗を恐れずにどんどん行動するのが、本当にいいと、思います。

 

私も実際やってみてそうだったので、

ぜひ失敗を恐れずにに行動をしてみてください。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.