超完璧主義の私は…失敗を恐れるあまり行動できなかったこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

皆さん、こんにちは。たえです。

今日は

「超完璧主義の私は失敗を恐れるあまり行動できなかったこと」

 

を、お話したいと思います。

 

失敗を恐れて完璧主義に

私は小さい頃からどちらかというと、失敗ができない子どもでした。

失敗するのが怖くて、チャレンジすらできない子どもだったんですね。

 

それなのに負けず嫌いなので、余計に完璧を求めてしまっていて、

失敗した時の落ち込みは、

どよ~んとしてしまって、何日も立ち直れない位だったんです。

 

失敗するのが怖い、だから完璧にやらなきゃ

と常に小さい頃から思っていました。

 

それは大人になっても全然変わらなくて、

事前準備を完璧にしておかないとダメだった

 

んです。

 

保育士をやっていたとき、いろいろな行事(誕生日会・七夕・運動会etc..)

のときには順番にリーダーになって、前で仕切らなくてはいけなかったんですね。

 

その時も

・何回も何回も家で同じことを繰り返し練習

・喋る言葉もちゃんと書き出す

・一語一句間違いがいないように何度も何度も練習

を、しないとダメというか心配でたまらなかったんです。

 

発表当日は、もちろん子どもがたくさんいる中でやることになるので、

子どものことだから、何が起こるかなんて分からないんですよね。

 

当日、台本通りに行く事なんてないことは頭ではわかっているのに、

予想外のことに対応ができなくて、

対処法が見つからなくなって、慌ててしまう

という事を繰り返していたんです。

 

その不安な気持ちというのは、当然顔や声に表れてしまい、

後で園長先生に

「どうして、たえ先生はいつも自信なさげに話すの~?子ども達にも伝わるわよ!」

と注意を受けていたものです。

頼りない先生…と思われても同然ですよね。

順応に対応したいのに完璧主義が捨てられない

でも同じ保育士さんの中には、とっさな出来事に対応できる人がいました。

 

何かの行事でリーダーをやると、

・突発的に子どもが泣いてしまう

・自分が段取りを間違えてしまう

ということは必ずと言っていいほどあります。

 

そんなことが起こっても

とっさに笑いに変えてしまって、更に面白くして子どもを惹きつけてしまう

のですね。

 

私は、順応性のある先輩を羨ましく思っていて、

でも羨ましく思っているのに、

自分は完璧主義っていうのがずっと捨てられなくて

何度も何度も練習した覚えがあります。

 

そうすると今度は

「失敗したら怒られる→何をするにも怖くなってしまう」

 

だからや~らない、もう挑戦すらしない

となってしまいました。

 

完璧主義は失敗マインド

実は、私の完璧主義は最近まで変わりませんでした。

 

何が私を変えたかっていうと、

みなさんと同じようにライター案件を探していて、

あるクライアントさんに出会ったことが始まりです。

 

その時に、

完璧主義は逆に失敗マインドだ

 

っていう話を聞いたんですね。

 

最初は納得できなかったんですが、話を聞いていると

人は何かやろうとするときに、

しっかりと準備をしてから始めることが多いそうなんですね。

 

私もそうだったんですが、そうすると

準備の期間が長すぎて、イヤになりやめてしまう

・準備期間でつまずいてやめてしまう

・その準備期間が長すぎてチャンスを逃してしまう

ということがあるのだと聞きました。

 

なので

全て用意をして完璧にしてから始めるのではなく、

ある程度準備ができたら行動をしてしまうことの方が大切

だと教わったんです。

 

失敗を恐れちゃいけない

失敗してもいいから絶対に一歩踏み出さなきゃいけない

って言われて、そのように自分でも行動するように努力をしてみることにしたんです。

失敗は大切なこと

失敗した時に落ち込むのではなくて、

失敗に対して「失敗できてよかった」と思うように考え方を変えてみました。

 

失敗できてよかったっていうのは、

行動したからこそ得られたことであり、行動しなかったら感じないこと

失敗出来たということ=1歩進んだということ

ということなんです。

 

行動しなければ感じることが出来ない感情を、自分は感じることが出来たんですよね。

 

ということは、失敗をするということは

決して恥ずかしいということではなくて、確実に1歩進んでいるんです。

 

まとめ

失敗を恐れなくていい、完璧な人なんていない

失敗したらそれは1歩確実に進んでいる証拠

どんどんどんどん失敗して、失敗した内容を今度改善していけばいい

ということは、本当に大切なことなのではないでしょうか?

 

準備をきちんとしてからではなくて、

どんどん行動にうつしていく方がせっかく訪れた「チャンス」と逃しません。

 

私も実際やってみてそうだったので、

ぜひ失敗を恐れずに行動をしてみてくださいね。

*************************************************************************************************

私はWebライターで月収30万を稼ぐことが出来ました。

どこにでもいる平凡な主婦です。

現在は人間関係に悩まずに、ストレスもなく、時間にも縛られることがなく

働くことが出来ています。

 

でも、在宅で稼ぎたいと思って始めたブログを挫折しましたし、機械音痴で何も取り柄も強みもありません。

そこで出会った「Webライター」という仕事を始めても、

最初は案件を取ることすら出来ませんでした。

でも、「ブログに挫折したのだから今度は辞めるわけには行かない」

と継続をし続けたことによって、

月に10万→15万→20万→30万と稼げるようになりました。

 

そんな過程を下記の記事で公開しています。

月収30万を稼ぐ主婦ライターたえのプロフィール

 

「無料で学べるWebライター7日間集中講座」のメルマガはこちらから

 

「サポートに興味がある」という方は

下記のお問い合わせ欄から「お名前・メールアドレス・サポート興味あり」と入れて頂ければ、

詳細についてこちらからお伝えします。

お問い合わせ

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です