忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

子どもの頃の自転車練習に学ぶこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今回は「子どもの頃の自転車練習に学ぶこと」

というお話をしたいと思います。

 

子どもの頃って

自転車の補助輪を取るために必死になって練習

 

ってしませんでしたか?

 

そんなことを思い出したので、今回、子どもの頃の気持ちから

必死になって練習した純粋な気持ち

 

をすごく考えたのでお話ししたいと思います。

 

自転車練習のきっかけ

私の子どもの時、

小学生の高学年になった頃から自転車が急に流行りだしたのを覚えています。

 

うちにも自転車はなかったんですけど

周りの子達が自転車を買い始めて、私も親に言って買ってもらった記憶があります。

 

友達の中で自転車にのって出かける

っていうことが流行っていたんですね。

 

遠くまで行くわけじゃないんですけど、

近くにみんなで自転車で行く

っていうのが流行ってたので、

 

「自分もそうなりたい!」って気持ちがあってすごく練習をしました。

 

ただもう純粋に

自転車に乗れるようになりたい

補助輪が付いてたら恥ずかしい


っていう気持ちから、

すごく必死になって毎日練習した気がします。

 

学校から帰ってきたらすぐに自転車をだして、家の前で

補助輪つきから練習するんですけど、

だんだん補助輪を片方にしたり取ってみたりとかいろいろして練習をしました。

 

純粋な気持ち

本当に純粋な気持ちってすごく強くて

ただ「自転車に乗れるようになりたい」って気持ちから、

何度も何度も

転んで怪我しても

外が暗くなっても


「もうとにかく練習をした」っていう覚えが今でもすごく残っています。

スポンサーリンク

 

それで自転車って、

一度乗れるようになるとスイスイのれちゃう

 

っていうのが不思議ですよね。

 

・コツがつかめるともう補助輪なしでも全然乗れる

・1回乗れちゃえばあとは簡単

っていうのがびっくりしました。

 

一度乗れると大人になった時に、

しばらく乗ってなかったので心配だったんですけど、

大人になっても勘って戻ってくるんですよね。

 

なのですごく不思議だなーっていうふうに思いました。

 

子どもの時は

「友達と出かけたい」

「自転車に乗れないと恥ずかしいと思われる」

という一心でもうとにかく練習したんですよね。

 

その練習しているときって、

周りの目とかも全然気にせずに練習したことをすごく覚えています。

 

なんか子どもの頃って

周りの目とかを全然気にせずに何でもできたのに

大人になるとどうしても、

恥ずかしさとか周りの目が気になって実行できない事

 

ってものすごく多いなーっていうふうに思いました。

 

さいごに

なかなか子どもの頃のような気持ちに戻って

練習とかをしろって言われてもやはり難しいことだとは思います。

 

だけどなんかこう、

「子供の頃の純粋な気持ちって忘れないでいたいなぁ」

というふうに思いました。

 

この純粋な気持ちで

「周りの目を気にしないで恥ずかしいとも思わないでいけたらいいな」

 

っていうふうに感じたので、今回このお話をさせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.