忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

声に出すこと、話すことの大切さ

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

今回は

声に出すこと、話すことの大切さ

 

をお話ししたいと思います。

 

なぜこれを考えたかというと

コロナの中で私自身が感じたことがあったので

過去の話と交えながら、ちょっとお話ししたいと思います。

 

話す相手がいなかった育児期間

まず私が最初に

声に出すこと、話すことが大切だ

 

と思ったのは育児中でした。

子供がまだ小さくて、話し相手にはならない

まだ3時間おきに起きて、ミルクを飲む

みたいな、その時が一番最初に思いました。

 

それまでは、仕事とかしていて、

人と話していることが多かったので、

 

突然『育児!』っていうふうになると

産後ってあんまり無理もできないので

外にもちろん行けるわけでもなく

ただ家で子供の世話をしている

ので、話す相手って、

 

「そういえば、いなかったなぁ」

というふうに思います。

 

話さない自分に抱いた危機感

子供はまだ小さくて、話し相手にならないし

主人に関しては、仕事が不規則なのでなかなか帰ってこないし

私の母も父も

母は亡くなってましたし、

父は昼間は仕事してたのでいなくて

私と子供だけっていう感じでした。

 

話さない自分がいると、

ふと窓から見える空を見て

「あぁ私なんでここにいるんだろう?」

っていうふうに思ったこともあります。

 

でも、その時の心の変化って

 

「これが続いたら多分まずいだろうな」

 

って私自身も思っていました。

 

話すことで心が軽くなると気付いた瞬間

話さない時に、

結構兄のお嫁さんが来てくれたりとか、

スポンサーリンク

ヘルパーさんを頼んだ時期があったので、ヘルパーさんと少し話をすることで

心がちょっと軽くなる自分がいたことを思い出しました。

 

言葉にして、声に出して話すことによって

自分の心の中がすごく整理されて

 

気持ちが落ち着いた気がします。

 

 

コロナ禍で再認識したこと

コロナの中で、

 

話すことと、声に出すことの大切さ

 

を、また再度思いました。

 

もともと私は、コロナが流行る前から

在宅でも仕事をしていました。

 

その時は、

買い物に行って近所の人と喋る

ゴミ出しに行った時に近所の人と喋る

とか、それだけの何分かのことなんですけど

それがすごく大切なことなんだなー

っていうふうに思ったんです。

 

今はコロナなので、在宅で仕事をして、

それで、外の人と会っても

遠慮してあんまり話したりとかできないんです。

 

そうすると、なんかもう家にいて沸々と

自分の心が どよ~ん としてくる感じがものすごくあります。

 

なので、

 

声を出して自分の思いとかを相手に伝えること

 

っていうのは、自分の心を整理するためにも

 

本当に必要なことなんだなあ

 

というふうに今ものすごく感じています。

 

まとめ

悩みとか辛いことがあったら

 

とにかく声を出して話してみる

 

っていうことは、自分にとって、

ものすごく大事なことなんじゃないかな

というふうに、今のコロナの中ですごく思いました。

 

今回は、

 

声に出すこと、話すことの大切さ

 

というお話しをさせていただきました。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.