忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

51歳でこの世を去った私の母の生き方

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。たえです。

今日は

51歳でこの世を去った私の母の生き方

 

を、お話したいと思います。

 

母が大切にしていたこと

私の母は本当に明るくて、花に例えると「ひまわり」のような人でした。

しつけや教育に関しては、全くうるさくありませんでした。

でも、そんな母が大切にしていた事が2つあります。

 

一つ目は、米を一粒も残さないことでした。

母は農家で育ったので、お米を一粒でもお茶碗に残すと

もうすごく怒られたものです。

 

二つ目は、何かをしてもらったら、「ありがとう」と言うことでした。

 

母の急な入院

私の母は、40代後半に直腸癌になってしまったのです。

だいたい癌は、5年間再発しなければ大丈夫って言われているんですが、

その5年目に再発してしまって、その時には末期に近く、

すぐに入院しました。

 

入院して、少したったらもう酸素マスクをつけて

ほとんど口もきけない状態になってしまったのです。

 

奇跡のような1日

でも1日だけ、

ほんとに奇跡のような日があったのです。

 

それは、ある朝、私の兄から電話があって、

母はもう駄目だったのかな。って思ったんです。でも、

「おかあさん笑ってるから早くおいで」

 

と、兄が言ってくれたのです。

病院に会いに行ったら母は、

今までしていた酸素マスクが取られていて、普通に笑ってるんです。

 

笑顔で、元気な時の母のような姿で、本当に嘘のようでした。

その日は奇跡だったのかもしれないなって思うんです。

 

そして

母は一人一人に「ありがとう」って言葉を言ったんです。

いろんな人が来ていたので、

スポンサーリンク

自分の親

親戚

一人一人呼んで、「ありがとう」や他の言葉も色々話していました。

 

最後に、看護師さんと先生も呼んで、

ちゃんと「ありがとう」って言い終わったら

また静かに、元のように眠ってしまったんです。

 

「ありがとう」の力

その数日後に、母は亡くなってしまったんですけれども、

今思うとあの日は、

もう本当に奇跡のような1日で、

母はどうしても「ありがとう」っていう言葉を伝えたかったんだと思います。

 

もし、今生きていたら、

孫にも会えたのに

私もまだまだ母と話したかったのに

一緒に出かけたかったのに

そういう思いがあります。

 

母が亡くなった時は、私のお腹の中に長男がいまして

あと2カ月で生まれるところでした。

その長男も今20歳になりました。

 

私は20年経った今でも、母のことは忘れられないですし

やっぱり生きていたら本当にいいなって思います。

 

さいごに

母の死を通して、

生きていることって当たり前じゃなくて

 

人間っていつ、どうなっちゃうかは本当にわからない

 

と日々感じています。

 

皆さんも、

周りの人たちを日ごろから大事に大切にしてほしいなと思います。

今日は母の話を聞いていただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.