忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

コロナ禍の中でも私が忙しかった理由

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!たえです!

今日は、

『コロナ禍の中でも私が忙しかった理由』

をお話ししたいと思います。

 

新型コロナウイルスの影響

今年は本当に、『新型コロナウイルス』という

大変なものが流行をしてしまいましたよね

 

皆さんの生活や家、仕事、学校などにも

たくさん変化があったと思います。

なかなか思うように外に出られない

学校が休校になってしまった

仕事を失ってしまった方

たくさんいると思います。

 

今もまだ流行感染者が流行しているので、

今後もどのようになっていくのか私も、とても心配です

 

なぜコロナ禍でも忙しかったのか

私がコロナ禍の中忙しかったというのは、

ライターとしての記事作成がたくさんあった

 

ということなんです。

 

ウェブライターは簡単に記事作成できればなれるので、

これはもちろんコロナになってからライターを始めた人も多く、

クラウドワークスやランサーズなどに登録する人がものすごく増えたんです。

 

応募者も今まで私がやってきたライターの中でも

一つの案件に対しての応募が23倍』になるくらい

ものすごく多くなったと感じました。

 

しかし、仕事をたくさんもらえたのは、

その前からライターをやっていたからだと思います。

 

競争率はもちろん高いのですが、私の方は特に変わらず採用される率も高かったです。

 

実績を積み重ねていくためには

それには本当に今までの積み重ねがすごくありまして

スポンサーリンク

 

最初にライターを始めた時っていうのは、

本当に単価っていうのにはとらわれずに

 

とにかく

・自分の質を上げるスキルアップをする

・書くことに慣れる

ということを目標にして

とにかくたくさん記事を書き続けました。

 

実績を作っていくと、

クラウドワークスやランサーズもそうなんですが、

 

プロフィールに実績をどんどん書き込んでいくことができます。

そうするとクライアントさんが

受注したくなるというか、

実績が多いと受注される回数もをのすごく多くなります。

 

そこが、コロナが流行してから初めてライターを始めたという

人たちとの『差』だったと思います。

 

そのためにコロナ禍の中でも仕事がないということがなく、

すごく忙しくさせていただいたので、

ありがたく思っています。

 

まとめ

私も最初は一からでした。

最初は、本当に案件を1件も取ったことがなかったです。

 

そこからどうやって継続して実績を作っていくことが大事か

というのが一番ライターをやっていて思いました。

 

このライターに限らず、

今この時代、いつ仕事がなくなるかって事もあると思います。

 

そんな時に

 

『どういうふうに自分が対処していくか

ということを今から考えておくことが大切なのでは?

 

というふうにこのコロナ禍の中ですごく感じました。

 

以上になります。

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.