校正を在宅(副業)で行うには?おすすめサイト5選と収入の目安をご紹介‼

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのみえです。

私は、2歳と5歳の子供を育てながら家で働いている

在宅ワーク歴10カ月の初心者在宅ワーカーです。

 

以前、『校正』について、紹介させていただきました。

 

その『校正』の仕事ですが、

どうやら在宅(副業)でも『校正』の仕事ができるようなんです!

 

ということで、今回は

 

在宅(副業)でできる『校正』の仕事について

 

調べてみました。

 

具体的には、

・在宅(副業)で行う校正の仕事はどんな感じ?

・在宅(副業)で行う校正の仕事はどうやって探すの?

・在宅(副業)で行う校正の仕事はどれくらい稼げるの?

といった内容について、お伝えします。

 

先に結論から言うと、

・Webコンテンツの校正と紙媒体の校正の2種類があります。

・Webコンテンツの校正の仕事は、クラウドソーシングサイトで探すのがおススメです。

・件数をこなせれば、Webライターより稼げることもあるかもしれません。

といった内容になります。

 

・校正の副業を探している

・在宅ワークを探している

といった方の仕事探しの参考になると思いますので、是非ご一読ください^^

 

在宅(副業)で行う校正の仕事とは?

在宅(副業)で行える校正の仕事として

・Webコンテンツの校正

・紙媒体の校正

が挙げられます。

 

Webコンテンツの校正と紙媒体の校正では、

少し違いがありますので、順番に見ていきましょう。

Webコンテンツの校正

まず、Webコンテンツの校正という仕事は、

Webコンテンツの誤字脱字をチェックしたり、引用が正しいか確認したりするなど、

そのコンテンツの中に誤りが無いかどうか確認する作業になります。

 

近年、Webコンテンツの校正の仕事は増えているそうです。

 

というのも、

インターネットの普及によりWebコンテンツが急増しているからなんです。

 

あるクラウドソーシングサイトでは、

”記事チェックのお仕事”というカテゴリを準備しています。

 

このことからも、Webコンテンツの校正の需要が高まっていることがわかりますね。

 

Webコンテンツの校正は、

クライアントごとにオリジナルの校正ルールがある場合もあるようです。

 

また、パソコンなどで文章の修正が簡単に行えるため、校正だけではなく、

リライトなどの作業と一緒に任される場合が多いようです。

 

そのため、ライター経験が必要となる案件も多いです。

 

さらに、そのWebコンテンツがテーマとしている分野に詳しいと、

採用に有利になることもあるようです。

 

例えば、学習のためのテキストや問題集などの校正は

その分野の知識が必要となる場合が多く、

 

その分野に詳しいということは大きなメリットになります。

 

在宅で行うWebコンテンツの校正の メリット・デメリット を挙げてみました。

メリット

・校正用の紙の受け渡しが不要

・ライター経験者なら、スキルを活かせる

・対象分野に詳しいと、校正未経験でも採用される可能性がある

デメリット

・パソコンや通信環境が必要

・紙面を確認する時よりも目への負担が大きい

紙媒体の校正

次に紙媒体の校正です。

紙媒体の校正は、

 

『著者が書いた原稿』と『ゲラ刷りと呼ばれる原稿を本番用のレイアウトに組み込んだもの』

 

を見比べて、文字が間違っていないかチェックする仕事です。

 

文字だけでなく、文章の内容の整合性や事実確認などを行う『校閲』と呼ばれる作業を行うこともあります。

 

実際に、教科書の校正などを自宅でされている方もいるようです。

 

紙媒体の校正の仕事は、採用前にテストを受けることもあるようですが、

未経験で採用されることはとても難しいそうです。

 

紙媒体の校正についても、メリット・デメリット を挙げてみました。

メリット

・紙面で確認するため、パソコンよりは目に優しい

・パソコンや通信環境がなくても作業できる

 (事実確認など調べる場合には、ネット検索できる環境があった方が良いと思いますが。。)

デメリット

なかなか募集が無いので、探すのが大変

・書類の受け渡し方法によっては、交通費や郵便費が自己負担になる場合がある

未経験の場合は、採用されることが大変難しい

 

Webコンテンツ、紙媒体それぞれのメリット・デメリットを挙げてみましたが

Webコンテンツの校正の方が、募集が多く、オンラインで仕事が完結するため

 

私は、Webコンテンツの校正の方がおススメかなと思います。

 

校正の副業の探し方 おすすめサイト5選

実際に校正の仕事を探してみたところ、

Webコンテンツの校正の仕事は、

クラウドソーシングサイトが探しやすかったです。

 

紙媒体の仕事も探してみましたが、

在宅(副業)というよりは、正社員の募集がメインで、

未経験者の採用はやはり厳しいという印象でした。

 

なので、ここからは

『Webコンテンツ校正を探すためにおすすめのサイト』5つご紹介していきたいと思います。

おすすめサイト5選

  • クラウドワークス

  テレビコマーシャルなどでも有名なクラウドソーシングサイトです。

スポンサーリンク

  ちなみに、私もクラウドワークスを利用しています。

  仕事を検索する画面で、仕事カテゴリを”編集・校正・リライト”を選択し、

  キーワードに”校正”と入力して検索することで、簡単に案件を探すことができました。

  • ランサーズ

  クラウドワークス同様、様々な案件が豊富で有名なクラウドソーシングサイトです。

  試しに検索してみましたとこと、

  クラウドワークスと同じような案件があることがわかりました。

  • ココナラ

  案件を受注することはもちろん、自分のスキルを売ることもできるサイトです。

  検索した結果、いくつか校正の仕事もヒットしました。

  校正のスキルがアップしたら、このサイトで校正スキルを売るのも良いかもしれませんね。

  • サグーワークス

  ライティング案件に特化したサイトです。

  『”記事チェックのお仕事”を絶賛案件準備中!』とありましたので、

  今後、校正の案件が出てくるかもしれません!

  • ママワークス

  主婦が働きやすい企業の求人情報が多数載っているサイトです。

  校正の仕事もたまに募集が出るそうなので、チェックしてみると良いかもしれません。

 

ここまで、おすすめのサイトをご紹介してきましたが、

校正の仕事自体の募集は、思ったより少ない印象でした。

 

なので、クラウドソーシングサイトを利用する場合は、

 

複数サイトを利用して、定期的に募集を確認してみる方が良いかなと感じました。

 

また、Webコンテンツの校正の仕事は、このようなサイトに募集が出るだけではなく、

 

Webライターとして契約しているクライアントから直接

 

『校正の仕事もどうですか?』と提案してもらえることがあるようです。

 

この方が、クライアントがライターのスキルを把握できているため

校正の依頼を行いやすいのかもしれませんね。

 

なので、まずWebライターの経験を積んでみることも良いかもしれません。

 

 

校正の副業の報酬額はどれくらい?

Webコンテンツの校正に関してですが、

1文字単位の金額はWebライターより安いと考えた方が良さそうです。

 

ただし、記事を書くのにすごーく時間がかかるという方にとっては、まさに私です。。

 

ライターの仕事より稼げることもあるかもしれません。

 

経験者の方の報酬額は、

 

月2万円程から多い人では8万円近く稼いだことがある方もいらっしゃるそうです。

 

在宅(副業)でこのくらい稼げたら、家計も助かりますね!

 

地道にコツコツ作業を続けた結果、単価をアップしていただけた方もいらっしゃいます。

 

継続が大事ということですね。

 

まとめ

在宅(副業)で行う校正の仕事とは?

Webコンテンツの校正の仕事と、紙媒体の校正の仕事が挙げられます。

Webコンテンツの校正

そのWebコンテンツの中に誤字脱字や引用の誤りなどが無いか確認する作業のことです。

・Webコンテンツの急増に伴い、校正の仕事も増えています。

・Webコンテンツの校正の仕事は、校正の仕事だけでなく、

 リライトなどライターのスキルも求められる場合が多いです。

・詳しい分野があると採用されることもあるようです。

紙媒体の校正

『著者が書いた原稿』と『ゲラ刷りと呼ばれる原稿を本番用のレイアウトに組み込んだもの』

を見比べて、文字が間違っていないかチェックする仕事です。

採用前にテストを受けることもあるようですが、未経験で採用されることはとても難しいそうです。

校正の副業の探し方

Webコンテンツの校正

複数のクラウドソーシングサイトで探すのがおススメです。
おすすめサイト5選

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
  • サグーワークス
  • ママワークス

Webライターの仕事から、校正の仕事につながることもあるので、Webライターを経験してみるのもおススメです。

紙媒体の校正

在宅(副業)というよりは、正社員の募集がメインで、未経験者の採用はやはり厳しい印象でした。

校正の副業の報酬額はどれくらい?

Webコンテンツの校正の場合、

1文字単価はWebライターより安いですが、件数をこなせれば、

 

Webライターの仕事をするより稼げる場合もあります。

 

継続することが大切です。

在宅(副業)でできる校正の仕事について調べてきましたが、

私自身、Webコンテンツの校正の仕事にとても興味を持つようになりました!

 

リライトを含む案件が多いとわかったので、

 

まずはライターのスキルを磨いてから

 

校正の案件にもチャレンジしてみたいと思います。

 

『在宅ワークは、いろいろ試してみて自分に合った働き方を見つけることが大切』

 

と在宅ワーク歴10年以上の先輩がおっしゃっていました。

 

自分のペースでいろんな事にチャレンジしてみましょう^^

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です