忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

クラウドソーシングサイトへの応募のポイントは意外なところにある!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

 

今回は、

クラウドソーシングサイトへの応募のポイントは意外なところにある

ということをお伝えしたいと思います。

 

私はクラウドソーシングサイト

いわゆるクラウドワークスランサーズを2つ使っていて

 

応募経験も、採用させていただくクライアント側の経験もあり、

その中から

クライアントさんの話

ライターさんの話(すごく稼いでるライターさんの話)

を聞いたことがあります。

 

その上で、

応募のポイントって実は意外なところにある

ということをお話ししたいと思います。

 

誠実さに欠ける!?コピペの応募文

クラウドワークスの中でも、

一つだけ応募しておいても受かるとは限らないので

きっと何社も何社も応募すると思います。

 

私もいっぺんに10社とか応募してました。

 

応募の際、応募文を作っておくと思いますが、

その時に10社も応募するとなると、コピペをしたくなると思います。

 

応募文を自分で最初にテンプレートに作っておいて、それをコピーして貼り付けて送る…

 

実はこれはクライアント側からすると、

一番やってはいけないことだと聞きました。

 

テンプレート通りに沿ってコピペして送ってくる

クライアント側の仕事に対してのことが何も書かれていないですよね。

 

例えばそのサイトが子育てのサイトだとしたら、

「私は何人子どもがいて…」などの自分のアピールをしていかないと

その会社の内容を読んだということにはならないと思います。

 

採用側も分かっているので、この人はコピぺしていろんなところに応募してるだけだな

と思われ、採用されないケースが多くなります。

 

ポートフォリオを使おう!

よく言われるのが、

ポートフォリオはあったほうがいいです。

実績がない

どっかのサイトに書いたことがない

と言われる方が多くて結構ポートフォリオを作っていない方もいます。

 

ポートフォリオは採用されて書いた記事じゃなく、ワードで書いてもいいのです。

自分なりに何かについて書いた記事

自分で調べて何かについて書いた記事

といって、添付するだけでも

採用する側としては全然違うと言われています。

 

ポートフォリオ代わりに

ブログなどを作っておくとこれもかなり有利になります。

 

私もこのブログがあったことで、かなり採用度が高くなったということもあります。

 

クライアントに対する姿勢

私や他のクライアントさんからも聞いた選考基準としてお話ししたいのが、

スポンサーリンク

 

私はクラウドワークスの方で文字おこしの募集をさせていただいていて、

私が送った文面に1から6まで答えてくださいという質問事項が、2回ほどあったと思います。

「面倒くさい~」と思った方も多分いらっしゃると思いますが、

 

その時に1から6までの質問事項に色々な答え方がありました。

・全部大丈夫です。

・1から6まで ok です。

・1から6、了承しました。

・1から6まで問題ありません。

一つずつの項目に答えるのではなく、このようにまとめて答えている方がいました。

 

実は、このような書き方は、

すぐにでも採用しないという基準になります。

 

(最初の方は私もそれでも採用したこともありました。)

 

どういうことか説明すると、「1から6まで大丈夫です」とまとめて答えている人は、

マニュアルをちゃんとしっかり答えられない、つまり…

マニュアルがちゃんと読めないということにになるんです

 

ちゃんと一つ一つの質問に対して、しっかり回答を下さる方っていうのは、

私のマニュアルもしっかり読んでくれています。

これは本当に大事だと思います。

 

これからいろいろ

応募される方もいらっしゃると思いますが、

色んなサイトを見ていると応募人数って多いです。

 

そこで人数多い中でどう勝ち抜いていくかというと、

クライアントにあった文を書くことが一番大事だと思います。

 

コピペはしない!つまり

テンプレート通りのコピペはしない!

ということですね。

 

例えば子育てサイトとかであれば、

私は何歳と何歳の子供がいる

どういうふうに子育てを経験した

自分の子育て談を入れる

旅行サイトだったら、

私は旅行が好き

いついつ、どこどこに旅行しました

こういったクライアントの会社や個人の、応募要項に対しての何かを入れておくと

 

私はクライアントさんの募集文をしっかり見ましたということになるので、

これは本当に大事だと思います。

 

まとめ 〜応募文はラブレターのように〜

これも聞いた話ですが、

応募文はラブレターのように書く

とも言われています。

 

それはクライアントを引き付けるために、

好きな人に書くような気持ちになって書くと良いと言われています。

 

これからライターとして

いっぱい案件をとっていきたい!という場合にぜひぜひ試してみてください。

 

実績とか資格を見られることもあるかもしれませんが、

実は細かいところもクライアントさんによってはしっかり見ています。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.