忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

【マツコ夜の徘徊】浅草蔵のあるバー「ギャラリー・エフ」の場所と看板ネコを紹介!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちは!flowerです。

マツコ・デラックスさんが気ままに夜の巷を徘徊する番組、「マツコ夜の巷を徘徊する」で、

10月24日は「浅草で東京大空襲に耐え抜いた150年前の蔵があるバー」を徘徊するといいます。

 その場所が、「ギャラリー・エフ」さんという場所だとわかりました。

蔵がいまだにあるなんて、貴重な場所ですよね。
そして、看板ネコちゃんがいるというので、調べて行きたいと思います。

浅草蔵のあるバー「ギャラリー・エフ」の場所とアクセス方法

浅草雷門近くにある「ギャラリー・エフ」さんは、昼間はカフェとして夜はバーに変身するカフェ&ギャラリーなんです。

 「ギャラリー・エフ」

★住所:〒111-0034 東京都台東区雷門2-19-18

 「ギャラリー・エフ」へのアクセス方法

★都営浅草線 浅草駅 A5出口より右2軒隣
★銀座線 浅草駅 2番出口より徒歩1分
★都営大江戸線 蔵前駅 A5出口より徒歩15分
★東武線 浅草駅 徒歩2分
★つくばエクスプレス 浅草駅 A1出口より徒歩10分

【カフェ】
11時から19時(ラストオーダー18時30分)

【バー】
[月~木・土] 18時から24時
[金・祝前日] 18時から翌2時
[日・祝] 18時から22時

【定休日】
火曜日、不定休

スポンサーリンク

「ギャラリー・エフ」の店内と看板ネコちゃんは?

「ギャラリー・エフ」さんでは、150年前の蔵はアートスペースとして展示作品やイベントスペースとして使われています。

150年前の蔵はアートスペースとイベントに

落ち着いて見られそうな素敵な場所ですね。

カフェのメニューも豪華

メニューもパスタからシフォンケーキまで豪華!

看板ネコは2代目「すずのすけ」くん

看板ネコちゃんの「すずのすけくん」

スポンサーリンク

すずのすけくんは、何と2代目の看板ネコ。初代が銀次さんというネコちゃんだったそうです。

初代銀次さんの本があるんですよ。

 「銀次親分物語」

※詳細は画像をタップ

 

すずのすけくんは、看板ネコとして取材を受けているからか、撮影してもカメラ目線で全然動じないそうです。

この本の表紙の猫ちゃんは「すずのすけくん」ですね。

※画像タップで拡大

お客さまみんなを和ませてくれるのでしょうね。

まとめ

 今回は、「マツコ夜の巷を徘徊する」で「浅草で東京大空襲に耐え抜いた150年前の蔵があるバー」の「ギャラリー・エフ」さんについて調べてみました。

看板ネコちゃんのすずのすけくん、マツコさんと戯れる姿が目に浮かびます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2019 All Rights Reserved.