忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

迷ったらやる!挑戦するのみ!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今日は、

迷ったらやる!挑戦するのみ!

 

というお話をしたいと思います。

 

何かをしようとするとき

新しいことをしようと思うときって必ず、

「やるかやらないか」っていうことで迷いますよね。

 

そうすると、迷った挙句に、

まぁいいかぁと思ってやらないことも多いと思います。

 

人間はそういうふうにできている生き物で、

「まぁいいか~」と考えてしまうのは当たり前のことなんだそうです。

 

人間に備わっている機能

これはちょっと調べたんですが、人間は楽をする生き物であって、

どうしても楽なほうに行ってしまい

やらないという方法を選ぶ生き物なんだそうです。

 

確かに選択肢の中で、やらなければ楽っていうことが多いと思うんですね。

 

だけど、その楽な方ばかりに行って、やらない選択をしていると、

成長できなくなってしまう思います。

 

なので、人間に備わっている機能がそうさせるので、

私たち人間は、正しいことにチャレンジしようとすると、

まずやるかどうかということで悩んでしまうんです。

 

それで、また今度やろうと思って先延ばしにしてしまうって言うことが多いと思います。

 

人間っていうのは、

チャレンジもしたがらない

新しいことをチャレンジしたとしてもすぐに辞めちゃう

と思うんですね。

 

それは、人間ってそういうふうにできているからなんです。

 

人間に備わっているその機能で、ホメオスタシスっていう恒常性維持機能があって、

今までと違う自分になろうとすることに対して、ブレーキをかけてくる

という機能があるので、

そこを破らないと成長もできないということですよね。

 

 

迷いは成長の分かれ目

迷うっていうことが出てきたら、

チャレンジして成功するか

自分を現状維持させとくか

2つの分かれ目になります。

 

ということは、そこで成功できるかできないかっていうことですよね。

 

迷った時に、やらないと、

今のままの現状維持はできるけど、

逆にやると、成長できるチャンスっていうのが生まれてくる

ということになります。

 

でも、新しく何かをやるときは、当然うまくいかなくて、失敗することもあります。

最初からうまくいく訳ありません。

 

なので、何度も何度も失敗して、

成功するまでやり続けるって言うことも大事だと思います。

スポンサーリンク

 

迷わない方法を作る

あとは、迷わない方法を作ってしまうということも1つの手だと思います。

チャンスと捉える

迷うっていうことをチャンスと捉えて、

迷ったことはやろうと自分の中で決めてしまう。

 

そうすると、1つの選択肢しかないので、

もうやるしかないんですよね。

やると決める

これは自分で決めておくことなんで、なかなか守れないかもしれませんが

迷ったらやるって決めちゃう

っていうこともいいと思います。

 

やってみないと本当にわからないので、

失敗して当たり前と思ってやることが大事だと思います。

 

選択肢を作らない話

また、選択肢を作らないということもできると思うんですね。

 

例えばなんですが、私の例え話がうまく伝わるか分かりませんが

A 社・B社・C社という会社があったとします。

 

私は以前、仕事のアドバイスをしてくれるキャリアカウンセラーに相談をしていて、

「どこに応募しようか迷ってるんですよね~」

って言ったんです。

 

そしたら、キャリアカウンセラーの人が、

「迷うはことなんてないじゃない!全部応募すりゃいいのよ」

っていうふうに言ったんですね。

 

それで私は、

「全部応募して、もし全部採用になったらどうするんですか??」

って言ったらキャリアカウンセラーの人は

「それって、みんな聞くのよね~」

って言われて。

 

その後、

そもそも全部採用されるとは限らない

全部採用されてしまったとしても自分が選べばいいのよ

って言われて、「なるほど~」と思いました。

 

採用されるかされないかは別として、A社しか応募しなかったとして、

もしかしたらB社とC社が、自分にとってすごく良い会社かもしれないんですよね。

 

でも、その3社にとりあえず全部応募しておくことで、

採用されなければ何か問題があったのかもしれない

自分が合わなかったのかもしれない

って思えると思うんですね。

 

だけど、A社だけしか応募してなかったときに、A社が落ちたら、

「B社も受けておけばよかった~~」

というふうに思ってしまうと思うんです。

 

だったら最初から全部、選択肢をつけないで、

全部応募するっていうのも手かなと思います。

 

まとめ

結局何が言いたかったのかというと、

迷ったらやってみようということをお伝えしたかったのです。

 

私もそれは本当になかなかできなかったことですが、

今は、迷ったら失敗してもいいからやってみよう

っていう気持ちでいつもやっています。

 

何か皆さんも挑戦とかしていただければいいな

と思ってお話をさせていただきました。

 

ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.