忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

見栄や意地の張り合いは醜い…

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

 

今回は「見栄や意地の張り合いは醜い」

っていう話をしたいと思います。

 

なんか題名からしていろいろ複雑な感じがすると思うんですが

私が体験した話で、

「人間の見栄や意地ってやだなー」

って思った話をさせていただきたいと思います。

 

お葬式の時の話

これはうちの親戚と主人の親戚の話になります。

 

見栄と意地っていうのは

主人のお葬式の時に分かったことなんです。

 

主人が亡くなってお葬式となった時に、別の話の中で

主人の姉と父の所在がわからなくなってしまった

 

っていうわけのわからないすごい話しがあるんですが

 

まあそれは置いといて…

 

見栄と意地の張り合い

主人の親戚

主人の親戚はそんなに多くなく2軒あったんですが、

親戚に連絡しないわけにもいかなくて、親戚には連絡は私から入れたんですね。

 

そしたらその2軒の親戚同士の仲が超悪くて

結局私が間に入ってその2軒の話を取り持つしかなかったんです。

 

2軒の仲が良ければその2軒同士で話し合って、

一緒に来てくれて手伝ってくれるとか

協力してくれるとかがあると思うんですけど、

2軒同士の親戚が仲が悪かったので

私に全部連絡してくるところが大変でした。

 

1軒1軒が会いたくないので、

1軒がお通夜だとしたら、もう1件は告別式に行く

 

っていう絶対顔を合わせない作戦をお互いに取ろうとしたんですよね。

 

なので例えば

Aのほうが通夜に出ますよって言ったら

Bの方はじゃあ告別式でますよって言って


お互い顔を合わさないというようになりました。

 

でも顔を合わせないんだから、

見栄とか意地とかってはらなくていいと思うんですよ。

 

なのにお互いが、

「あっちの家は花はいくらの出したの?」

っていうふうに言って来たんです。

 

でもまぁ嘘はつけないので、「○○円くらいの花ですよ」って言ったら

それにもう片方は上乗せしてくるんですね。

 

それでまたもう片方も同じことを聞いてくるので

お互いに上乗せしてきて、ある程度の額で止まって、

結局お互い同じ額で決まりました。

 

そしたら今度、「どこに飾れ」っていうところまで指定してきて、

スポンサーリンク

目立つところとか手前のこっち側とか

本当に意地の張り合いっていうのが、疲れたっていうか、

「そこまで誰も見てないよ」

というふうに私は思ってしまいました。

 

当日、本当にお互い顔も合わせずに無事に終わって、

花の位置っていうのは実は主人の会社組織がすごく大きくて、

結局その会社の花に埋もれてしまって全然わかんなくなった

 

っていう結果になったんですけど、お葬式の時までやだなあというふうに思いました。

私の親戚

それは私の親戚もそうで、

そんな意地の張り合いっていうほどでもないんですけど、

主人のお葬式自体が、お葬式が豪華って言い方も変ですけど

会社の組織が大きかったのでお葬式も予想よりも大きくなってしまったんですね。

 

そしたら親戚に「ずいぶん豪華なお葬式やるのね」

ってちょっと心ないようなことも言われました。

長男への影響

そんなの言われてもどうでも良かったんですけど、

ここで意外な人物に影響を与えてしまっていたことに気がつきました。

 

長男ですね。

11歳で小学校5年生だったんですけど、電話のやりとりだったり、親戚とのやりとりをしてた時に

そばにいると聞こえますよね。

 

それを聞いてて、人間が嫌いになっちゃったみたいで、

その辺から

「人間ってやっぱりお金なんだねぇ」とか
「みんなお葬式のことでこんなに意地張り合うんだねぇ」


ってすごい言ってたのを覚えてます。

 

変な言い方ですけど、長男の人間不信とか人間嫌いって

そこから始まってしまったような気がして。

 

今では「良い勉強になった」って言ってくれますけど、

すごい嫌な影響を与えてしまったのかなーっていうふうに思っています。

 

さいごに

その時は自分のことしか考えられなくて

子供たちまで目がいかなかったんですけど、

 

大人ってこんなときにも

「意地とか見栄って張り合うんだなー」っていうふうに思います。

 

あんまりそういうふうにはなりたくないなって思いますね。

 

個人的な話でしたが、聴いていただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.