忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

もっと伸び伸びしたかった子ども時代の話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」持ちのため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 しかしライターとして書き続けることに限界を感じて、現在本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 将来的にはゆっくり、プリザーブドフラワーを作りたいという夢を持っています。

皆さんこんにちは、たえです。

今日は

もっと伸び伸びしたかった子供時代

 

というお話をしていきたいと思います。

いい子でいるしかなかった私の幼稚園時代

私は幼稚園の頃からしっかりしていて、

「すごくいい子」

っていう風に言われていました。

 

でも…あんまりいい子いい子って言われ続けると

悪いこともできなくなってしまうんですよね…

 

今自分でも思うとその頃の私って

全然可愛くなかったと思います。

 

なんか大人びていてなんか子どもらしくなかった

っていうのがすごく思い出にあります。

 

やっぱり

我慢をしていい子いい子で失敗しないでいよう

ってなると、先生の前でも親の前で、

もうとにかくいい子でいるしかなかったんです。

 

兄、母との関係

私には1つ上の兄がいますが、

ほんとに自由気ままな人で、明るくていわゆるヤンキーで、

学校に母親が呼び出されるっていうような人でした。

 

本人は楽しそうに過ごしていたっていうのを覚えていて、

しかし反面、「兄のことがすごく羨ましいなぁ」って思っていました。

 

母親が何度も呼び出されている姿を見てしまうと

私がもっとしっかりしなきゃって

思ってしまうんですよね。

 

もっともっと自分が苦しくなって

とにかくいい子を演じなきゃいけない

っていう風になってしまいました…

いい子でいること=失敗を恐れてしまっている状態

でした。

 

小学校で手をあげて発言するときも、

正解を言わなくちゃいけない

失敗しちゃいけない

間違った言葉を言ったらいけないって

失敗を恐れる子どもになってしまっていました。

 

子どもらしくなくてガッチガチに

緊張していたというように思います。

 

過去の自分へ、そしてこれから

今の私から

あの時代の私にもし声をかけるんだったら、

「もっと肩の力を抜いていいんだよ」って言いたいです。

 

失敗は本当にたくさんしておいた方がいいな

っていうように思います。

 

慎重になりすぎると逆に行動ができなかったっていう事

が今思うとすごく多かったと思います。

 

今、40歳半ばを過ぎた今でもやっぱり失敗が怖いな

と思うことがありますけどね。

 

今私が

ネットビジネスを教わっている人(トラさん)

スポンサーリンク

「完璧じゃないし、どんどん失敗していい。

 

失敗はどんどん成長している証拠だから100点満点でなくていい。」

 

って言ってくださいます!

 

それがすごく今は救われていて、今更遅いんですが、

子どもの時にこういう考えの人にもし会っていたら、

 

私はもっと生き生きできていたのかな

って言う風にも思います。

 

今の子供たちも

 

本当にのびのびと生き生きと楽しく

 

過ごしてほしいな

 

と思ったお話でした。

 

ありがとうございました。

 

関連記事は経験談です。ぜひ、ご覧ください!!

初めてライター案件を受けた時の話↓

プリザードフラワーの魅力↓

主人の死と就活とは。↓

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」持ちのため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 しかしライターとして書き続けることに限界を感じて、現在本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 将来的にはゆっくり、プリザーブドフラワーを作りたいという夢を持っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.