忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

年賀状だけの付き合いだけど…

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは。たえです。

皆さんは年賀状は毎年書いていますか?

最近テレビの広告で年賀状のCMをよく見るようになりました。

 

今年もあと3ヶ月かぁと思うと、なんか焦りが出てきますが、

今回は年賀状について思い出したことがあるので

 

お話をさせていただきたいと思います。

 

当たり前だった年賀状

昔って、年賀状って当たり前でしたよね。

友達

親戚

先生

とか普段会っているのに必ずだしていて、

何十枚とか書いてたような気がします。

 

そのために

絵を考えたり

スタンプ買ってきたり

自分でスタンプ作ったり

いろんなことをして、楽しみながら年賀状を作った覚えがあります。

 

ネットの時代になって

でもネットの時代になって、

いつのまにか年賀状が減ってしまって

自分自身も全然書いてないってこともあるんですけど、

 

年賀状なんて、

数枚しか届かないことになっていると思います。

 

でも毎年私に年賀状をくれる人がいます。

その人は私の母ぐらいの年齢の人なんですが、

 

私が保育士として働いてた時に、

パートとして来てくれてた人で

すごく明るい

保育士同士のいざこざをまとめてくれる

お酒が好き

元気

そんな人なんですね。

この人が、毎年今でも年賀状を必ずくれるんです。

 

先ほども言いましたが、お酒が好きな人なので、

「また飲もうねー」なんて、毎年書いてくれるんですけど

実現できずに、もう何年か経ってしまっています。

 

本当にスマホとかパソコンが普及して、

スポンサーリンク

今って字を書くことが全然なくなってしまっていますよね。

 

久しぶりにその人に手紙でも書こうかな。

なんて思ったんですけど、

いざ書こうと思うと、書けない自分にすごくびっくりしました。

自分の字が下手くそ

何から書いていいか全然わからない

そんな風になってしまってるんですよね。

 

便利さを手に入れた反面

ほんと便利な世の中にはなったんですけど、

一方で大事なことを忘れているんじゃないかな。

 

と、私はすごく感じました。

 

自分の小さい頃は、文通とか友達に手紙を渡すこととかも流行っていて、

どんなレターセットにしようか

シールはどんなのを貼ってあげようか

とか、すごくいろんなことに想像をふくらませて

楽しんでいたように思うと、

 

あぁ、なんか今って、全然手紙を書くこととか、

字を書くことすらしないなぁって思いました。

 

文字を書くことの大事さ

字に性格があらわれるって言うんですけど、

その私に年賀状を下さる人はすごい達筆なんです。

 

年賀状自体は印刷されたものだと思うんですけど、

必ず一言自分の字を添えてくれるんです。

その気遣いが私もすごく嬉しいです。

 

お正月になると、毎年

字が大切なこと

文章が大事なこと

そういうことを思い出させてくれます。

 

今年ぐらいには、ちょっと私から書いてみようかなぁ

なんていうふうに思っています。

 

今日はこんな話でした。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.