大人だって褒められると嬉しい!正直に褒めてみよう

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。たえです。

 

今回は『大人だって褒められると嬉しい!正直に褒めてみよう』っていう

お話をしたいと思います。

 

大人だって褒められると嬉しいと思います。

 

でも、子供の時のように素直に褒められても

受け取れないってことがあるのではないかと思います。

 

今日はそのことについてお話をしていきます。

 

なぜ大人は褒められると素直に受け取れないのか

子供の頃、誰しもお父さんやお母さん、

学校の先生や友達に褒められて

「凄く嬉しかった」っていう記憶があるのではないでしょうか?

 

褒められるとすごく嬉しくなってやる気も出てきますよね。

 

褒められることによって

自分に自信が持てたり、自分が知らなかった一面

も気づかされるっていう事もあるのではないかと思います。

 

そんなに褒められることってすごくいいことなのに

大人になるとどうしても、例えば褒められたとしても

複雑な気持ちになってしまうというか素直に受け取れないって

いうことがあると思います。

 

それはなぜかというと

大人になると裏が出てしまうというか

断りづらい何かを頼みたいから、何か相手に対して要求があるので褒めるという方法を

とる場合もありますよね。

 

そうするとやっぱりそういうことが重なると

やっぱり褒め言葉に目的があるっていう風に思ってしまうのではないかと思います。

 

ただこう社交辞令のような言葉をいろんな人に対して

その人が同じような言葉をかけていると、

始めはうれしかったけど、色んな人に言ってるんだなぁっていう

言葉の重みがなくて挨拶とか社交辞令のようなものに感じてしまうのではないかと思います。

 

 

大人にはちょっと色んな褒め言葉が

スポンサーリンク

いろいろな使い方をするっていうことが事実ではあるのですが、

純粋に素直に相手を褒めることを伝えることも大切だと思います。

 

相手を褒めてみよう

ではどうしたらそうやって純粋に相手に想いを伝えられるのかっていうと

やっぱりその人に対して自分が良いと思ったこととか

自分が感動したことなどをそのまま相手に思いのまま相手に伝えるということ

まっすぐ伝えるって言うことが大事だと思います。

 

 

思った相手には遠慮せずに褒めるようにすると良いのではないかと思います。

 

あとは自分の言葉で伝えるっていうことですね。

 

どんなところがどんな風にこう良かったのかを

自分の言葉でしか伝えられない想いっていうのがあると思いますね。

 

 

そうすると素直に褒めているって言うことになって

相手にもうすごく伝わる事が多いと思います。

 

なので

褒めることって年齢とか立場はなくて

素直な想いっていうのはぜひ伝えるもの

だと私は思います。

 

褒めるっていうのは自分が心で感じたことを

素直に言葉にして相手に伝えるっていうことと同じなのかもしれません。

 

なので自分がこの人すごいとか

本当に感動したとかそのことを思ったら

素直に口に出して相手に人を褒めてみるって事も大事だと思います。

 

まとめ

大人になって褒められるっていう機会が失われている今、

子供のころの気持ちになって、もう一度素直に褒めるっていうことを

してみるといいのではないかなーっていう風に思いました。

 

今日は『大人だって褒められる嬉しい正直にこう褒めてみよう』

ってお話をさせていただきました。

 

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です