忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

大人はつい忘れてしまう、子どもから学ぶ幸せのヒント

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今日は、

大人はつい忘れてしまう、子どもから学ぶ幸せのヒント

 

ということをお話ししたいと思います。

 

子どもから学ぶ考え方

子どもの真っ直ぐな気持ちと行動力

年を重ねて大人になると、

仕事や生活の中で、ある程度の地位ができてしまって、

自分の中にも型が出来てしまうと思います。

 

でもこれは、

大人同士のやりとりをスムーズにして、

私生活を支障なく進めていく上で、

とても必要なものなんですよね。

 

大人として型は必要なのですが時々、

型にとらわれない子どもの言動に、

 

ハッとさせられるっていう事もあると思います。

 

子どもには大人にはない考え方や感情があって、

一般常識の枠にはまらない、子どもの生き方というのを時々見てみると、

大人はいかに、がんじがらめになっているのか

 

ということが分かると思います。

 

子どもが大人に教えてくれる幸せのヒントとして、

子どもの行動を見てみると、

子どもは思うままに行動していますよね。

 

自分の気持ちに従って、

正しいか正しくないかということに悩むよりも、すぐに行動に移している

と思います。

 

そういう子どもの行動力っていうのは、

大人にはなかなかないもので、子どもの特徴でもあると思います。

 

また、子どもがすごいと思うのは、

今を全力で楽しんでいるということですね。

 

大人になるとどうしても、

明日のこととか、

過去のこととか振り返ったりして、

不安とか心配ばかりにとらわれて、

その時を全力で楽しむことが出来ないことが多いと思います。

 

でも子どもはそんなことを考えずに、

今、全力で楽しむということが出来ているので、

時にはこういう気持ちも持ちたいなというふうに思います。

 

子どもは人の目を気にしない

また子どもの良いところは、

誰にどう思われているかとか、

人の目をそんなに気にしない

ということですね。

スポンサーリンク

 

ただ、自分のやりたいことを真っ直ぐにやって、素直な気持ちを言葉にするので

人の目を気にしないで行動することが出来るのだと思います。

 

また、子どもの特徴として、

感情を素直に表すというのが、良いところだと思います。

嫌だったら大泣きするし、

嬉しければ、体中で喜びを表現し、

すごく子どもの感情表現って真っ直ぐだと思います。

 

これを大人がやれと言っても、

なかなか出来ることではないのですが、

そういう気持ちを、時には持ってみるのもいいのかな

というふうに思いました。

子どもの信じる力

また、子どもの良いところとして、

信じるということがすごく出来ること

ですよね。

 

絵本を読んでいるとすごく分かるのですが、

子どもは絵本にすごく入り込むので、

おとぎ話とか絵本の世界をすごく信じているのですよね。

 

本気で怖がったりしていますし、

信じているから、その行動が出来るわけです。

 

なかなか疑い深い大人にとっては、

子どもの信じるという気持ちは、見習いたいものだなぁというふうに思います。

 

大人の在りかた

でも、子どものように大人が振る舞ったら、

逆におかしいことになりますよね。

 

全力を出すのが子どもなら、

上手くバランスをとるのが大人

というふうに思います。

ここぞと思った時だけに、我を通す。

信じたいと思った相手はとことん信じる。

今は全てを忘れて楽しむ。

このように、

時と場合や、相手を選んで振る舞いを変えることが出来る

 

のが大人だと思います。

 

まとめ

本当に大人になるにつれて、

自分の型というのは、ガチガチにできてしまっています。

 

もうそれに縛られないためにも、

時々心が疲れたら

子どもの頃の気持ちを思い出して、

子どもの素直な気持ちをもう一回振り返って、

日常に少しだけでも取り入れる

といいかなというふうに思いました。

 

以上です。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.