忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

大人になっても褒められたことがありますか?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちはー。たえです。

今日は大人になっても褒められたことがありますか?

というお話をしたいと思います。

 

大人になっても褒められたことがありますか?

この題名の通り、大人になって褒められたことって皆さんあるでしょうか?

私も全然無かったんですけど・・・

ある仕事をして、ものすごく褒められることを知りました。

 

それで

大人になって褒められるって、こんなに嬉しいことなんだな

 

と知って、それから私も考え方が変わって実行しています。

 

なぜ褒めるのか?

なぜ褒めるのかと言うと・・・

率直に言うと褒められたら嬉しいからです。

承認欲求

人は誰でも

・他の人から認められたい

・自分を価値ある存在として認めたい

という欲求があると思います。

 

なので

大人でも子供でも褒められたら凄く嬉しいと思うんですね!!

 

子供の頃は物を拾ったり、何か手伝ってくれたり

それだけでも「〇〇ちゃん偉いねぇ」って言って褒めてもらえるじゃないですか!

 

だけど大人になると、ちょっと何か拾ったからって

褒めてもらえるわけではないと思うんですね。

 

なので大人になるとなかなか褒めてもらえないので

大人を褒めることって大事なんではないかな

という風に私は学びました。

 

褒められたいからその人を褒める

返報性の原理

「私も褒められたいからその人を褒める!!」

それって自分には

人に与えたものが帰ってくるっていう返報性の原理

があるということなんですよね。

 

結果的に自分も共感して褒めてもらえて好循環になる

 

のでとにかく褒めるようにしています。

 

ただ褒めれば良いわけではない

「褒める」と言っても

ただ褒めれば良いという訳ではなく

褒めるにはその人の事を知らないといけない

 

ですよね!

 

その人の事を知らないのに

・すごいですね

・これよかったですね

と言ってもその人には全く響かないと思います。

 

どこがどう良かったのか、そういう細かい事に気づいて褒めていかないと

 

その人にも響かないのです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

1.相手に関心を持つ

まずは、相手に関心を持たないといけないと思います。

相手のことを知らないと、褒めるということもできないですよね。

スポンサーリンク

2.相手が意として無い事に気付いてあげる

相手が、

自分が気付いてない部分に気付いて褒めてもらえたら凄く嬉しい

ですよね!

 

そして、

その人が意識して取り組んだ事は、当然褒める事が大事

だと思います。

 

その人が意として、気が付いて無いことに気付いてあげるのが大事で、

そういう所を見てくれる人ってなかなか居ないと思うんですね。

3.どんな小さい変化でも認めて褒めてあげる

どれだけ小さい変化でも見逃さずに褒めてあげるって言うのは、

ものすごく大事な事だと思います。

 

変化や大きさじゃなく、どんなに小さい変化でも認めて褒めてあげることが大事

 

なんですよね。

でもそれには、

本当にその人をよく見て、よく観察していないといけない。

 

観察していないと褒めることはできないと思います。

これは本当に全ての人間関係において言える事なんです。

 

自分に、もしそういう承認欲求があってすごく

・褒められたい

・共感したい

・共感して欲しい

って思う時に待っててもどうにもならないんですよね!

 

なので自分からプレゼントを与えるように

人の変化をよく見て、よく褒めてあげる事が

大事だと思います。

4.信頼や共感へ繋がる

そうすると、

 

自分への信頼や共感などへ繋がります

 

信頼に繋がると、またその人の事をもっと知りたいと思って、

その人の為にどんどん何かやってあげたいとか

役に立ちたいとか思うんですよね!

 

まとめ

1.相手に関心を持つ

2.相手が意として無い事に気付いてあげる

3.どんな小さい変化でも認めて褒めてあげる

4.信頼や共感へ繋がる

まず相手の事をよく観察し、

先に相手に対して共感することが大切なんです。

 

なので大人になって褒められたいって言い方も

おかしいかも知れないですが、

自分の中に、もし認められたい気持ちがあるのならば、

先に相手に対して共感してあげたり、見てあげる事が大事

 

なんだろうなという風に思います。

 

そのためにはまず

相手のことをよく観察していないと褒めることもできない

ですよね!

 

私も最初は本当に「これ難しいな~」って思ったんですが、

 

大人になって褒められることって滅多ににないので、

褒められるということ、褒めるということは

大事だと感じました。

 

以上です。ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.