忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

大人と子どもの勉強の違い

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは~。たえです。

今回は、「大人と子どもの勉強の違い」

についてお話したいと思います。

 

私もこれを聞いて「あーなるほどー!!!」

と思ったので、ちょっとお話しさせて頂きますね。

 

大人と子供の伸びの違い

子供ってすごく

グングングングン

日に日に

色んな事を吸収して

伸びて行くと思います。

 

でも大人って、もうそんなに

一日一日伸びて行くって事はないですよね!

 

 

なぜ?

それには多分、このような理由があると思います。

1.大人と子供の勉強量の違い

1つ目は「勉強量の差」です。

 

子どもって学年が進めば進むほど

新しい事を教わって勉強していきますよね!

 

月曜日から金曜日まで毎日学校に通って

5時間授業とか6時間授業などをやっています。

 

そうすると、大人と子どもでは

勉強している量が全然違ってきます。

 

大人の場合、例えば会社員として働いている方だったら

その労働時間の8時間を、

勉強ではなく、すでに出来ていることをやっている

 

といえますよね。

 

毎日毎日単調な事をやっているので、成長する訳ではないと思います

 

なので新しい事をチャレンジするのだったら

全然伸びてないって事になってしまいますよね。

 

ここが大人と子どもの差だと思います。

2.大人と子どもの自己投資額の違い

2つ目は「自己投資する金額」です。

 

親は自分の子どもには、教育費や習い事などにお金をすごく使うと思うんですね!

 

でも、大人になると

自分自身が成長する為の新しいスキルに投資しないと思うんです!

 

独学で勉強する人が多いかと思います

 

でも子どもは、独学で勉強している人はほとんどいないですよね!

 

それが、

子どもが伸びるか、大人が伸びるかと言う「差」だと思います。

 

大人の場合だったら

自分の稼いだお金を使うからには

成功したい!

失敗したくない!

と思うのが当たり前になってしまいます。

 

そうすると

チャレンジもしなくなって

失敗もできなくて

そうすると成功も出来ない

という悪循環になってしまうので

スポンサーリンク

その辺が大人と子どもの勉強の差だと思います。

3.大人と子どもの選択肢の違い

3つ目は「嫌!と言える大人」と「強制的に学んでいる子ども」の違いです。

 

子どもって強制的に勉強をやらされると思うんですが、

大人は「嫌!」と言えますよね。

 

子どもは、学校へ行って、やらざるを得ない状況に

追い込まれますが、

 

大人は「嫌だったら嫌だ!」と言えて「やらない」という選択肢があります。

 

子どもだったら「やらなきゃいけない」けど

大人は「やらなくてもいい」という選択肢があることで、

大人が成長するには難しいということになってしまうんです。

4.現状維持の働きが強くなる

4つ目は「歳を取れば取る程、自分の現状維持の働きが強くなる」

 

という事です。

 

現状維持をする仕組みは

前にもお話したと思うんですけど

「ホメオスタシス」というものが、歳を取れば取る程強くなると言われています。

 

 

例えば40年間生きて来たとしたら

その40年間の行動パターンは

安全に生きて来られたという事になります。

 

その行動を維持しようとする力はものすごく働く

 

という事なんです。

 

なので大人になって歳を重ねれば重ねる程

現状を維持しよう!

現状を守ろう!

とします。

 

すると新しいチャレンジをするのがヘタクソになってしまう

という事なんです。

 

大人が成長するには?

大人が

新しく成長したい

新しいスキルを手に入れたい

と思ったら

この4つのことを念頭に置き

自分を変える為には自分をどう動かすのか

 

を考えなければいけないということになります。

 

ちょっと難しくなってしまったかも知れないですが

子どもと大人にはこれだけの差があるということです。

 

なので大人は伸びにくいという事なんですね。

 

まとめ

現状を変えたい!成長したい!と思っている方は

1.大人と子供の勉強量の違い

2.大人と子供の自己投資額の違い

3.大人と子供の選択肢の違い

4.現状維持の働きが強くなる

このような事を頭に入れて自分を動かさないと

 

うまくいかないということなんです。

 

今日はこんなお話でした。

 

最後までご覧頂き

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.