忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

PDCA改善サイクルを回すこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今日は 、PDCA改善サイクルについて

お話ししたいと思います。

 

私も、ネットビジネスを始めてから、

 「PDCA改善サイクル」っていう言葉にはよく出会いました。

 

最初は、「PDCAって 、何?」って、全然分かりませんでしたが、

 

今、改めて初心にかえって、お話ししてみたいと思います。

 

PDCA改善サイクルとは

まず 「PDCA」 というは、

「P」 : plan      計画する

「D」 : do      やってみる

「C」 : check   検証する

「A」 : action   修正した行動をする

という、この頭文字を取ったのが

 PDCAサイクルといい、ぐるぐる回す改善サイクルです。

 

また、P→D→C→Aとやっていき、

「A」まで行ったら、 「P」 に戻る

という、グルグル物事を回して、更に良くしていく方法です。

 

「P」「D」「C」「A」について

PDCAについて、もっと細かくいうと、

 

P(plan)

・プランとか計画する。

・どうしよう、どういうことしようかとか決める。

 

D(do)

・計画に基づいて、まずはやってみる。

 

C(check)

・やってみたことに対して、結果はどうなのかという検証する。

 

 A(action)

・結果に基づいて、修正した行動をする。

 

これが、一連の流れとなります。

 

「D」が大事

PDCAサイクルで、「D」が特に、大事と言われていて、山場です。

「P」ばかりする人が多い

最初の 「P」で、

皆さん色んな事を検索して調べるということが、あると思います。

 「P」 はいっぱいややるんですよね・・・。

 

例えば、お金でいえば、

ブログ面白そうだな〜

ブログで収益得られたらいいな〜

ライターも良さそうだな〜

書いてお金もらえたらいいなぁ〜

と、検索 “” すると思います。

 

この、「P」ばかりやっている人が結構います。

私も、もちろん、そうでした。

 

「よさそう〜」「いつかやってみよう〜」みたいな感じで、

情報ばっかり調べて、結局やらない。

 

そうすると、

「よさそう〜」で終わってしまうので、何も入ってきません。

「P」と「D」 をセットでする

そこで、

「P」(計画) と「D」 (やってみる) をセットにするのが、すごくいいかもしれません

 

『インプットとアウトプットっていうのはセットでやろう』という記事の中で、

勉強したら、勉強したことをやるまでが、一連の動作だと思って、

 

インプット→アウトプット、という感じに、

「P」 →「D」を、スピード感を持ってやっていくのが大事

スポンサーリンク

かと、思います。

 

失敗はダメじゃない

“失敗したらダメだ” という心を絶対持ってちゃダメなんだ

ということを、お伝えしたいと思います。

はじめから、うまくいく人なんていない

完璧主義は、実は『失敗マインド』と言われています。

 

新しい物事にチャレンジする時というのは、

今までと違うことに挑戦することなので、

一発目からうまくいくって人は、まず、いないと思います。

私なんか全然、一発目からうまくいかないです。

 

そこを割り切って

”新しいことにチャレンジしたら失敗するんだ”

ぐらいの気持ちでいかないと、

なかなか上手くはいかないんじゃないかなぁ、と思います。

 

最初に失敗しても、

また、やり方を覚えて、コツコツ取り組めば、

絶対に、取り返すことが出来ると思います。

PDCAを回すと、出来ることが増える

 PDCAサイクルのDまでやると、

どこが自分の中でダメだったか

こうすべきだ

が、よくわかるようになるので、

失敗しちゃえば、もう勝手に次はこうやってみよう、となるので

結果が出てくるようになります。

上手くいった時は、

「ああこういう風にあるがうまくいくんだ」

ダメだった時は、

「こういうふうにやってみよう」「あ、ここ間違えたんだ」

と思って調べて、

修正した行動をとっていくと、だんだんスキルなどが勝手に身に付いていきます

 

 PDCA改善サイクルを回していくと、

どんどん出来る事が増えて、 11日、成長できます。

まずは、チャレンジ!

「自分には無理」とか「できそうにない」

と、思う必要がなくて

「良さそうだな」と思ったら、

まずはやってみるって言うことが大事です。

 

また、「D」のやってみるんだったら

いろんな情報を得ないとダメです。

やるには、勉強もしないと出来ないっという事がわかると思います。

 

失敗してもその経験は残るので、

チャレンジして、悩んでないでどんどんやってみよう

ということです。

 

そうすると、

失敗してもそれが無駄じゃないっていう風に思えるようになります。

 

まとめ

私も実は、「P」で止まるタイプです。

 

計画までは、すごく綿密にしますが、

そこが、長くなってしまって、

結局、やってみる(D)に移すまでに時間がかかりすぎて、

やってみる機会を逃すということが、しょっちゅうありました。

 

なので最近では、

「何でもやってみよう!」

「失敗するのが当たり前!」

くらいの気持ちでやってると、

 

自然に、失敗すれば、「どうして失敗したか」って思うので

 

「チャレンジしていろんな経験をした方が、自分にも役立つし、ゴールにも早いな」

 

ということを、感じています。

今日は、 PDCAサイクルについてお話ししてみました。ありがとうございました(*^^*)

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.