プリザーブドフラワーのプレゼントはいらない!?理由と3つの対処法

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!ライターのさゆりです。

最近、周りが結婚や出産や新居を買ったりなどでお祝い事が多くて幸せなアラサーママです。

お祝い事って何渡そうかな~って渡す前からワクワクしますよね♪

 

お祝い事で渡すものを決めるとき、お花っていう選択肢を選ぶときもあると思います。

実際に私も結婚したときや出産したとき、退職したときや誕生日・・・と、何度かいただきました。

ですが、お花って枯れちゃうんですよね。。

でもやっぱり貰うなら造花より本物のお花がいいな♪なんてわがままになってしまう自分がいます。

 

なので、この記事を読んで、

「プリザーブドフラワーって本物のお花なのに枯れないから

つい先日入籍した親友にプレゼントしようかな~」って思ったんです。

 

そして、どれにしようか調べているとなんと・・・

プリザーブドフラワーは貰っても困ると思っている方がいらっしゃる事を知りました。

 

これを読んでくださっている方の中にも、プリザーブドフラワーを

要らないから捨てよう

貰ったらどうしよう?

あげて迷惑にならないかな?

って悩んでいる方いらっしゃるのではないでしょうか?

 

喜んでほしくて渡したプレゼントで、困らせたくないですよね・・・。

私も悩んだのですが、プリザーブドフラワーやっぱりあげよう!と思ったので、

この記事を読んでプリザーブドフラワーについて詳しく知ると、いらないものでは無くなるかもしれません♪

また、これからプレゼントしようと悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

プリザーブドフラワーがいらないって思われる理由

プリザーブドフラワーってすごく人気なのに、いらないって思う場合もあるっていう事を知って、衝撃的でした。

 

・好みじゃなくて、部屋に飾りたくない

・アパートで飾るスペースがない

・長く飾っていてデザインが飽きた

・捨てる時期がわからない

・ほこりがたまる

というような理由で要らないな~って思われる方が多いようです。

 

私は、この理由をきいて、納得してしまいました。

プリザーブドフラワーに限らず「これ、どうしよう」って困るプレゼントって、貰ったことありませんか?

自分で買いそうにないものを貰うのも、プレゼントの良いところではあるのですが、

困るときの原因って、プレゼントを渡す相手の事(好みや趣味など)をよく知らないまま、自分の好みで渡している場合が多いという気がします。

 

もちろん、プレゼントを貰うことっていうのは嬉しいですよね!

最初から「プレゼントなんて要らないのに!迷惑!」なんて思わないと思いますし、

せっかく渡すので、さらに喜んでほしいですよね~。

なので、相手の事をよく考えて、プレゼント選びをすることが大事です。

 

プリザーブドフラワーをいらないプレゼントにしない工夫

プリザーブドフラワーのプレゼントをより喜んでもらうプレゼントにするために、

工夫できることってたくさんあると思うので、よければ参考にしてください。

 

好みじゃなくて、部屋に飾りたくない

自分の好みを押し付けないように、相手の好みを知った上で選ぶと良いと思います。

仲の良い友人とかだと、「どういう雰囲気のインテリアが好き?」とか聞いてみると選びやすいですね!

 

アパートで飾るスペースがない

小さくて飾りやすいものもたくさんあるので、そういうのを選ぶと喜ばれると思います。

スポンサーリンク

あとは、壁に掛けられるリースなんかも人気だそうですよ~!

 

長く飾っていてデザインが飽きた

自分でアレンジがしやすいものや、写真立てになっているものを選ぶと写真を変えるだけで雰囲気が変わるのでオススメです。

 

捨てる時期がわからない

「色が変わってきたりひび割れしてきたりするまで飾れるみたいだよ♪」とか

「日本だと3年くらいは綺麗なまま飾れるみたいだよ!」と、一言添えるだけで

「せっかく頂いたし、捨ててはいけないんだ・・・」というプレッシャーが軽減されるかもしれませんね。

 

ほこりがたまる

ほこりが溜まりにくいデザインのものも、たくさんあります。

たとえば、ガラスドームになっているものや、ガラスフレームに入っているものもあります。

 

ネットで調べたり、店員さんに相談してみるだけで、プレゼントの幅が広がりますよね~!

 

プリザーブドフラワーがいらなくなってしまったときの3つの対処法

プリザーブドフラワーを貰ったけど、いらなくなっちゃったな~って思われる場合もあると思います。

そういうときって捨てるだけじゃなくて色々な対処法があるのですよ~!

 

①綺麗に修復する

劣化してしまったところをカットするだけでも見違えるように綺麗になります。

他にも貼りなおしたりする方法もあるので、調べてみると自分に合ったやり方がみつかると思います。

 

また、色があせちゃって大切なプリザーブドフラワーを自分で染めたりするのはちょっと・・・という方でも、

修復してくれる業者さんもいてるので、お願いしてみるのもひとつですね♪

②違うものにアレンジする

もともと入っていた器を変えてみるだけでも雰囲気が変わると思います。

大きい器から小さな器に変えたり、お気に入りのマグカップを底上げして、

その上にプリザーブドフラワーをちょこんと置いてみたりしてもかわいくなりそうですよね。

アレンジする方法は色々あるので、2度楽しむことができそうです。

 

youtubeにも、たくさんアレンジ方法がありました!

③専門の回収業者さんにお願いする

捨てちゃうのはちょっと気が引けるというときは、専門の回収業者さんというのもいるそうなので、お願いするのもひとつかもしれませんね。

 

このように、生け花ではできないようなアレンジや対処法もあるので、

いらないな~とか、飽きちゃったな~って思ったときは、是非試してプリザーブドフラワーを楽しんでみてください♪

 

まとめ

プリザーブドフラワーがいらないって思われる理由

  • 好みじゃなくて、部屋に飾りたくない
  • アパートで飾るスペースがない
  • 長く飾っていてデザインが飽きた
  • 捨てる時期がわからない
  • ほこりがたまる

という理由が多いようです。

相手の事をよく考えて、プレゼント選びをすることが大事です。

プリザーブドフラワーをいらないプレゼントにしない工夫

相手の好みを知った上で、たくさん種類があるので事前にどういうものがあるのかよく調べたり、店員さんに相談したりして、さらに喜んでもらえるプレゼントにしましょう♪

プリザーブドフラワーがいらなくなってしまったときの3つの対処法

  1. 綺麗に修復する
  2. 違うものにアレンジする
  3. 専門の回収業者さんにお願いする

という方法を今回はご紹介しました。

 

お手入れいらずで長期間綺麗なままのプリザーブドフラワーってほんとに魅力的なところが多いんですよね。

 

なので、こういうプレゼントってほんとに嬉しいので、渡すにはすごく最適だと思います♪

この記事がプレゼント選びの参考になれば嬉しいです。

私も親友の入籍祝いのプレゼント選びに行ってきます~!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です