プリザーブドフラワーって枯れるの?3つの注意点と対処法をご紹介!!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

こんにちわー!ライターのみどりです。

1歳の娘がいる、アラサー主婦なんですが、

現在、在宅でwebライターのお仕事をしながら、育児に励んでいます。

 

ずっと家にいると、「部屋に花でも飾ろうかなぁ」なんて考えることがあるんですが、

私は、植物を育てるのが苦手で、すぐに枯らしてしまうんですよねぇ(;^_^A

そこで、ふと、昔親にプリザーブドフラワーをプレゼントしたことを思い出しました。

 

プリザーブドフラワーって、『枯れない花』ってイメージがありますけど、

「本当に枯れることはないの??」って疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

私も、気になって調べてみました!!

 

今回は、プリザーブドフラワーは枯れるのか?という点に着目して、

長持ちさせるための扱い方や注意点について、詳しくご説明したいと思います。

 

プリザーブドフラワーって、高価なものも多いですし、

・プレゼントしようと思っているけど、枯れてしまわないか心配

・プレゼントしてもらったから、少しでも長持ちさせたいなぁ

・部屋に飾ろうと思っているんだけど、手入れとかした方がいいの?

と悩むこともありますよね?

 

プリザーブドフラワーについて理解していないと、人にプレゼントするのは不安のままだし、

せっかく貰っても、すぐにダメにしてしまうかもしれません。

 

でも、ずっと枯れずに、長い間飾っておけたら、とっても素敵ですよね♪

高価な物でも、プレゼントする価値があると思います。

 

そのためにも、まずは、プリザーブドフラワーについて知って頂き、

これから購入される方や、お部屋に飾ろうとしている方の参考にしてもらえれば嬉しいです!

 

プリザーブドフラワーって枯れるの?特徴は?

まずは、

・プリザーブドフラワーは枯れるのか?

・どんな、特徴があるのか?

を知っておくべきです。

 

プリザーブドフラワーは、生花とは違うということはわかると思いますが、

実際に何がどう違うのか、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

特徴を知っていれば、プリザーブドフラワーの魅力をわかってもらえるはずです!!

 

まず、プリザーブドフラワーが枯れるのか?ということですが、

答えは、『枯れる』です。

 

正確には枯れるというより、劣化すると言った方がいいかもしれません。

生花のように、急に花がしぼんできて枯れてしまうわけではありませんが、

だんだんと、花びらの先から丸まってきたり、色あせて変色したりするようです。

 

しかし、プリザーブドフラワーの特徴は、見た目は生花とほぼ変わらないのに、

特殊な加工を施されているため、長期間保存することができるということです。

 

しかも、水やりをする必要がないという大きな特徴もあります。

また、生花のように花粉や香りも無く、染料を使って作られているので、

ダークブルーや、ラベンダーパープルといった、生花には無い色味の花も作れるんです。

 

プリザーブドフラワーは、絶対に枯れないというわけではないですが、

扱い方次第で、かなり長く飾っておくことができそうですよね!

 

このように、プリザーブドフラワーにはたくさんの魅力がある

ということがわかってもらえたのではないでしょうか?

 

やっぱり、なんと言っても水やりをしなくてもいいというのは、

ズボラな私にとっては、とても魅力的な特徴だなぁと思いました!!

手間があまりかからないので、毎日の水やりが大変な高齢の方にも人気みたいですよ。

 

実際に保存期間はどれくらいなの?

上記で、プリザーブドフラワーは、生花よりも長期間保存することが出来る

 

という話をしましたが、実際にどれくらいの期間保存する事が出来るのか??

ご説明させていただきます。

 

保存期間をわかっていれば、それよりも更に長持ちさせられるように、

大切に扱うことが出来ると思いますよー!

 

もともと、プリザーブドフラワーはヨーロッパで生まれたもので、

日本よりも湿気が少ない国なので、5年~10年は枯れることなく保存出来ると言われています。

日本は湿気が多い国なので、長く保存するためには工夫が必要です。

 

しかし、飾る場所や、扱い方に気を配るだけで、日本でも5年以上は長持ちさせることが出来るのです。

長いものだと、7年、8年は飾っておくことが出来たという話も聞きました!

それだけ長持ちしてくれるなら、大切にしたいなぁって思えますよね♪

 

生花だと、どんなに長持ちしても1週間~1か月くらいなので、それに比べればかなり長持ちします。

生花より少し値段が高めのプリザーブドフラワーですが、コストパフォーマンスは最高なんです!!

プレゼントにはもってこいのお花だと思いますよー!

 

長持ちさせるための注意点

では、長持ちさせるためにはどんなことに注意すればいいのか、

プリザーブドフラワーを扱う際に、注意するべきポイントをお伝えします。

 

注意点がわかっていれば、通常よりも長くプリザーブドフラワーを楽しむことが出来るからです。

 

注意すべきポイントとしては、大まかに3つあります。

それは、

・温度

・湿度

・直射日光

です。

 

この3つのポイントを、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.急激な温度変化に気を付ける

プリザーブドフラワーは、急激な温度変化に弱いんです。

特に、10℃以上の温度変化には注意が必要です。

 

例えば、日中は暖房をつけていて部屋の温度が26℃になっているのに、

夜は暖房を切ったため、0℃になってしまった。

このような状態は、プリザーブドフラワーにとってとても危険なんです。

 

急激な温度変化が起こると、変色の原因になります。

スポンサーリンク

変色を防ぐためにも、18℃~25℃くらいの適切な気温を保つことが大事です。

 

冬場や真夏の極端に気温が変わる日は、同じ場所に置き続けるよりも、

人が居る部屋にこまめに移動させるといいですね!

2.湿度を適切に保つ

湿度の変化も、プリザーブドフラワーにダメージを与えてしまいます。

50%以上の高い湿度だと、花びらに使っている着色料がにじんで、変色の原因になるのです。

 

特に、梅雨の時期は注意が必要で、玄関口は雨などで湿度が高くなるので気を付けましょう。

お風呂場や、キッチン、トイレも湿度が高くなりやすいので、オススメ出来ません。

衣料用の除湿剤や、食品用の乾燥剤などを有効活用すると、湿度を抑えることが出来ますよ!

 

湿度が高いのもダメなんですが、湿度が20%以下の乾燥した場所もダメなんですよね。

花にヒビが入ったり、縮んでしまう原因になるので注意しましょう。

湿度が低い日は、加湿器を付けたり、水が入ったコップを置いておくだけでも違います。

 

トイレに置いてあるけど、3年以上もってるという話も聞きますし、

細かく湿度を気にする必要はありませんが、置く場所を変えるなど、

梅雨の時期や、乾燥する時期だけでも注意することが長持ちさせるためには大事なんですね!

3.直射日光に当てないようにする

プリザーブドフラワーは、日の光や、スポットライトなどの強い光にも弱いんです。

リビングは南向きな事が多く、日光が当たる場所があるので、飾る際は気を付けましょう。

長持ちさせるためには、窓際は避けた方がいいと思います。

 

直射日光は、色あせやひび割れの原因になります。

なので、壁にかけたり、廊下など日の当たらない所に置くのがオススメです。

 

このように、注意しなければならないことがありますが、

置く場所に気を付けるだけで、プリザーブドフラワーを長持ちさせることができるので、

 

3つのポイントを意識して、大切に扱いましょう!

 

うちは子供がまだ小さいので、温度計と湿度計で部屋の管理をしているんですけど、

そう思うと、プリザーブドフラワーも赤ちゃんを育てているみたいで、愛着が沸いてきそうですね♪

 

劣化してきてしまった時の対処法

上記のポイントに注意して、温度や湿度、直射日光に気をつけていても、

残念ながら、永遠に劣化しないわけではないです。

ここでは、劣化してきてしまった時、少しでも症状を抑えるための対処法をご紹介します。

 

劣化してしまっても、対処する方法がわかっていれば、さらに長く保存する事が出来ますよね!

適切に対処できるように、ぜひここで対処法を覚えていってください。

1.花びらの色が透明になってきた時

湿度の影響で、花びらの色が透明になってきてしまうことがあります。

その場合は、容器などに入れて、乾燥剤と一緒に数日間置いておくといいです。

ただし、花によっては修復不可能なものもあります

2.花びらがひび割れてきてしまった時

一度花びらがひび割れてしまうと修復は不可能なんです。

しかし、ひび割れてしまったからといって、諦める必要はありません!!

 

もし、ひび割れて気になる場合は、ハサミで切ってアレンジを加えてみてください!

・横にひび割れてしまったら、花びらの形に添うようにカット

・縦にひび割れてしまったら、ハート型になるようにカット

こうすることで、自然に見えるようになりますよ!

カットする時は、他の部分を傷つけないように気を付けてくださいね。

 

また、全体的に花びらが落ちてしまった場合は、

『グルーガン』という接着工具で接着する方法もあります。

100均でも売られていて、プリザーブドフラワー以外にも使えるので便利ですよー!

3.ホコリが付いてしまった時

ケースに入っているものであれば大丈夫ですが、

そのまま飾っておくと、どうしてもホコリは溜まってきてしまうものです。

でも、手で払うのはダメですよ!!

 

そんな時は、

・ドライヤーの冷風を遠くから軽く当てて飛ばす

・毛先の柔らかい筆などで払う

という方法で、なるべく優しく扱いましょう。

 

劣化に気がついた時は、適切に対処すれば劣化のスピードを遅らせることはできます。

まずは、焦らず丁寧に、プリザーブドフラワーを扱うことが大事ですね。

 

まとめ

プリザーブドフラワーって枯れるの?特徴は?

残念ながら、いつかは枯れてしまいます

しかし、生花よりも、

・色の種類が豊富

・長い期間飾っておける

・水やりする手間がかからない

という特徴があり、とっても魅力的ですよね!

実際に保存期間はどれくらいなの?

飾る場所や、扱い方に気を付ければ、5年以上も長持ちするんです!!

 

7年、8年は飾っておけるという話も聞くので、大切にしてより長く飾っておければ、

生花より高価なものでも、コストパフォーマンスは最高だと思います。

長持ちさせるための注意点

プリザーブドフラワーを長持ちさせるためには、

・温度

・湿度

・直射日光

に気を付ける事が大事なんです。

 

置く場所を少し意識してあげるだけで、長持ちさせられるなら、

難しくないし、大切にしようって思えますよね!

劣化してきてしまった時の対処法

1.花びらの色が透明になってきた時は、乾燥剤と一緒に容器に入れておく。

2.花びらがひび割れてきてしまった時は、ハサミで切ってアレンジをする。

3.ホコリが付いてしまった時は、ドライヤーの冷風や、柔らかい筆で払う。

など、その時の状況に合わせて対処しましょう。

 

プリザーブドフラワーは、とても長く保存出来るものなので、

結婚式で使ったブーケなど、大切なお花をプリザーブドフラワーにしている人もいるんです。

仏花用のプリザーブドフラワーもあるみたいですよー!

 

小さいものならお手頃な値段で買えるものもありますし、

ホコリが気になる場合は、もともとケースに入っているものもあります!

 

調べていたら、色々可愛いものもたくさんあったので、お家で飾る用にもいいですが、

今度プレゼントする機会があったら、プリザーブドフラワーにするのもいいなぁーと思いました♪

もし、プレゼントする場合は、管理方法も教えてあげると喜ばれると思いますよ!

 

大切な人からもらったものや、思い出が詰まったものなら、少しでも長持ちさせたいですもんね?

適切に管理して、1日でも長くプリザーブドフラワーをお楽しみください!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です