忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

いつもよりプラスワンのワードで 感謝の気持ちを伝えてみよう!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです。

今日は、

いつもよりプラスワンのワードで

感謝の気持ちを伝えてみよう!

 

という話をしたいと思います。

 

いつもの「ありがとう」にプラスワンのワードを

感謝っていうと

感謝の言葉で真っ先に思いつくのは、

ありがとう

っていう言葉ではないでしょうか。

 

でも、ありがとうって本当の感謝の気持ちを伝えたくても

言葉がなかなか見つからなくて、

 

なんでも「ありがとう」って

口癖のように済ませてしまうことが多いのではないかと思います。

 

そんな時に例えば

「ありがとう」という言葉に

簡単な一言、

本当にありがとう

いつもありがとう

このように

 

「本当に」「いつも」とつけるだけで

 

ちょっと言葉に厚みが感じられると思いませんか?

 

このように、状況に合ったプラスワンのワード

もっとたくさん知っていれば

 

あなたの想いをたくさん相手に伝えることができます。

 

見えない相手にもプラスワンの言葉を添えよう

メールや手紙などで感謝を伝えるとき

見えない相手に感謝を伝えるのはすごく難しいと思います。

だけど

ただ長い文章をだらだら書いていると、

何が言いたいのかわからなくなってしまいますよね。

 

また逆に感謝の1文だけ

短い文章だけでは冷たく感じてしまう。

言葉っていうのは難しいと思います。

 

そういう時に

例えばメールだったら

お忙しいところお越しくださりありがとうございました。

大変助かりました。

このように

スポンサーリンク

 

「ありがとう」っていう言葉以外に、

感謝の言葉を伝えられるといいと思います。

 

また

手紙の場合は

お体にお気を付けてお過ごしください

など

相手の気持ちを思いやるように何か一言をプラスにしてあげると

 

すごく喜ばれるのではないかと思います!

 

目の前の相手にはプラスワンの態度を

直接感謝を伝えるとき

また相手が目の前にいるときは

緊張もしますし、友達だったらちょっと

照れくさいですよね・・・。

 

そういうときは目の前にいって

伝えられるからこそ

自分の口から伝えることが大事ですね。

 

言われたほうも感謝を面と向かって伝えられたら、

悪い気は絶対しないと思います。

 

その時に相手に対して

やっぱり表情が大事だと思います。

相手の目を見て言うこと。

目を見て言うありがとうと

目を合わせないで言うありがとう

とは、捉え方が全然違うと思います。

 

なのでなるべく目を合わせて

笑顔でありがとうとか

さっきは手伝ってくれてありがとう

とか

 

プラスで笑顔やお辞儀をすると、

さらに感謝の言葉が伝わると思います。

 

まとめ

今回は、「ありがとう」という感謝の言葉を伝えるときに

感謝の気持ちを伝えるのはすごく難しい

っていう話をしてみました。

 

いつもよりプラスワンの言葉をなにか付け足すこと

「相手にもっと厚みのある言葉を伝えられるのではないかな」

というふうに感じました。

 

皆さんもよかったらぜひ使ってみてください。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.