忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

ライティングで月15万の収益を得られたことの話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは、たえです!

 

今日は

『ライティングで月15万の収益を得られたこと』

のお話をしたいと思います。

 

ライティングで15万!?

私はライターを専業として

行っていた時期があるのですが、

その時に月に15万稼いだことがあります。

 

本当はもっともっと稼いでいる方が

いらっしゃるので

本当に大したことではないのですが、

 

最初は月に1万程度だったのが、

10万→15万円と稼ぐことが出来た

という話をさせていただきたいと思います。

 

実際に行っていた案件内容

実際にこの時は社を掛け持ちしていました。

A社;800文字日3記事

B社;3000字で2記事

この2つを書いていました。

 

それで

「先を見据えていくらになるか?」

「毎日これをコンスタントに続ければまあ15万は行くな。」

という

収益だけを考えていた時のお話です。

 

A社は、1日3記事書かせてもらえること

B社は日に2記事で制限がなくたくさん書いても良いという

 

たまたま、いい案件に恵まれたので、

書くことができたのだと思います。

 

他のライティングのところだと、

日1記事だったり、自分が書きたいと思っても

書かせてもらうこともできないことがあります。

 

クライアントさんの都合ももちろんあります。

 

A社とB社の案件は、

量産的な記事を欲しがっていたところだったので、

スキルなんか全く関係ありませんでした。

 

生活の中でのライティング

1日に

800文字3記事

3000文字を2記事

というのを休みなく1ヶ月続けました。

 

これは、私ちょっと自分では言うのもなんですが

続けられたことがすごいと思っています。

 

ですが、

「記事を書くまでは寝ない」と決めていたので、

朝も早くパソコンに向かって、

昼もほどほどにご飯も食べなかったこともありました。

 

子どもがいるのでご飯作ったり、主婦の仕事はもちろんします。

 

「記事作成が終わるまでは寝ない!」

という生活を続けて15万という感じですので、

 

「あ~、これちょっと来月もやるんだとしたら厳しいな…」

 

というのは覚えてます。

 

ライターを行う上でのデメリット

「次の月もそのお仕事ができたのか?」というと

ライターのデメリットとして案件って続くとは限らないんですよね。

長いスパンでは続かないことが多いと思います。

いい案件がずっと続けばいいのですが、

クライアントさんの都合もあるので

「何記事で終了です」ということの方が多いと思います。

 

でもA社もB社も量産的な記事だったので、誤字脱字があっても

フィードバック(添削をしてもらえるという事)がなかったのです。

 

アップされた記事を見ても

字が間違ってるのに平気で出してたりなど

自分でも心の満足が全然いかなかったんですね。

 

スキルアップにも何にもなっていないですし、

・ただ量産的な記事を書く

スポンサーリンク

・パソコンを打ってるだけ

という気持ちがして、

「これはスキルアップになってないな…」

と感じたんです。

 

スキルアップしていくには

収益だけ考えると、自分がもっとスキルアップをして

「単価の高いライターをやればもっと効率的に稼げる」

と思いました。

 

調べていくと、

 『SEOライティングができないと大体単価の高いものはできない』

言われてます。

 

実際にSEO ライティングの案件に挑戦するのですが、

正しいライティングを学んでなかったので

大体テストライティングで落ちるということが続きました…。

 

そうなると

案件も取れないですし

もちろん継続もできませんでした。

いろんなライター仲間に聞くと

 クライアントさんはグーグルで検索1位になる記事を求めているので、

 

「SEOライティングがしっかりできるライターさん」

というのは

・ずっと継続ができる

・クライアントさんの方から単価がアップがある

ということがあるそうです。

 

私は全然SEOライティングのことを学んでいなかったので

「取れなくて当たり前だ…」と思いました。

 

それで本当にしっかりしたライティング方法をを学びました。

 

学ぶ前まではSEOライティング

という言葉が入っている応募は避けていたのですが、

 

きちんとしたライティングを学んでからは採用されるようになりました。

 

「本当に正しいライティング方法というのを学んでおくことは大事なんだな!」

と思います。

 

また私は、今まで

好きな分野や自分の知識がある分野などの

応募やライティングしか行ってこなかったんですね。

 

正しいライティングを学ぶと

「全然知らないキーワードでも書ける!」

ということが分かり、

それからライティングが楽しくなりました!

 

それまでは「義務的に稼がなければいけない」という

時間単価と

目の前の収益だけにしかとらわれなくて

自分で勉強しようとも思わず

「ただ記事が書ければいい」みたいに思っていたと思います。

 

そうするとライターとしては長く続かなくて、

「きちんとしたライティングスキルを学ばないと、良い案件には出会えない

と学んだんです。

 

もし常にライターの案件を探していて、

応募して受からなくてという悪循環を繰り返している方がいらっしゃれば、

 

本当に正しいライティング方法を身につけるだけで全然違いますし、

 

記事を書く速度も速くなります。

 

まとめ

ライティングは、センスや語学力がなくても、

マニュアルに沿って自分がその通りに書いていけば、

「しっかりとした記事が書ける」ことを学びました。

 

そうするとグーグルの検索上位に行く記事が書けるので

クライアントさんの望む記事が書けるということなんですね。

 

「しっかりしたライティング方法を学んでおくべき!」

とその時にすごく思いました。

 

今回はライティングで15万の収益を得られたことについて

お話をさせていただきました。

 

でも結局大切なのは、

「正しいライティング方法を学ぶこと」なんですね。

どうもありがとうございました。

🌟関連記事はこちら🌟

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.