忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

産後に手伝いを頼んでよかったこと

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さん、おはようごさいます。たえです。

今回は

産後に手伝いを頼んでよかったこと

 

というお話をしたいと思います。

 

我が子を可愛いと思えなくなった産後

これは長男の時の話なので、20年前になります。

私が長男を出産した時っていうのは、

主人の母はもう亡くなっていて

うちの私の母も亡くなっていて

頼る人っていったら、

私の父親ぐらいしかいなかったんです。

 

 

主人は不規則な仕事をしていたので

ほとんど子育てに関しては、

頼ることはできませんでした。

 

なので実質、

産後一人だったようなものでした。

長男の夜泣きも本当ひどいし、

昼間もやっぱり抱っこしてないと泣くし

っていうのが続きました。

 

一番はやっぱ夜泣きがひどくて、

みんなどこのお母さんもそうだと思うんですけど

自分が睡眠を全然とれませんでした。

 

それでだんだんだんだん子供のことを

正直ちょっと可愛いとか思えなくなってしまって、

 

ちょっとノイローゼっぽくなったような気がします。

 

でも、助けを求めるってことができませんでした。

 

家政婦さんを頼んでみて変わったこと

でもそこで父が気づいてくれて

「お金は心配しなくていいから」って

ちょっと古い言い方なんですけど、

 

家政婦さんを頼んでくれたんです。

 

それで、家政婦さんが、

平日来てくださるようになりました。

 

「何がしたい?」ってその家政婦さんに言われたので、

とりあえず、

「寝かせてほしいです!」

「私自身が寝たいです!」

って言って部屋を別にして

 

家政婦さんに長男を見てもらって私は、ずっと寝ました。

 

その生活を本当に続けていたら、

スポンサーリンク

だんだんだんだん気持ちもこう上に上がってきて

 

本当に子供が可愛いと思えるようになりました。

 

ほんとあのどん底のような気持ちから、上がってくることができたんです。

 

頼ることの大切さを実感

その家政婦さんが特に熱心っていうわけでもなかったんですけど

もう私の手から子どもを預けられるっていうだけで

 

すごく気持ちが軽くなりました。

 

子どもが泣いても、

「あぁ今は家政婦さん来てくれてるから任せていいんだ」

「あぁ頼ることというのはすごく大事なんだなー」

と思いました。

 

その時に父が気づいてくれなかったら私はどうなってたのかなぁ

 

って思います。

 

産後ケアサービスを利用しよう

確かもう次男の時には、

市の方で産後何日間か色々サービスをしに来てくださるシステム

がありました。

 

長男の時は全く産後ケアサービスがなかったので、

ホントにこういう産後って

私も頼り方っていうのがわからなくて、困った思いがあります。

 

だけど今は

ベビーシッターだったり

私のやってた家事代行の中でも、産後のケアというプラン

もあります。

 

サービスを利用して頼っていくこと

 

って大事なんだなーと自分が体験して思いました。

 

まとめ

一人で悩みを抱えていると、

もうわけがわからなくなって

だんだんだんだん気持ちばっかり落ち込んでいってしまうので

 

本当に産後に頼ることは大事

 

だと思いました。

 

今回は、

産後に手伝いを頼んでよかったこと

っていう話をさせていただきました。

 

ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.