忙しい世の中。ちょこっと休んで自分らしく生きたいですね

サザエさん症候群は本当だった!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!たえです。

 

今日は、サザエさん症候群は本当だったっていう話をしたいと思います。

 

サザエさん症候群って?

みなさんは、サザエさん症候群って知っていますか?

 

ウキペディアにも載っているくらい有名で、

サザエさん症候群とは、明日から通学や通勤をしなければならないという現実に直面することで、

日曜日の夕方から深夜にかけて、

憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状のことです。

 

サザエさんの時間である日曜日の18時半ぐらいになると、

こういう症状になる体験をしていたので、

今日はそれについてお話ししたいと思います。

 

保育士、憂鬱な日曜日の夜

といっても、すごく昔の話になってしまうんですけど、私が保育士だったってことは、

ちょっと前にもお話ししたと思います。

 

保育士時代は、土曜出勤もあるんですけれども、基本的には土日休みのところでした。

 

そうすると、まさに日曜日のサザエさんが始まる頃になると、

私は本当に気持ちがどよーんとしてしまって笑えなくなってました。

 

でもこの頃はまだ家族と住んでいたので、チャンネルを勝手に変えるわけにもいかず、

なんか無理をしていたような気がします。

 

逆に、私が元気になれるのは金曜の夜で

土曜日が仕事っていうこともあったんですが、

土日休みだったら金曜の夜がもうすっごく楽しくて、

土曜日、日曜日が過ぎていくにつれて、

どんどんどんどん口数が減り笑顔も減っていくという日々を過ごしていました。

 

この時、すでにサザエさん症候群が本当にあると知って、

世の中にも同じような体験をしている人がいっぱいいるんだなあっていう風に感じました。

 

保育士の仕事がそんなに嫌だったわけではなく、楽しかったはずだったんですが、

ちょっとどっかで無理を感じていたのかもしれないです。

 

体力的にも精神的にも

大変な仕事だなあっていうのはどこかで感じていました。

 

また、女性ばっかり十何人ぐらい先生がいて、女性ばっかりの世界だったので、

色々な問題もありました。

 

園長先生とうまくやれるかにかかってるんですが、

スポンサーリンク

私は園長先生がやることに対して不満が大きかったので、衝突することもあって、

その辺がもしかしたらストレスになっていたのかもしれないです。

 

でも「石の上にも三年」っていうように、

保育士になるために親から短大の費用を出してもらったっていうこともあって

止められなかったんです。

 

今はどうか分からないんですけど、私が保育士だった20年前位って、

どの仕事においても日本人は絶対「石の上にも三年」の風潮があって、

新人でも「3年は我慢しろ!」っていことを言われてた時代でした。

なので、3年は我慢しようって本当に思っていました。

 

サザエさんみたいに、ほっこりするあんな楽しい番組を喜んで見られなかったのは、

本当に残念だなあって思います。

 

仕事を楽しめるひとになりたい

確かに人によって、それぞれ休みとかって違うと思います。

けれども、

仕事の前にどよーんとしたり、

やる気なくなってたり、

もっとひどい時だと体調不良になってしまったり、

日本では多分いっぱい起こっていると思います。

 

なので、仕事が楽しくてやってる人ってどれくらいいるのかなあと思ってしまいます。

 

今まで、仕事っていうのはお金をもらうために

どんなにきつくてもやらなきゃいけないという考えでいたので、

世の中に仕事が楽しくてやっている人というのはいないと思っていました。

 

ですが、今ネットビジネスを学んでいる指導者との出会ってからは、

指導者が「仕事も実生活も楽しくて楽しくて仕方ない」っておっしゃるので、

今は、その影響をも受けようと頑張っているところです。

 

まとめ

仕事の楽しみ方というか、

その指導者の方は仕事を楽しんじゃうという思考にかえてやってます。

 

なので、すごくいつもイキイキとして元気な感じです。

 

家族にも、

育児どころか、

食事や洗濯もやってしまうぐらい

すごい人なんですが、

そういうふうに「仕事楽しい!」って言えるようになりたいなって思いました。

 

今日はサザエさん症候群から仕事について、お話をしてみました。

以上です。ありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
こんにちは。たえと申します。 外での様々な仕事を経験してきましたが「家でできる仕事をして、子どもが病気になっても遠慮なく看病ができるようにしたい」ということと、自分が「パニック障害」を経験しているため、自分の体調に合わせて家でできる仕事をするようになりました。 そして、2018年にブログを開設して6桁の収益を得て、2019年11月にwebライターに転身して、7桁の収益を得ることができました。 現在は、ライターの経験を生かして情報発信をし、本格的にネットビジネスで仕組みを構築中です。 身近な人を早く亡くした経験から、「終活」の大切さに気が付き、「終活カウンセラー」の資格も取得しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても「在宅で仕事ができる」ということ、金銭的な面だけではなく、生きていくためには「心の充足感」が必要なことを大切にしています。 「人生を変えるには自分が変わらないと始まらない」「人生を変えることには、歳は関係ない」と様々なことにチャレンジしています。 失敗をたくさんしながらも、機械音痴で何も取り柄のない私がここまでになれたことを発信しています。 シングルマザーでも、心の病気があっても、取り柄がなくても、歳をとったと思っても、挑戦すればあなたも変われますよ!自信をもってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© シングルマザーのちょこっと深呼吸 , 2020 All Rights Reserved.